今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

27年度スタート

4月1日。27年度がスタートしました。
学年歴上でいえば、郁は今日から中学3年生です。つまり「受験生」としてのスタートです。「1年の計は元旦にあり」と言いますが、学生にとっての元旦はある意味4月1日ではないかと思う母です。

さて、その学生にとっての「元旦」、郁は何をしていたのでしょうか。
昨日、3泊4日の部活の春合宿から帰宅した郁。今日は部活もお休みで、ちゃんと勉強してたみたいです(母は仕事なので日中は見ていないのですが・・・)。夜も、英語の課題をやっています。とりあえずは、春休みの課題を終えないとなりませんから・・・。それでも、合宿では、しっかり「青春」してきたようです。そんな充実感があるから、気持ちを切り替えて課題にも取り組めるのでしょうね。

「高校受験」とはいえ、郁の場合は志望校は決まっています。基本的に連絡進学の対象なので、「落ちる」という可能性はとても低いのです。でも、そのことに胡坐をかいていると、あとで痛い目にあいます。それがわかっているから、みんなやります。「合格」ではなく、出来るだけ「上位で合格すること」が目標、しかし、それはある意味自分との闘いです。受験は多かれ少なかれ、「自分との闘い」なのですが、「落ちる」という危機感が少ない分、自分でコントロールすることが求められるような気がします(親にも危機感が薄い・・・)。校風の一つである「自律」への第一歩ですね。
さあ、どんな1年になるか、楽しみです


新年度はこっちも忙しく、なかなか更新できません。とりあえず、4月1日の覚書まで・・・。



201502191
読んでいただいてありがとうございました
スポンサーサイト
【 2015/04/01 】 中学3年生 | TB(-) | CM(2)
きっと同じです^^
郁さん♪
進級おめでとうございます(笑)
お互いピカピカの中3、受験生ですね。
『受験は多かれ少なかれ、「自分との闘い」』
の言葉に、大きくうなずいています。
確かに同級生さんたちはライバルになり
自分が目的の場所に立つためには.....。
でも、勉強と向き合う時って「自分との闘い」「自分と向き合う」
事が一番の大切なことなのかなって思います。
学校の成績も、相手と比べるのではなく
自分がどう変化したかを考えるようにしています。

郁さんのできるだけ上位での合格。
同じ受験生に変わらないです。
自分の立ちたい場所、立ちたい位置(0'v'0)♪

山のような課題と戦っているかな(笑)
こちらの新学期は、6日です。
受験生の気持ちのほかに、担任の先生だ誰?のドキドキと
新入生の入部...のことで頭がいっぱいの ちはやです。
「1年の計は元旦(4/1)にあり」
ちはやは、勉強⇒お友だちとお出かけ⇒勉強の一日でした^^
それもよしということで♪
【 2015/04/02 】 編集
Re: こはる さま ♪♪
コメントありがとうございました。
お返事がたいへん遅くなり、申し訳ありません<(_ _)>

ちはやちゃんは今日から新学期ですね。
いよいよ、「3年生」が実際にスタート。担任の先生は、どんな先生だったのでしょう。
千早ちゃんの反応は・・・?
この1年が、ちはやちゃんにとって充実した1年になりますように。

うちは、8日からです。
今は、まだ課題の追い込みの真っ最中・・・。
【 2015/04/06 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する