FC2ブログ

受験に使ったものを整理しました

このGW中に、郁の大学受験関係のものを整理しました。 
本来、母がやることではありませんが、郁に任せておくといつのなるかわからないので、母がリードさせていただきました。もちろん、郁確認の上でですけど。 
受験生時代、郁は受験勉強をほとんど家ではやらず、郁高や予備校の自習室か図書館でやっていました。ただ、家でやるときには、LDKのダイニングテーブルでやっていたので、LDKには受験参考書等がいっぱい残っていました。すでに、後輩に譲ったものもありますが、それでもまだまだあります。こういうものは、 すっと残していても、最後はごみになるので、使ってもらえるものは有効に使ってほしい。特に、「大学入試センター試験」は、今年度が最後。処分するなら早いほうが良いですから・・・。

というわけで、2日間かけて整理して、最終的に段ボール箱3箱(100冊弱)になりました。
まとめてみると、ホントよく買ったなあ・・・というのが、正直な母の感想。ほとんど使っていないものもありますが、しっかりり使っているものはしっかり使っていました。受験勉強をほとんど家でやっていなかったので、その時には具体的に見えていなかったのですが、ホントによく頑張っていたんだなあ・・・と実感した母でした。

最終的に、段ボールは、着払いで学習参考書専門の買い取り業者に送りました。



受験参考書等を整理していく中で、どうしても処分できないものもあります。
実は郁は、国立前期日程で第一志望校に合格できませんでした。高1に時からずっと目指してきたその大学の青本。センター試験が終わってから、ずっとやりこんできていました。最終的に、いい結果にならなかったのですが、その大学を目指して頑張ってきたことは、郁にとっての受験勉強を頑張った証なのです。「その頑張りの延長線上に、今の自分はいる。」と。
今は、国立後期日程で合格した大学で、気持ちを切り替えて頑張っている郁ですが、実は、郁の中で、真に大学受験が終わるのにはもう少し時間が必要なのかもしれません。

ものを整理するということは、気持ちも一緒に整理するということなのだとあらためて実感した母です。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する