FC2ブログ

GPAのこと

大学の授業開始から1週間。

郁大学は1年次は基礎教養科目中心で、選択科目が多いのが特徴。それぞれの授業群から、シラバスと先輩たちからの情報を元に、ほぼ選択科目を決めたようです。どんな基準で、授業を選択するのか・・・。関心や興味とともに、重要となるが単位、成績の取りやすさ。
在学中の留学を考えている郁。そこで重要となるのが、GPAです。このことは、先輩からも言われたようです。
郁大学の留学選抜条件を見ると、多くはGPA>3.00となっています。

GPA=Grade Point Average
簡単にいうと、1単位当たりの平均評価です。高校でいう、平均評定みたいなもの。元々は、アメリカの大学で使用されていたものですが、今は日本の大学でも一般的に使用されています。GPAは、履修した科目の成績を、下のようなポイントに換算して計算します。

90~100点=4.00ポイント・・・秀、あるいはAA、またはS
80~89点=3.00ポイント・・・優、あるいはA
70~79点=2.00ポイント・・・良、あるいはB
60~69点=1.00ポイント・・・可、あるいはC
59点以下=0.00ポイント・・・不可、あるいはDまたはF

つまり、GPA>3.00とは、履修した科目の成績評価の平均点が80点以上(優あるいはA)ということです。平均ということは、もし70点台ものもが一つあれば、90点以上のものが最低一つは必要ということに。実際には、1単位当たりなので、そう単純ではないのですが(計算上は単位数の多い科目の成績がいい方がGPAは上がることになるのですが、大学の1科目の単位数は多くても2単位ぐらいにしかなりません)。それでも、平均80点をクリアするのは、それなりに努力が必要なのでは・・・。

大学には、学習指導要領はないので、教える内容も評価基準も担当する教員次第。とするならば、単位が出やすくなおかつ成績評価の甘い先生の科目をとった方がGPAは上がりやすい。そして、一般的には、専門課程よりも基礎教養科目の方が評価が甘い傾向が・・・。郁も、先輩からGPAを稼ぐのは基礎教養科目と言われていました。そんな助言に基づいて、シラバスとにらめっこ。

とはいえ、GPAを上げるためだけに授業は選択できない。
郁曰く、「先輩からは、成績は出にくいと言われたけど、シラバス読むと、絶対こっちの授業の方が面白そう!! やっぱりこっちにする!!」

郁大学は総合大学。1年次は全学部の学生が同じキャンパスで基礎教養科目群を中心に履修します。そのため、同じ科目名でも、担当教員の異なるものが複数開講されています。あるいは、春学期と夏学期に同じ講義が開講されていたり・・・。それでも、人気科目は、抽選になるものもあるとか・・・。
今はまだ仮の履修登録期間。いろいろ履修してみて、最終的に履修登録を確定します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する