危機感・・・(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

昨日は、予備校の「数学ⅡB」の初日で、帰宅は22:00。いつもは帰宅後、デザート食べて、一休み・・・なのですが、昨日の第一声は、「これから宿題するぅ!」でした。
いったい何が・・・?!

郁曰く、「あのクラス、メンバーがやばい!!!」
数学の上位クラス、蓋を開けてみればそのメンバーは「バリバリの理系」だったそうです。半数は郁高の同級生。元々医系・理系に強い予備校として地元では知られているだけあって、周りは医学科志望がいっぱい。そもそも、授業はみんながわかっていることを前提に説明されている感じで。おまけに、教室の雰囲気がこれまでのふんわりゆったりクラスとはちょっと違う・・・。
文系バリバリの郁としては・・・(゚△゚;ノ)ノ  やっとこの予備校の本領を知ったというところですね。

郁が必死でついていった第1回目の授業。担当の先生曰く、
「まあ、ここまでは前置きで、ここからが本番♡。あれぇ、時間なくなくなったから、これは宿題。」
ということで、いきなり宿題がぁ・・・((((;゚Д゚)))))))。

そんなわけで、帰宅後、ベクトルの作図に悩みまくっている郁です。
初回で、「危機感」全開!!!
絶対、やば~いぃぃぃ・・・

実は、予備校の数学ⅠBはレベル別に3クラスあって、次のクラスは郁高の文系選択者が結構いるのです。そして、そのクラスの担当はこれまで高1で担当していただいていたA先生。テストでクラス落ちする前に自分から降りるという手もありですが、今、そこはしたくない! そもそも担任だったA先生のクラス判定で、上位クラスに入ったのですから・・・(予備校にも担任制がある)。
もちろん、今後の状況によっては検討の余地ありですけど。

昨夜、作図まで何とか終えて、郁曰く、
「明日、帰りに予備校によって、作図が正しいかA先生に聞いてくる。」
予備校で、今、一番信頼できる(郁と合っている)のはやはりA先生。まあ、時間があれば、どの先生に質問依頼してもOKというアットホームさがこの予備校のいいところです。

そして、今朝は「そのまま、自習室に残るかもしれないから帰宅時間は未定。でも夕飯はうちで食べる。」といって、早くから部活に出かけて行った郁です。そして、その手には、小説ではなく「シス単」が・・・。

学校でも高2になって初めての進路指導があったようです。
そして、学校の「数学Ⅱ」の担当教員が判明。なんと、中学で2年間担任としてもお世話になり、そしてI先生にしっかり申し送りをしてくださったあの「H先生」が再び~w(゚o゚)w
さあ、今年の「数学」は踏ん張りどころです!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

刺激し合える仲間

おおおお~
危機感ってそういうことね~(;^ω^)。
郁ちゃんに刺激・刺激の春の嵐ですね~。
きっと、郁ちゃん高校の同級生さんの存在が大ですよね。
他校の生徒さんだったら、もう少し違っていたような....
でも、自分で感じた”危機感”が、動き出す原動力になってる。
素敵!自分で考えて行動するって、ものすごくプラスに働くよね。
学校側の『引継ぎ・申し送り』も素敵ですね(0'v'0)♪
感動の?!再会もあり....二年次の数学 飛躍の年になるといいですね。
 
まあ、我が家も必死にもがく日々ですがね(-_-;)
ほどよい刺激 降ってこい~~(爆)➡他力本願????

Re: こはる さま ♪♪

コメントありがとうございます(*^。^*)

お返事遅くなり、申し訳ありません。
あれから時間が経ってしまって、いろいろ状況が変わってますぅ・・・^_^;
「原動力」も一時的だったようで。
先を見通して計画的に「自分で考えて行動する」には程遠い現状でした・・・。

ただ、もう親がいろいろ言う時期は終わったので、本人に任せるしかないのでしょうね。
親として、求められれば支援は惜しみませんが・・・。
どうなるのか、まだまだ先行き不明の郁なのでした・・・(T_T)。




応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ