今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

志望校追加?! 

昨年、初めて中学校のオープンスクールに参加した。この地域から中学受験する女子にとっては一つの目標となる中高一貫校だ。同じ小学校にも、同じ塾にもこの学校を第一志望にしているお友だちがいる。
その日の印象は、とてもよかった。ただ、母としては、これまでどちらかというと男の子と学びあってきた(学校でも、塾でも)郁なので、「女子校」という点は大丈夫だろうか・・・と心配だった。しかし、郁は、模擬授業に参加し、在学生と交流して予想以上に楽しかったらしい。そして「来年(今年)は文化祭にも必ず行く!」と張り切って帰ってきた。それが郁の現在の「志望校」だ。

それから、はや数か月
口では「○○ちゃんと一緒に行けるように頑張る」と言ってはいるものの、郁の「受験スイッチ」がしっかり入ったかと言えば、少々怪しい。何かが引っ掛かっている・・・。


そんな時、浮上した「国立大付属校」の話。同じ塾の教室の6年生が合格したらしい(ただし、彼は私立の中高一貫校へ行くという)。この地域からでも受験(通学)可能だったのだ?! 付属校は男女共学だ。しかし、高校に入学枠はあるものの中高一貫校ではないので、カリキュラムの前倒しはないだろう。もちろん付属校は、私立ほど面倒見はよくない。教育実習や研究授業などで授業時間がとられる・・・。結局、勉強は自分でやるのが基本だ。それでも、やる気さえあれば学びあえる環境は十分ある。たぶん、郁にとってはそれが最大のメリットだろう(今と同じように・・・。実は、郁は現在付属校にいる。ただし、郁の付属校は中学までで高校がない。だから中高一貫校を目指す人たちは外部の中学受験をする)。とはいえ、この付属校、偏差値的にも郁の現在の志望校より上、おまけに倍率は尋常ではないのだ。父曰く、「普通の高校生がいきなり『東大』を目指すようなもの」。
ただ、郁の「受験スイッチ」をONにすることができると、まだまだ伸びしろはあると「親ばか」母は信じている。

次の塾内模試では、とりあえず「志望校」を追加することになりそうだ。







にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2012/02/20 】 学習 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する