FC2ブログ

大学生協のアンケートを書いて実感したこと

先日、大学生協から「新入生アンケート」が届きました。
アンケートの主旨は次年度に入学する人たちに役立つデータを提供するためのとこ。そういえば、受験や入学に必要な費用などのデータが、新聞や雑誌などで取り上げられる時には、「大学生協調べ」と書いてあるものが多かったような気がします。「へえ、そうなんだ・・・」という程度でみていたのですが、こうやって、全国の新入生の保護者から情報を得ていたのですね。アンケートをみると、国公私立を問わず「大学生協」のあるすべての大学の新入生が対象になっているみたいです。標本調査ではなく、悉皆調査なのでしょうか。

このアンケート、10ページもあって、文字も設問が結構細かく、面倒くさそうな代物のようです。回収率ってどれくらいなのかなあ・・・と思いつつ、これから最低4年はお世話になる「大学生協」なので、アンケートに協力することにしました。

このアンケートの後半に「入学までにかかった費用」という項目がありました。
「できるだけ詳細にご記入ください」ということで、千円単位で答えることを求められています。母は、「家計簿」をちゃんと付けていないのですが、それでも、さすがに受験から入学までの経費については、各種領収書、レシートなどちゃんととっています。というわけで、電卓片手に項目ごとに計算してみました(概算ですけど)。

・・・
あらためて計算してみると、地方から大学に行くと、国立大でも結構掛かることを、あらためて実感。都会の場合、地方の国立大に行くより、自宅から通学できる私立大学の方が安く行ける・・・と言われているのを聞いたことがありますが、正にそうなのだとろうなあと感じました。アパート・マンションを借りたり、電化製品、家具等をそろえるための費用が一番かかったかも。もちろん、これから維持費も生活費も必要です・・・。しかし、わが家の場合、たとえ地元の国立大でも自宅からは通えない環境なので、これらは想定内の費用。
それでも、やはり国立大でよかったっと思う母なのでした。

さて、次は留学費用だなあ・・・。


読んでいただいてありがとうございました
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する