今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

「天秤図」の利用

6年生になって、算数も国語も塾オリジナルのテキストになった。郁は、このテキストで、初めて「天秤図」を利用した解法を学んだ。この「天秤図」、郁のツボにはまったようだ・・・。
5年生の時には苦労していた「濃度算」も、「平均算」も、この天秤図を書いて、楽しそうに解いているし、正解率はUPしている。ただ、あまりにも機械的にやっているように見えるため、これでいいのかなあ・・・と、ちょっと不安に思う母である。

--------------------

「天秤図」の良さは、その計算の早さ、簡単さにあるらしい。入試は、試験時間という時間制限があるので、基本的な解法を身体にたたき込んでおく必要があるのだろう(中学受験特有の特殊算など)。ただ、「濃度」や「平均」の基本的な考え方を忘れてしまうと、あとで痛い目に遭うことも・・・。
一応、テキストでは、平均算も濃度算も単元の最初にはこれまでの復習として、基本的な考え方と解き方が説明されている。ここをしっかり押さえた上で、「天秤図」を利用してほしい。





にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2012/03/14 】 学習 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する