今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

新学期スタート

長にゃん20150816


【平成27年8月24日(月)の日記】

今日から2学期がスタートしました。
今日は、残念ながら朝練も含めて部活がありません。なぜなら、明日は全学一斉に実力テストがあるからです。まあ、毎学期の定例行事ですが、郁にとっては、部活がないのが何よりも悲しいらしい・・・。全く何のために学校に行っているのか・・・(>_<) 
部活がないことの意味を考えて、今日の放課後は勉強に集中してほしいものです。

さて、部活の方は、先日の定演後、高校2年生が引退し、現高校1年生が運営学年となった新体制で今期のオケがスタートしています。先日、今期のメインの交響曲が発表されました。これまでマイナーな曲が多かったのですが、なんと今期の運営学年が選んだ曲は、(超)メジャー曲でした。

Peter Ilyich Tchaikovsky;Symphony No. 5,Op.64

やったね
そして、郁のポジションは1stのout(表)、で高1がいない時にはパトリ(パートリーダー:1stのパトリ=コンミス)をやらねばならない位置だそうです。考えてみれば、郁たちも来年の今頃は運営学年。早いものです・・・。現中3は、忙しい運営学年を助けて、演奏の主力になるそうで、今期も部活にどっぷり浸かりそうな勢いの郁。
帰宅後も、興奮冷めやらず、「チャイ5」1stVnの18枚の楽譜を嬉々として製本しておりました。「『チャイ5』だあ~♪」「1stは音が高い~ぃぃ」と、わめきつつ・・・

実は、郁が興奮した理由はそれだけではなかったのです。
その後、母驚きの展開が待っていたのでした・・・







さて、母驚きの展開とは・・・

今年度の「○○ふぇす」に参加するという話。

   はあ~?!

■会場の変更で、開催時期が12月から1月に変更になり、 中3は受験直前だから参加
 できないって話だったような・・・?
■この時期、既に高2が引退しているので、主力の中3が抜けると、 オケが成立しない
 から学校として参加できないって話だったような・・・?
■それで、昨年の「○○ふぇす」後の4校交流で涙の別れをしたって言ってたよね?
それは母の記憶違いだった・・・? いえいえ、母も、そこまで認知機能は低下していませんけど・・・。

顧問から話を投げかけられた中3の学年団の先生方の判断は、保護者の判断にゆだねるというもの。つまり、保護者が了解すれば学年団としても了解するってこと・・・?。先生方も、管弦部員が、毎年「○○ふぇす」への参加をとっても楽しみにしていること、参加することで意味で成長できていることをわかっておられるので、無下に却下できなかったのでしょうね。それでもその時に、学年団の先生方の頭に浮かん「危うい」メンバーに郁は入っていただろう・・・と思う母です。

まあ、いろいろ条件はあるのですが・・・。
結果として、高校入試まであと1か月を切った時期に、東京に行き○○フェスタに参加するという驚異の中3管弦楽部ライフに突入することになった郁(たち)でした。今年は「○○ふぇす」に行けないからと、郁を含めて地域学生オケ(Sオケ)に参加したメンバーも多く、みんなで逆巻く怒涛をどう乗り切るのか・・・。
1月まで部活引退はなくなったけれど、入試終了後の2月に、(強制)引退して補習の雨霰になりそうです。

それでも、夏休みから行き始めた「個別塾」の先生とはとっても相性が良くて、こっちも続けるようです








スポンサーサイト
【 2015/08/25 】 中学3年生 | TB(-) | CM(2)
8月の記事へのコメントで、申し訳ありません。

ついに新体制スタートしたんですね!
交響曲・・・高校の定期演奏会で体験しましたが、
すごーく長いんですね。
演奏するみなさんの集中力って半端ないな~と感動で。
「何か月もかけて作り上げる」と以前おっしゃっていた
郁の母さんの言葉を思い出しました。

「チャイ5♪」メジャーな曲もいいですよね。
18枚も楽譜があるなんて、スゴイ!
どっぷり、がっつり取り組めそうですね。
引退し、音の少なくなったにゃごの部屋がちょっと寂しい今日この頃。勉強も音楽も・・・と、欲張りな母です 笑

「〇〇ふぇす」
みんなで作り上げた曲、演奏する機会は少しでも多く欲しいですよね。
きっと郁ちゃんをはじめ、部活のみんなも色んな覚悟の上での決断なんでしょうね。
先生方も、部活と同じように勉強も頑張れる生徒たちだと分かった上での決断だったのではないでしょうか。
個別塾もZ会も頑張っていて、郁ちゃんの勉強のやる気スイッチは部活(ヴァイオリン)なのかもしれないですね!

【 2015/09/06 】 編集
Re: にゃごまま さま ♪♪
コメント、ありがとうございます。いつの記事でも、コメント大歓迎です(*^。^*)

交響曲はだいたい1曲が30~40分ぐらい、一昨年やったベルリオーズの「幻想・・・」だと1時間近いです。だから、集中力とともに、体力が必要です。ヴァイオリンは、曲全体の中で演奏している時間が長いので、腕の力がないと、最後のフィナーレでばててしまいます。中学生にとっては重労働かも・・・。たぶん高校生でも大変だと思います。ただ、弾ききった後の充実感もまた大きいのが交響曲のようです。

「管弦バカ」の郁。生徒部の先生(担当:数学科)から、渡り廊下で弾いているときに「まあ、管弦バカにならないと、あんな音は出せないんだろうなあ・・・」と、褒められた(?)あと、に言われた一言は、「だけど、受験になったら一時その『音』を捨てろよ。」でした。ここでいう受験は大学受験を指しているのですが、やはり、やるべき時にはやらないと後で後悔するってことなのかもしれません。
 にゃごちゃんも、志望校が確定し、いよいよ具体的に受験に向かって、一歩一歩確実に進んでいく時期ですね。引退して、「音」と離れてちょっとさびしいかもしれませんが、高校に行けば、また充実した管弦ライフが待っています。今は、そこへの助走の時期として一休み・・・って考えてみることもできるような気がします。

「覚悟」というより、「開き直り」のような気もしますが、「○○ふぇす」は、冬休みの指名補習にならないように頑張る原動力にはなってくれています。





【 2015/09/08 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する