今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

卒業しました

3月某日、郁は無事に中学校を卒業しました。

卒業式は学校の講堂で行われるのですが、講堂はあまり大きくないため、保護者は2階席です。
先輩たちの奏でる弦楽合奏が流れる中、式は始まりました。
卒業証書授与では、卒業生の名前が一人一人担任により読み上げられ、生徒たちが順に起立していきます。それは、3年前の入学式と同じ光景でした。しかし、起立する生徒たちはあの時よりひと回りもふた回りも大きくなっているようにみえました。卒業証書を檀上で受け取るのは各クラスの代生です。代生は、各クラスの話し合いで決まったそうですが、その男女比が1:2だったのが郁たちの学年を表しているようで、微笑ましかったです。

代生が受け取った卒業証書は、各ホームルームで担任、副担任の先生から渡されました。
証書を受け取る前に、前でみんなに向かって今の思いを語るように言われ、それぞれが一言ずつ今の思いを自分の言葉で語っていました。多くの子どもたちが語ったのは、やはり今のクラスでの思い出。文化祭、体育祭、クラスマッチ・・・。そして、共通する最後の一言は「高校になってもよろしく♪」。子どもたちには、「別れ」の涙はありませんでした。

しかし、送り出す先生方は・・・。
子どもたちから色紙と花束をもらって思わず涙する副担任()。元々、涙もろい先生らしく、子どもたちも予想してたようでした。
担任の先生()は、最後まで涙を見せられることはありませんでしたが、実は、卒業式での生徒たちの呼名が非常に速かったのです。それは、ゆっくり呼んでいると泣いてしまいそうだったから・・・と、あとで生徒たちに明かされたようです。3年間学年団におられ、郁は2・3年の2年間担任をしていただきました。バスケ部の顧問で、ご自分では負けず嫌いなので、「結果」にこだわってきたとところがあった。しかし、「結果」だけでなく、そこに至る過程が重要なことをこの3年間の生徒たちとのかかわりの中で実感したと、最後に仰っていました。
学年団の先生方、実は授業のコマ数から言えば中学より高校の方が多いので、これからも教科担当としてお世話になります。しかし、もう学年団として関わっていただくことはありません。郁の担任は、高1でも教科担当をされる可能性が高いようですが、郁は、もう担任してもらえないことが寂しいと言っていました。



Life isn't about finding yourself. Life is about creating yourself.
                    by George Bernard Shaw


担任から送られた言葉です。George Bernard Shawは、ノーベル賞を受賞したアイルランドの劇作家です。
「find(見つける)」のではなく「create(自ら造りあげていく)」。
そこには、これからの子どもたちには、どんな自分にもなれる可能性の大きさを感じることができます。

同じキャンパス、同じ先生方、同じ仲間・・・変わらないように見えますが、やはり「高校」と「中学校」の間にはひとつの区切りがありました。卒業式を終え、子どもたちは次のステップへの一歩を踏み出していきます。


-------------------------------

3年前、入学式で郁たちは校長先生から言われました。
「君たちと不合格になった人たちの間に差はない。その中で、君たちはこの学校に入学する(で学ぶ)権利を得た。入学した者として、しっかり学ぶ義務と責任がある」と・・・。これからスタートする中学校生活、合格したこと、入学できたことに甘えることなく、しっかり学んでほしいというメッセージだったのだと思います。
合格と不合格を分けた1本のライン。生まれてたった12年、もちろん断トツに上位だった子もいるのでしょうが、ほとんどの子どもたちには差はなかったはずです。
あれから3年、みんなこの学校の生徒として、学ぶべきものをしっかり学ぶことができたのでしょうか。

卒業式終了後の学年団を代表してあいさつをされた学年主任は、小学校を卒業したばかりでまだ幼さの残る1年生の時から見てこられて、「体も心も大きくなった。それでも、この根底にある素直さは変わらない」と・・・。そして、学年としてとてもいい学年なので、この色を大切にしてほしいと言われました。
教室で一言ずつ語る子どもたち、謝恩会(卒業を祝う会)での子どもたちの様子を見ながら母も本当にいい仲間なんだなあと感じました。特に、謝恩会の後片付けを子どもたちが率先し、協力してやっている姿は印象的でした。みんな本当にいい子たちです。3年前に校長先生からもらった課題はみんなしっかり果たせたようです。

次はどんな課題をいただくのでしょうか。高校の入学式はもうすぐです。



最後まで読んでいただいてありがとうございました


【お知らせ】
郁の中学校の卒業をもって、<中学生の子:子育てブログ村>も卒業します。
ブログは、これからもマイペースで更新していきますので、また遊びに来ていただけると嬉しいです♪♪

スポンサーサイト
【 2016/03/13 】 中学3年生 | TB(-) | CM(8)
卒業おめでとうございます
郁ちゃん、卒業おめでとう。
素敵な式だったんだなぁって郁の母さんのブログを読んで思いました。
そして素敵な仲間に囲まれた3年間、同じキャンパスでもやっぱり
高校は違うんでしょうね。

入学した時は小さかった仲間も立派に大きくなって
これからの成長も楽しみですね。

郁の母さんとも中学入学時期から仲良くお話させていただいて
本当にありがとうございました。
ちょうど私もブログ村を卒業しようと書いた所です。
リンクさせていただいているので、これからもこっそり?!
郁さんの成長を見守らせてくださいね。

今までありがとうございました。これからも今度は高校生の母として
お互い頑張りましょう♪

こちらは、高校からしっかり課題を出されています。
テニスも再開、へろへろです。そして中学ももうすぐ卒業ですよ。
3年は本当に早いですね。高校の3年もきっときっと早いでしょう。
青春、楽しみですね♪

ではでは、郁さんによろしくお伝えくださいね♪
頑張る郁さんの姿にたくさん勇気と元気をもらいました。
ありがとう♪
【 2016/03/13 】 編集
Re: でんでん さま♪♪
コメントありがとうございました(*^。^*)
本当に同じ時間に訪問しあっていたのですね♪♪

ありがとうございます。無事に卒業しました!
田舎から一人で入学して、どうなることかと心配していましたが、いい仲間に恵まれていい中学校生活を送ることができました。よかったです。
小学校に比べれば半分の3年間ですが、みんなしっかり成長していました。お友だちはみんな「ご近所さん」というわけではないので、日頃はあまり会うことはありません。ただ、入学直後から郁の会話によく出てくる子たちは、記憶に残っていますので、名前を聞くと思い出します。男子は声も低くなり、背も高くなっていましたが、どこかそのころの面影も感じさせました。女の子は、大人っぽくなっている子が多かったです。

高校生になると、同じ敷地にある高校校舎に移ります。女子は、制服の色も型も変わり、一段と大人っぽくなります。高入生も入ってくるので、また新しい生活がスタートですね。
高校の課題は、2月の入学説明会で課題をいただいたので、ずいぶん進んだようです。今は、周期表の暗記に苦労していますけど・・・^_^; 長女ちゃんも、課題、頑張ってくださいね。

でんでんさんとのお付き合いも長くなりましたね。あまりコメントはできませんが、いつも読ませていただいています。これからも、遠慮なく訪問させていただくつもりです。郁とは違う理数科での長女ちゃんの高校生活も楽しみです。
こちらは、でんでんさんほどは更新できませんが、これからも続けていきますので、こっそり・・・と言わず、堂々とご訪問ください(笑
ではまた♪♪
【 2016/03/13 】 編集
ご卒業、おめでとうございます♪

「義務教育」が、修了して。いよいよ、自分の道を進み始める・・・高校って、そんな場所になるんだなぁ~って思います。
なんだか、子ども達の成長が、まぶしいですネ♪

ハハ達も、負けずに輝きましょうかねぇ~(笑)

これからも、よい出会いがありますように♪
【 2016/03/14 】 編集
おめでとうございます。
素晴らしい先生に恵まれ幸せな中学校生活でしたね。
義務教育がおわりお母様も一区切りですね。
女の子は高校生になると急に親離れが進む気が致します。
これからは相談相手にもなってくれるかもしれませんね。
【 2016/03/14 】 編集
Re: なんちゃって さま ♪♪
コメント、ありがとうございました(*^。^*)
お返事が遅くなり申し訳ありません。

本当に「『義務』教育」修了しました・・・。「義務」ではないのに高校に進学する道を選択したのですから、どんな高校生活を送るかは、本人次第。そう考えると、親は、ちょっと離れて見守る存在になるのかもしれませんね。
そして、子どもからちょっと離れた分、親は親として輝いていたいですね。子どもたちに負けないように!(^_^)v
お互いに頑張って輝きましょう!!

【 2016/03/18 】 編集
Re: ミーム さま ♪♪
コメント、ありがとうございました(*^。^*)
お返事が遅くなり申し訳ありません。

あらためて振り返ってみると、とても恵まれた3年間だったのだと思います。いろいろな意味で・・・。
高校生になると女の子は変わるのでしょうか。一人っ子のためか、まだまだ甘えん坊で困ってます。
早く「相談相手」になってほしいものです。




【 2016/03/18 】 編集
卒業おめでとう
郁ちゃん!
卒業おめでとう(0'v'0)/
めいっぱい勉強に音楽にがんばった3年間
あの大変な受験期間を経て、くぐった校門。
きっとキラキラ輝く4月だったんだよね。
その日から3年。
先生方の言葉の意味を考え、取り組み
心も体も大きく成長したんだね。
私が出会ったこの短い時間でも、郁ちゃんは
本当に成長しているもの。
郁の母さんは、もっともーーーと思いがあふれるよね。
さあ、高校生だね。
きっと、また新しい世界が広がり、
新しい人生の課題を得るんだろうな。
私たちも、一緒に考えていきたいです。
卒業おめでとう。
そして、これからもよろしくね♪
【 2016/03/19 】 編集
Re: こはる さま ♪♪
お祝いコメントをありがとうございました(*^。^*)

親子ともども、ドキドキで迎えた入学式から3年。その時々で、いろいろあったのですが、今振り返ると、早かったような気がします。そして、3年前の選択は間違っていなかったと実感できた卒業式でした。
からだは余り成長しませんでしたが、中身は成長できたのかな。母は近くにいるのであまり見えないけど・・・。
卒業式から時間が経ち、気持ちは高校生?。実質的に高校の春休み課題に追われております。

入学式まであと18日。中学OBとして部活に通う毎日です。
桜の開花も伝えられはじめ、本当に「春」ですね。
みんな、どんな高校生になるのかなあ・・・。楽しみです♪♪
今後ともよろしく(^^)v


【 2016/03/20 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する