「あと400日」に思う

今朝、ブログを開いたら、「400日」という表示が目に入った。つまり、郁の中学入試の日まで、あと400日ということだ・・・
この400という数字は、多いのか少ないのか・・・と少し考えてみたが、止めた。泣いても笑っても、あと400日すれば入試の日はやってくる。郁の志望校の試験は1回しかないのだから、本当にいきたければ受けるしかない。

学校や塾で、郁がともに競い合っている仲間は圧倒的に男の子が多い。学校や塾から帰ってきて話題になる回数が多いのも男の子だ。もちろん女の子の友達もいて一緒に遊んでいるのだが、男の子たちと話す内容と女に子たちと話す内容は違うらしい。知的な刺激を受けるのは男の子たちとの方が多いようだ。その子たちが目指しているのは、この地方唯一(?)の難関男子校。男子校なのだから、もちろん郁は受験できない。実はそこが問題だったりする。
いまだに、郁曰く、「あの学校(難関男子校)に一緒に行けるのなら、何をしてでも勉強を頑張るのに!!」
言い訳と言ってしまえば、言い訳なのだが、郁の受験勉強へのモチベーションが今一つ上がらない理由の一つだということはよくわかる。母も、それは本当だろうと思う。ただ、どう転んでも郁は女の子で、あの学校は共学校にはならない。


現在の郁の志望校はその学校と同じ地域にある女子校。この学校は、彼らと同じ列車で通学できるし、郁の将来の夢から考えて、それを実現するには適した学校だと思う。学校説明会での郁の印象もよかった。同じ学校を目指している友達は学校にも塾にもいる。しかし、郁にとっては、まだまだ合格安全圏までは遠い道のりがある志望校だ。
400日後、はたして郁は試験場に座っているのだろうか?


郁のような地方(田舎)の小学生にとって、「中学受験」を「本当に」意識するのはこれからだ。



にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
合格安全圏内にいつも入っていても当日の試験のでき次第では不合格もあり得ます。受験には絶対大丈夫はあり得ないんです。

Re: のん さま

コメントありがとうございます。
もちろん、のん様がおっしゃる通り、「合格安全圏にいつも入っていれば絶対に合格できる」とは思っていません。志望校判定は、あくまでも「確率」のお話ですから、過去のデータからみると合格する確率が高いということに過ぎませんよね。
受験に関わらず、何事にも「絶対大丈夫」はないのではないかと感じています。
ただ、勉強をしていくうえでの、一つの目安としての目標は「合格安全圏」に入ることかなあと思っています。
応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ