携帯電話、買い換えました

         長にゃん20150831


【8月31日(月)の日記】

31日とはいえ、まだ8月。それにしては、ずいぶん涼しくなりました。特に朝夕は、すっかり「秋」を思わせます。9月8日は二十四節季の「白露」。暦の上では、大気が冷えてきて、露ができ始めるころ・・・なのだそうです。

先日、郁の携帯(スマホ)が壊れました。落としたとかという物理的な衝撃を与えたわけでもないのに、液晶パネルの反応が悪くなり、ついに機能、結局、買い換えました。今度は、待望のiPhoneです。高校生になる時には買い替えを検討する予定だったのですが、結果として、半年近く早い買換えることになりました。iPhoneは、もうすぐ新しい機種が出るらしいのですが、それを待っている余裕はなく、また、最新機能が必要というわけでもないので、iPhone6を購入していました(母は仕事だったし、その道には本当に疎いので、父が一緒に行って購入しました)。
それにしても、iPhone6って薄くてびっくり!!!。

遠距離通学生のいる共働き家庭にとって、子どもの携帯電話は「もしも」の時のお守り代わりです。公衆電話が少ないことや、公衆電話では相互連絡が難しいことなどから、我が家は(学校の許可を得て)小学生の時から持たせています。最初は緊急連絡用だった携帯ですが、今は、郁自身が主体的に使うようになったので、その使用目的は変わってきています。
部活や友だちとの連絡で、携帯電話は必需品。ただ、まだ中学生なので、我が家ではLINE、Twitter、Facebook は使用させていませんし、当分解禁予定もありません。「携帯電話」なので、使用の基本は連絡用(電話・メール)です。LINEの代わりに、一斉送信しているらしい・・・。
まあ、時々、ゲームもしてますけど・・・

とりあえず、このまま高校終了まで頑張っていただきます。





実は、この夏に携帯に纏わる一つのエピソードがありました。

夏の小旅行で都会に行ったとき、郁には購入したいものがありました。それは、新しい携帯(スマホ)カバー。そのため、いくつかの専門店を回りました。そこで分かったことは・・・、
①2013年に発売され、既に製造中止の古い機種に合うものは、もう店頭にはないということ、つまり、スマホは新しい機種がどんどん出て、微妙に変わってきているので、それに合わせてアクセサリーの市場も動いているのです。ニーズのないものは商品としては扱えませんから・・・。保護シートすらありませんでした。古い機種に対するニーズがないということは、使う人たちもどんどん携帯(スマホ)を新しいものに更新していっているってことで、携帯(スマホ)は壊れて使えなくなるまで使うというものではなくなってきていることをあらためて実感しました・・・(ただし、製造中止になっても、一定期間はメーカーサポートはあります)。

②今のスマホはiPhoneが主流だということ。専門店でカバー等のアクセサリー売り場の8割近くがiPhone用で、いろいろなキャラクターものやブランドものなど・・・選り取り見取りって感じでした。郁のお友だちも、iPhoneが多いのだそうです。機能的に何がどう違うのかは母にはわかりませんが、圧倒的な人気機種です。そういえば、Appleの新製品の発売日には、店頭に並ぶ人たちがニュースになるぐらいですから、携帯に限らず、Appleの製品そのものに人気があるのでしょうね。

「モノを大切にして、使えるうちは使い続ける」・・・といいつつ、メーカーのサポートのなくなったPCはリスクが大きく使い続けることは難しいという世の中です。技術の進歩の成果なのかもしれませんが・・・。
母が携帯に求めるのは電話とメールが使えることなので、今の携帯を壊れるまで使い続ける予定です(ちなみに、母の携帯は郁の壊れた携帯と同じ機種です)。



最後まで読んでいただいてありがとうございました

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ