FC2ブログ

一口に「GPA」と言っても・・・

9月になり、前期(春学期・夏学期)の成績も出てる大学が多いと思います。
大学の成績は、母時代は優(80以上)、良(70~79)、可(60~69)、不可(60未満)でしたが、いつの間にか90以上が「秀」として独立して5段階となりました。そして、今の大学の成績評価の主流は「GPA」です。

文科省HPによると、GPA制度とは以下のようなものです。
--------------------------------
GPA(grade point average)は、アメリカで行われている学生の成績評価方法の一種です。その一般的な取扱いの例とされているものは、以下のとおりです。
①学生の評価方法として、授業科目ごとの成績評価を5段階(A、B、C、D、E)で評価し、それぞれに対して4、3、2、1、0のグレードポイントを付与し、この単位当たり平均(GPA、グレード・ポイント・アベレージ)を出す。
②単位修得はDでも可能であるが、卒業のためには通算のGPAが2.0以上であることが必要とされる。
③3セメスター(1年半)連続してGPAが2.0未満の学生に対しては、退学勧告がなされる。(ただし、これは突然勧告がなされるわけではなく、学部長等から学習指導・生活指導等を行い、それでも学力不振が続いた場合に退学勧告となる。) 

なお、このような取扱いは、1セメスター(半年)に最低12単位、最高18単位の標準的な履修を課した上で成績評価して行われるのが一般的となっています。
---------------------------------
出典:http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/daigaku/04052801/003.htm

確認してみると、郁大学のGPA制度はこの説明に準じたものです。
gpa

そして、郁大学では、GPA2.0を卒業の目安とされています。つまり、単位は取れていても、すべてがD(60~69)では、卒業はできないということです。
学内では、留学の選考基準に使われたり、ゼミ選択の時の基準として使われるようです。
郁は、院試や就職にも影響があるといっていますが・・。

このGPA制度、実は大学によりGPの算出方法が異なっているのです。最近、他大学のHPを見てそのことに気づきました。
調べてみると、文科省が平成30年3月に「「国内大学のGPAの算定及び活用に係る実態の把握に関する調査研究」の報告を出していました(出典:http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/itaku/1410961.htm)
これによると、本当にいろいろな算出方法があります。
一口に「GPA」と言っても、大学の枠を超えると単純には比較できないなあと感じました。
就職試験や院試では、どう使われているのか・・・、気になる母です。

その調査報告書によると・・・

この調査(平成29年度)に回答した大学のうち、国立大学(回答率100%) 82校中すべての大学がGPA制度を導入していました。公立大学(73/85:回答率85.9%)では、79.5%、私立大学(469/590:90.9%)では、79.0%がGPA制度を導入していました。
しかし、その算出方法はいろいろ。聞き取り調査がされていた国立大学だけを見ても・・・

【北海道大学】
成績グレードは海外の大学と同じA、B、C、D、Fの5段階ですが、より素点が反映するように、レターグレードは11段階に分かれています。例えば、95~100は、A+(4.3)、90~94はA(4.0)、85~89はA-(3.7)となっています。
60~64はC(2.0)で、59以下でもGPがあります。50~59はD(1.0)、0~49はD-(0.7)。
60以下でも、単位認定されるの??? それとも、GPと単位認定は別物?

【筑波大学】
90以上はA+でGP4.3、80~89はAでGP4.0、70~79はBでGP3.0、60~69はCでGP2.0、60未満はDでGP0.0。
これだと、すべて60点台でもGPAは2.0を維持できます。

【お茶の水女子大】【岡山大学】
100点満点、60未満不合格としたfunctional GPAを用いています。
GP= 評価素点 - 55 / 10(ただし、GP<0.5 のとき、GP=0.0)で グレード・ポイントに変換してGPAを算定しています。
一般に用いられているGPA指標は、原成績の細かな差異が丸められて消え てしまう。そうした不都合が起きないよう、原成績を線形に変換して直接グレードポイントを算定す る方法がfunctional GPAです。

郁大学も、国立大学なのですが、上記の方法とは異なります。
郁大学には規定としてはありませんが、大学によっては、Aの割合の上限が定められているところもあります。

こうしてみていくと、学内だけならGPAを同じ基準で評価に使えますが、大学間では市の基準が異なる可能性があるので、単純に比較はできませんね。就職のときとか、どう扱われているのか・・・。
もちろんGPA制度の違いだけでなく、大学そのものの格差もありますけど。


スポンサーサイト



コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2019/09/14 (Sat) 23:19 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する