今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

高校1年生の志望校選択

高校入学を前に、郁は現時点での志望大学(第1志望校・第2志望校)・学部・学科を決めました。
進学するのは普通科なので1年次にはあまり科目の選択はありません。高校生として必要な基本的なことを一通り学びます。しかし、実は1年生で学ぶ科目の中には、大学入試で必要となる可能性のある科目が多く含まれています。
高校は、大学受験の予備校ではないので、受験のための授業ではありませんが、自分が将来大学受験で選択する可能性がある科目かどうか、意識しておくことは決してマイナスではないと考えています。たとえ、今後変わる可能性があるとしても、180度変わる可能性は少ないと思いますし、郁の場合、これまでの状況からみて、受験科目でないからといって手抜きすることはないと思われますので・・・。

郁の学校の場合は、中学生の時から先輩たち高校生が身近にいたので考えやすいということもありますが、いずれ大学進学をするのであれば、早い時期から調べておく方がいいと思います。高校1年の夏から、オープンキャンパスに行くことが多いですから。
ちなみに郁の学校では、高1の夏休みには東京キャンパスツアーがあり、希望者は東大などを訪問し、卒業生と話したり、研究室を訪問したりします。でも、郁は、それには参加せず、志望校のオープンキャンパスに行くのだそうです(低学年参加プログラム)。各大学、2016年度のオープンキャンパスの日程が公表されつつあります。高1生も要チェックですね。
ちなみに、東京大学オープンキャンパス2016は、8月3日(水)・8月4日(木)の2日間だそうです。郁の志望校も同じ週に実施されます。


rainn20151001



今回の、郁の志望校選択STEPは・・・
--------------------------
STEP① 将来の希望(やりたいこと・付きたい仕事)が決まる
STEP② その道に進むために必要な学部学科のある大学をさがす。
STEP③ ②の中で、自分の希望の道に進むのに有利な(より進みやすい)大学を見つける。
     →郁の場合は大学院進学が基本なので、大学院への進学状況、国家試験等の合格率など
     →自分の入りたい研究室がある(自分の研究したいことができる)、付きたい先生がいる
STEP④ ③の中で、大学・学部、学科の理念、所在地、雰囲気、生活等から自分が自分らしく
      大学生活を送れることがイメージできる大学を選ぶ。
STEP⑤ ④の中で、がんばれば、手の届く可能性のありそうな範囲の大学に絞る。
     →受験科目(センター試験・二次試験)、センター試験と二次試験の配点比率、
       合格に必要なセンター試験の得点率、二次試験の難易度など
---------------------------

STEP③、STEP④で選択できれば一番いいのかもしれませんが、「大学入試」という関門がある限り、STEP⑤は必要になります。
ちなみに、郁の志望している領域では東大・京大・一橋が国公立のトップ3です。それらを目指しているお友だちも周りにはいるのですが、さすがにいくら「夢は大きく」といっても、それらの大学は郁にとって目標としては遠すぎて現実味が乏しいというのが現状。なので、その一つ下を目標としています(それでも遠いのですが、まだ少しは現実味がある?)。

更に、国公立大学を考える時に重要なポイントとなるのが、大学入試センター試験と二次試験(筆記)の配点比率です。大学入試センター試験は、選択式で、基本的なことが問われますから、頑張ればある程度得点が取れるようになる可能性が高い(満点もありうる)のですが、筆記試験の場合はそれぞれの大学の出題傾向もあり、点を取るためには相当な解答力を要求されます(センターレベルでは太刀打ちできない)。そのため、筆記試験に苦手科目がある場合には、相当な努力をする必要があります。それでも、追いつく保証はありません。
一般的に難関大学になればなるほど、センター試験での差がない(受験生のほとんどが85~90%越えの得点率)ので、必然的に二次試験(筆記)の方が配点比率は高くなります。
ちなみに郁の現在の志望校の大学入試センター試験と二次試験(筆記)の配点比率は、
   第1志望校 : 大学入試センター試験 << 二次試験
   第2志望校 : 大学入試センター試験 >  二次試験
となっています。



これから入学式を迎える高校1年生なので、これから進路が変わる可能性は十分あります。しかし、これから普通に高校生活を送ることができれば、「大学進学」という道から降りることはありません。それが、郁が選んだ道です。
本人も、そこはしっかり自覚しているのか、今は、張り切ってやっています。
正直、母としては張り切りすぎも怖いのです。まだまだ、大学受験までの道のりは長いのですから・・・。

スポンサーサイト
【 2016/04/05 】 大学選び | TB(-) | CM(6)
ふむふむっ
思わず、コピー&ペーストしたくなっちゃいました。
ふむふむっ。
まだまだ、のほほんとしていた我が家にとって
いいステップを提示してもらった気持ちです。

ちはやも、今現在抱く将来の自分の姿があります。
国公立を第一目標に据え、
ちはやにとっては「免許取得」ができる大学になります。
それだけで、ギュッと可能性のある大学は絞られます。
その中で.....ですよね。

高校受験で、私立高校を選ぶときに、
現在の夢に直結する大学付属高校を選びました。
今回は、公立高校に進学となりましたが
私立大学であれば、再び受験になるのかな.....。
中3の心で必死に選んだ大学。
高校生活の中で変わっていくのかな~。
夢自体が変わることもありますものね。
openキャンバス。我が家も考えてみます~。
いつも刺激をありがとう^^

なんか、わくわくしてきました。
(並行して、あすかの高校訪問も?????苦笑)
【 2016/04/07 】 編集
Re: こはる さま ♪♪
コメント、ありがとうございました(*^。^*)


ちはやちゃんも、目指す「将来の自分の姿」が見えているのですね♪♪。
今回示したステップはうちの郁の一例ですが、やりたいことがあれば、どんな分野であれ同じようなステップをたどるような気がします。最近の大学はオープンキャンパスに随分力を入れていますから、低学年のうちから行ってみるとおもしろいと思います。私立だと、いろいろなグッズがもらえたりとか・・・。保護者あるいは家族同伴可の大学もあるので、ちょっと背伸びしてあすかちゃんも一緒に行ってみるのもありかもしれませんよ。
たぶん、高校でもそんな話はあると思いますが、自分でアンテナを張ることも重要だと思います。
低学年のうちは、幅広くいろんな学部をのぞくのもありかも。

まだまだこれからです。
高校生活を楽しみつつ、大学へのアンテナもちょっとだけ立てておきたいですね。

【 2016/04/07 】 編集
ふむふむふむっ
私もコピペしてよろしいでしょうか?!
分かりやすく、とっても参考になります☆

高校の年間行事予定に、大学受験に向けてのイベントが次々に用意されているのを見て、「もう?」と思ったけど、「もう!」なんですね~

我が家はまだSTEP①かなあ。
まだまだ自分の将来像は漠然としているようです。

「センターと二次の比率が重要」
某予備校の説明会でちょうどその話が!
センターって?科目?二次って?という段階ですので 汗
オープンキャンパスや説明会で少しずつ知識入れてかないと。。。
これからです 苦笑

大学受験編のお話、参考にさせていただきますので、
これからも楽しみにしてます♪
【 2016/04/08 】 編集
Re: にゃごまま さま ♪♪
コメント、ありがとうございます(*^。^*)

参考になれば幸いです。と言っても、一つの例にすぎませんが・・・。

郁が入学式の日にもらった学年通信も、職業から進路を決めることのむずかしさが書いてありました。
実際、STEP①を決めるは、なかなか大変なので、それを見つけるためにも早い時期からオープンキャンパスを活用するのもありかなと思います。大学により異なるのですが、まだ志望学部が決まっていない1年生でも参加できるプログラムがあったり、同じ日にいくつかの学部学科に参加できたり・・・といろいろあります。たぶん、そのあたりは高校の側の案内もあると思いますが・・・。

高校生のお母さんデビュー、おめでとうございます。
まずは、「高校生のお母さん」から。そこを軌道の載せてから、「大学受験生のお母さん」になるために少しずつ勉強していくので十分だと思います(実は母は、学生さんを受け入れる側にいるので、ついつい先走ってしまうのですが・・・)。まだまだ先は長いのですから・・・。

ブログは、今まで通りマイペースの更新ですが、またお時間があればお立ち寄りくださいね。



【 2016/04/09 】 編集
すでに大学受験に向けて・・・・
遅くなってしまいましたが、郁ちゃん高校入学おめでとうございます。
そして・・・みなさんが言っているように・・・
私もコピペしないと(爆)

高校生活も楽しみつつ将来も考えていかないといけませんね。
高校を考えた時、その先もふまえての志望でした。
理数科を選ぶ理由を考えた時、必然と将来の夢も考えたようでした。
そしてその職業に就くためには・・・・どのような学部なのか
我が家の経済状況や兄弟状況を踏まえて考えていた長女。
おのずと行く大学は、ぎゅぎゅっとすでに絞られています。
でもやっぱりオープンキャンパスに行ってみないとねって
思っています。

漠然としたイメージがはっきりとして、さらに頑張れると思うから。
高校受験を乗り越えて親子で学んだことです。

日々の生活を充実させながら、先を見据えて準備することは
大事ですものね。

と言うことで、我が家はSTEP①、②の段階かなぁ。
ぼーっとしていられませんね(苦笑)
これからも更新楽しみにしています。

郁ちゃんの高校生活、充実して楽しいものでありますように。
【 2016/04/10 】 編集
Re: でんでん さま ♪♪
このお忙しい時期に、早々にコメントをありがとうございます(*^。^*)

長女ちゃんの高校の場合は、既に高校入学時に専門科を選択をされていて、郁たち普通科組より将来への意識が高い人が多いので、また雰囲気が違うのかもしれませんが・・・。
長女ちゃんも理数科選択の先を見据えての進学だったのですね。もしかして、既に大学もある程度見えておられるのかも・・・と感じました。日本全国、星の数ほど(?)大学はありますが、さまざまな条件で選択していくと、結局、そんなに多くの大学は残らないような気もします。

でんでんさんが言われるように、目標が具体的に見えていること、具体的にイメージできていることは、受験勉強をするうえでは、絶対的な強みになると思います。我が家も、経験から実感しました。オープンキャンパスは夏休みに行われることが多く、結構、部活を休まないといけなかったりするのですが、そこは本人の自覚で優先すべきことを判断してもらうしかありません。
もう高校生なので、本人が動くことが基本ですが、まだ、親の方もしっかりアンテナを立てておくことが必要だと思っています。

でんでんさんは、「高校生の母」役が増えて、「小学生の母」、「中学生の母」と母だけで3役となられたので、大変かもしれませんが、高校生活を楽しむ娘たちとともに、「高校生の母」も楽しみましょう。



【 2016/04/10 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する