今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

♪ 相談相手 ♪

郁は、塾から帰りの車の中で「帰ったら、syくんにメールしなくちゃ♪」と呟いていた。母が、「sunnyの写真を送るんでしょう」と言うと、「どうしてわかるの~」と驚いていた郁であったが、まあそのくらいのことは容易に予想できるのが母である。

syくんは、郁の同級生。ヴァイオリンは幼稚園の時からやっており、県のコンクールでは金賞総なめという県内では知る人ぞ知る腕前の持ち主。拝み倒されて入った弦楽部では、最初から1stでソロも担当している。実は、郁がヴァイオリンを習い始める時に、母はこのsyくんのお母さまに相談し、先生を紹介していただいた経緯がある。つまり、郁はこのsyくんと同じ先生に個人レッスンを受けている。
小学校入学以来、通学経路が重なるsyくんとは仲良しだった郁であるが、ヴァイオリンを始めてから、syくんはヴァイオリンに関するよき相談相手(いや指導者かも)のようだ。先生からの課題で分からないところがあると、syくんに教えてもらっている。弦楽部の練習の合間に、すでに遥か前に終えたであろう「篠崎ヴァイオリン教本」の曲を弾いて、ポイントを教えてくれるのだ。同じ先生にレッスンを受けているので、先生の押さえどころはよく知っているsyくん。郁のとっては、第2の先生的存在。
sy君と郁が習っている先生は、巷では知る人ぞ知る「こわーい」先生だ。今でも、その先生の前に出ると緊張が解けない郁である。そんな郁を、身近な相談相手が郁を支えてくれている。感謝。


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2011/09/21 】 ヴァイオリン | TB(-) | CM(-)