今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

縦縞の苦難・・・

家庭科でショートパンツを制作するということで、先日、郁は、お友だちと一緒に布を買いに行ってきました。
行先は、郁中高の教材ご用達の大きな手芸屋さん。別に指定されているわけではありませんが、毎年多くの生徒が買いに行っているので、お店のおばちゃん(?)は学校の状況をよく把握していて、子どもたちの教材選びのよき助言者です。布選びだけではなく、ミシン糸や手縫い糸など必要なものも相談に乗ってくださいます。

さて、今回は「デニムがいいかな」と言いながら出かけた郁でしたが、「デニムは縫いにくいよ」というおばちゃんの助言で変更。デニムより柔らかい生地にしていました。そこまではよかったのですが、問題はその柄!
何と縞模様(縦縞)なのです・・・(;゜0゜)。
裁縫は全くしない母でも、縞模様は柄あわせが大変というのは知っています。
・・・どうして、わざわざ難しい柄を選ぶかなあ?
赤い太さの違う縦縞が並んでいるかわいい柄の生地ではあるのですが・・・。

郁曰く、「おばちゃんが、『そんなに難しくないから』って言ったので、大丈夫 

人並みの技量なら、おばちゃんの言葉通りかもしれませんが・・・、自分の実力、わかっているよね。
・・・1学期の家庭科の評定は3 w( ̄o ̄)w
そこで、わざわざ、自分から評価を下げる原因になりそうなものを選ばなくても・・・。

---------------

そして、今日、その家庭科の授業が・・・。
帰宅後、郁曰く、
「柄合わせ、めっちゃ大変だったぁ~。゚(゚´Д`゚)゚。」

まあ、仕方ありません。
どんなものが仕上がるか、楽しみにして待つ母なのでした。





スポンサーサイト
【 2016/09/14 】 高校1年生 | TB(-) | CM(2)
郁ちゃん、自分好みの布にしたのね~~
わかるわ~~遠い昔・・・スカート作るのにチェックにして
とっても大変だった記憶が(爆)
でも、やっぱりどうしても自分が着たい布にしたかったのよね。

長女は今年は家庭科がないんです・・・・
来年のお預けです。私は手縫いは好きでもミシンは・・・でした。
小学校時代は、足踏みミシンまでありましたよ。

郁ちゃん、気にいった布でがんばって!
【 2016/09/20 】 編集
Re: でんでん さま ♪♪
コメントありがとうございます(*^。^*)

う~ん、チェックは、縦縞以上に難しそうですね・・・。
母は、小さな水玉柄とか小花柄とか、柄合わせのいらないも藻を選んでいたような気がします。それでも、苦労しましたけど・・・。我が家にも、その昔、足踏みミシンありましたよ(歳がわかりますね・・・^_^;)。学校はどうだったかなあ。
手縫いもミシンも苦手だったからか、「家庭科」は、もう記憶からも消去されてしまったみたいです。
郁のショートパンツは、教育実習生の指導ということで、急ピッチで仕上げるみたいです。とりあえず、形になればOKかな。

長女ちゃんは2年生になってからなんですね。郁は、今年で「家庭科」卒業です。上手とは言えませんが、とりあえず釦付けとか裾上げとか、とりあえず必要なこと(?)はできるようなので、一人暮らしになっても何とかなりそうです。

【 2016/09/20 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する