冬休みの面談

先週の金曜日に終業式を終え、冬休みに突入している郁です。といっても、管弦楽部は、年明けの「○○ふぇす」に向けて、連日、強化練習が続いていましたので、毎日、お弁当持参で登校していました。

学校の方は、冬休みの個人面談が始まり、母は一昨日の午前中に行ってきました。今回、郁のクラスは二者面談が基本で、希望者のみ三者面談ということになっていました。同じ3年でも、副担任まで入った四者面談になったクラスもあり、どんな面談にするかは担任次第(?)。郁の担任のA先生は、生徒本人がいない方が親も本音を相談しやすいのではないかという配慮から二者面談にされているようです。そのため、親の口止めのために、三者面談を自ら希望する子どももいるのですが、郁の場合は、「恐ろしくて入れない・・・」ということで、我が家は担任と母の二者面談となりました。


まずは、2学期の生活等全般のこと、そして部活のこと・・・。そして、2学期の通知表、期末テストの成績表と11月に受験した外部模試の結果をいただきました。
通知表は上がった科目もありましたが、下がった科目で相殺されて結果は変わらず。
郁が最も心配していた数学の「指名補習」。期末テストの数学は、しっかり平均点を割っていましたから・・・。「指名補習」に指名されると、「○○フェス」への参加はできなくなります。
結果としては、補習には指名されませんでした。決して手放しで喜べる成績ではないのですけれど、日々のノート提出や確認テストから、それなりに努力していることは認めていただきました。数学は、やはり基本的なところをしっかり定着させることが必要なようです。

 
管弦楽部も年内は昨日で終了。
来年は正月三が日が明ければ、すぐに「○○ふぇす」に向けて出発です。そして帰った翌日は、実力テスト。年末年始10日間は、「お勉強」中心の日々になってほしいものです。ただ、今年の冬休みは課題がほとんどありません。1月の実力テスト、2月の入試に向けて自分のペースで学習を進めるようにとのことなのでしょう。そこのところを、よく理解して取り組んでくれるといいのですが・・・。
今日から本格的に「冬休み」です。



メモとカップ



「数学の指名補習」の心配から解放された郁。そんなとき出会った隣のクラスの数学担当のB先生曰く、
「血の通った人間なら、いくらなんでも『管弦』を指名補習に呼ぶことはできないよ。」

・・・え
3年生はすべてのクラスで数学担当教員が違うので、学年の数学担当の先生たちが集まって評価会議を開き、そこで、補習候補者や危い生徒の名前を各クラス担当が挙げて、今後の指導について検討されているようです。とりあえず、その会議で、郁の名前は上がらなかったとのこと。郁の話だと、この学年になってA先生の口から郁の名前が出たことはないのでは・・・と、B先生はおっしゃっていたようです。

実際にこれまで補習のため「○○ふぇす」に参加できなかった先輩がいらっしゃったかどうかはわかりませんが、郁の学年はありません。今回も、数学以外の教科では個別に呼ばれて指導を受けた同級生はいたようですが、「○○ふぇす」への参加を止められることはありませんでした。
郁の個人面談は、「管弦は、毎日頑張っていますね。今回は○○ふぇすの時期が変わって、もう年が明けたら学校で合わせることなく行くのですよね。向こうで、合奏の練習ができるのでしょうか・・・」というA先生のお話からスタートしました。郁が次期コンサートミストレスになることもご存知で、音楽とは全く関係のない先生ですが、受け持ちの生徒が出る定期演奏会には必ず来てくださいます。最初から郁の学年団で、郁は2年、3年と担任をしてもらいました。
郁の学校の先生たちは本当に「優しい」です。特に、郁たちの学年団の先生たちは・・・。子どもたちが「やりたいこと」、「頑張っていること」、「頑張ろうとしていること」をしっかり応援してくださいます。「やりたいこと」を無理にとめて、勉強させてもいい結果にはつながらない。そして、その根底には、これまでの先輩たちが培ってきた「信頼」があるのだと思います。「やるべき時がきたらちゃんとやる!」という信頼・・・。
「○○ふぇす」まで、あと10日余り。それが終われば、みんな「受験生」になります(なってね)。



最後まで読んでいただいてありがとうございました

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

二者面談、すっかりなくなりました。たまには先生と二人で話してみたいかも!!! 口止めの為に三者面談にしたい!なんて発想の子も、面白いですね(笑)

この時期に、好きなコトに打ち込めるのも、中高一貫のいい所ですね♪先生方のサポートもあるし。何より、何かに打ち込める子は、受験や他の事も、頑張れる!と思いますよ~。

郁ちゃん、ガンバレ!

Re:なんちゃって さま ♪♪

なんちゃって さま♪♪

コメントありがとうございます(*^。^*)

そうですね。志望校決定などあると、二者では決められませんから、三者面談が基本ですね。そういえば、うちも志望校確認のあった夏休みの面談は三者でした。
子どもには、親に言ってほしくないことがいろいろあるみたいで・・・。事前に親に口止めしても、実際には、面接で何を言われているのかはわからないので、結局は自分で確認するために面談に入るようです。うちの郁は、「指名補習」の結果を聞くのが怖くて入れなかったのですが・・・。

応援ありがとうございます。
いろいろ考えましたが、結局は中高一貫であることをしっかり利用するしかない・・・ってとこで落ち着きました。1月の「○○ふぇす」終了後、1か月の集中学習で、受験に臨みます!!

応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ