FC2ブログ

3週目の大学生

ときどき、思い立ったように郁からラインが届きます。
今朝の郁からのラインは・・・

        ライン20190423

最近は、朝食も大学生協で摂ることが増えてきたような郁です。
一番早く開くカフェテリアで、おにぎりセットを注文するのが日課。昼食時と違い、さすがに朝は空いていて、各々が、本を読んだり、レポートを書いたりしながら、朝食をとっているようです。郁のような常連さんも多いらしい。高校まで、きちんと摂っていた朝ごはん。その習慣は、一人暮らしになっても続いていきます。

ちなみに、1限目は8:40~、図書館は9:00~。「図書館が開くのを待っている」ということは、今日は1限目はなかったってことなのかな? 授業ではレポート課題が多いといっていた郁。まじめな大学生は、ちゃんと自学自習しているようです。

大学は、「正解のない」学びの場。
高校でも、正解のない授業はありましたが、1年近く受験勉強にどっぷりつかっていた身としては、大学での学びが楽しすぎるようです。前期は、必修科目が少なく、自由に選択できるのもうれしいところ。授業では、いろいろな参考図書が紹介されているようで、それを入手すべく図書館に足しげく通っている郁です。膨大な本に囲まれて過ごす時間は至福の時間?

社会系学部にいる郁。ある授業で「新聞」をとることを勧められ、新聞購読の学割があることを教えてもらったそうです。そして、さっそく手続き・・・。というわけで、郁のアパートには、「新聞」が配達されています(もちろん「紙」です)。新聞は、ネットでも購読できる時代なのですが・・・、やはり、「紙」が落ち着くようです。

そういえば、電子辞書は持っているのですが、やはり「紙」の辞書(英和・」和英)もあったほうが良いということで、先日、家にあるものを送りました。元々、高校でも、最初は「紙」の辞書を使っていたのですが、受験期になり、効率を重視して電子辞書を使うようになっていました。でも、大学での学びは、直線的、効率的であることより、大切なものがたくさんあります。紙の辞書をめくりながら、思考を巡らせ、英語でレポートを書く・・・。この時期だからできることのような気がします。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する