忘れもの?!

【平成27年8月6日の日記】

朝から青空がひろがり、暑い日です。70年前の広島もこんな朝だったのでしょうか。
広島では祈りの1日が始まります(実は、母は広島で育ちました)。

-------------------

郁は今日も部活だったのですが、朝から大きな忘れ物をしました。
母がその忘れ物に気付いたのは、郁がちょうど電車に乗るころで、電話を掛けたときには、既に電車は発車していました・・・。こちらからの電話が鳴ったことで、郁も忘れ物に気が付いた郁 、電話口で開口一番、
「取りに帰るから~!!」

そこまでして必要だった郁の忘れものとは・・・、それは、ヴァイオリ~ン 

定演まであと・・・日。
定演は、今期のオーケストラの集大成、つまり今期、最後の日。定演の翌日は、今期の運営学年の先輩たちの引退式。そんなわけで、練習も総仕上げ。このメンバーでのパート練習も今日で最後です。下級生たちは、各パート毎に、引退する先輩たちに曲を送ります。その練習を部活の前後で行っているため、最近、郁は毎日ヴァイオリンを持ち帰っています。普段は部室である音楽準備室に置いていることもあり、「つい(?)」忘れてしまったとか。
もちろん、学校楽器もあるにはあるのですが、この時期それでは練習できないということで、朝から電車で往復することになった郁です。

それにしても、部活に行くのに忘れるぅ???
そういえば、小学校の時にはランドセルを忘れたこともありました・・・





ヴァイオリンブルー
読んでいただいてありがとうございました


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

郁の母さんが電話しなかったら・・・?!
忘れたところが自宅で良かったです♪
楽器類はその価値だけでなく、「自分の」というところが重要なので、持ち運びや置き忘れには注意が必要ですよね。我が家も何度ひやっとしたことか(大抵学校に置き忘れだったんですけど)。
郁ちゃん達は定演までカウントダウンがスタートしているのですね。大作にチャレンジしているのかな?長い曲の仕上がりは感慨もひとしおでしょうね~
楽しみですね♪

Re:にゃごまま さま ♪♪

コメント、ありがとうございました(*^。^*)。

電話をかけていなければ、学校でお友だちに言われるまで気づかなかったでしょうね。そうだったら、もう取りに帰るのは難しいような気がしますが、もしかしたら、半日かけても取りに帰ったかもしれません・・・。やはり「自分の」楽器でないと本来の演奏はできないようですから。
ケースはフルートの方がヴァイオリンより小さいのでしょうね。ヴァイオリンケースは結構大きいので、郁は普段背負っています。だから途中で置き忘れることはないのですが・・・。最初から持っていなければそこまでです。

定演は、先日、無事に終了しました。またこのことはブログにUPしたいと思っています。
応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ