11 2017

「補習」のお誘い


期末考査真っ最中の郁。
今回は学年末ということもあり、筆記試験だけで12科目あります。さすが高校生、半端ない科目数です・・・(;゜0゜) 部活がなくなってからの1週間」で何ができる・・・って感じですね。おまけに、みんなが家庭学習日だった中学校の卒業式も演奏のために登校。今回は、自習室フル活用で、家より集中できるといっていますが、絶対的な時間不足は否めない。すでに副教科は最初から捨ててますが、さてさてどうなる?

考査初日の試験終了後のこと。
友だちと帰ろうと思っていたところに、後ろから数学Ⅰ担当のI先生の声が・・・。
「おーい、○○(郁の名字)、これから暇か?」
「わあ、先生、もしかして昼食のお誘いですか?」と返した郁に、次の一言が・・・。
「数学の補習の席が空いているから来ないか? 」

げ?! 「昼食」ではなく、「補習」のお誘いでした・・・。

その日、2月の校内実力テストで、点数の悪かった生徒のための指名補習があったのだそうです(希望者の受講も可)。いつもは、60点未満の生徒が呼ばれるのですが、今回は全体的に平均点が低く、指名ラインが下がったようで郁は免れていました(母は今回初めて知った)。そこに、暖か~い先生の救いの手が・・・。わざわざお席まで準備していただいて、断る理由はありません・・・。ち~ん
「ぼっちで帰るのはいや」という郁のために、補習とは全く縁のない優秀なお友だち△ちゃんも一緒に参加してくれることになりました。

教室では、ありがたいことに一番前に指定席が準備されていました・・・。郁とそのお友だちが席に着いたとき、教室内ではざわめきが・・・。それはそうです。京大理学部を狙う優等生の△ちゃんなのですから。
その様子に補習担当のT先生が一言、「この2人は希望補習者だからな。」
それに対して、生徒から一声「うそだ~。○○は補習者だろう!!(△ちゃんについてはみんな納得)」
そこで郁のとどめの一言、「違うよ! ちゃんと53点あったんだから!!」
・・・(°_°) 教室が爆笑に包まれたのは言うまでもありません。
先生曰く、「せっかく、オブラートに包んでやったのにぃ・・・w( ̄o ̄)w」
郁は指名補習者とは五十歩百歩だったということです。

こうして明るい「補習」はスタートしたのでした・・・。


現在の郁のクラスの数Ⅰ担当のI先生、高校入学当初から何かと目をかけてくださっています。どうも、中学の時の担任兼数学担当だったH先生からしっかり申し送りがあったようで・・・。
ちなみに、I先生、T先生の郁の数学に対する見立ては、
4STEPなど演習問題集にある問題の類似問題は解ける。しかし、さらに問題集の問題から発展した問題になると解けなくなる。実は、どちらも本質は同じで、その発展問題も演習問題と同じことが隠れているのだかそこに気づかない・・・。それが、テストの1枚目は解けても2枚目になると解けなくなる理由・・・らしい。解決策としては、1週間ぐらい「数学」にどっぷりつかること、そうすれば、隠れているものが見えるようになるとのことです(そんなものなのかなぁ・・・)。
そんな話をしながら、先生方、最後に一言、「まあ、すべては『管弦』を引退してからだな!」

・・・「管弦」という免罪符。
引退後、どうなるか・・・怖いものがありますけど。ここまで来たら、「信頼」を裏切ることなく頑張るしかないね。


スポンサーサイト

2 Comments

こはる  

ごめん!郁ちゃん。
こはるおばちゃんは、思わず吹き出しそうに.....
郁ちゃん好き。
ごめん、にやけながら読んでしまいました(爆)
セーラームーンの決め台詞のような!
水戸黄門の印籠のような!
その時の郁ちゃんを思いうかべ、くふふっ。
でも、いい先生に見守られて、幸せだね~。
お友だちも素敵だね~。
そして、同級生のみんなもNice。
すごくいい学校生活を送っているんだなって
この一瞬を切り取ってもわかるような気がします。
いい学校選んだんだな~って....

そして、きっと郁ちゃんも郁ちゃんらしく
そして、信頼にこたえるべく...頑張るんだろうなって。
12教科もあれば、まだまだ試験期間だね。
体調には気を付けて、追い込みフォイトです!!!

2017/03/11 (Sat) 12:40 | EDIT | REPLY |   

郁の母  

Re: こはる さま♪♪

コメント、ありがとうございます(*^。^*)

いいんです。大いに笑ってやってください。まるで、マンガですよね。郁の一言は、残念ながら水戸黄門の印籠のように、周りが平伏すものではありませんでしたが・・・。帰宅して、本人が楽しそうに話してくれたエピソードです。母も聞いて吹きました。

郁の高校生活は、いつもこんな感じ。
そうなんです。郁が選んだ学校は、郁にあったいい学校だったなあと母も感じています。
お友だちにも先生にも恵まれて・・・。さあ、あとは本人次第!!






2017/03/11 (Sat) 19:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment