志望校登録票を書く:進学先の選び方

前回からの続き・・・?
持ち帰ってきた「志望校登録票」。
5年生の秋に一度登録していたが、あの時は塾で子供たちが(勝手に)書いた・・・と記憶している。そのためか、5年生の時の塾内模試の志望校別順位も、面接では「まあ、5年生での登録ですから・・・」と言われた。要するに、まだ適当ってこと・・・?

さて、今回は、いよいよ6年生の志望校登録だ!!。
昨日、母が郁に張り切って言った。
「志望校登録を考えないといけないね。」
すると、郁曰く、
「もう、書いちゃったから大丈夫 

・・・?!!
母のいない昼間に、ちゃっかり書き終えていた郁であった。
第一志望校は、5年生の時と同じ学校で、塾で仲良しのお友達と一緒の学校だ。
まあ、学校数そのものが多くないので、それほど考える余地はないのが現状なのだが、それにしても、書く前に一言相談してほしかった母である。

ちなみに塾の資料によると、進学先の選び方は次のように書いてあった。
----------------------
◆学校の種類を決める
 ①共学校か、男子校・女子校か
 ②私立か、国立・公立か
 ③中高一貫校か、高校受験の必要な学校か

◆学校のタイプ別で選択する
 ①学校の特徴の検討
 ②理念が形となって具現化されているかを確認
 ③校風を肌で感じる

◆子どものタイプで選択する
 ①校風が子どもに与える影響
 ②子どもと学校の相性
------------------------
確かに、子どもと学校との相性は重要だと思う。6年間は長いので・・・。そのためにも、パンフレットだけではその雰囲気は伝わらないから、やはりオープンスクールなどに行ってその校風を肌で感じることも重要だ。我が家も、昨秋、オープンスクールに参加してから第一志望校を決めた。ただ、「進学先の選び方」には出ていないが、やはり「偏差値」や「卒業後の大学進学状況」も気になるのが母の本音




にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村


中学校受験 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ