今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

「文系ダイヤ」発見?!

気がつけば、もう12月になってしまった。今月で今年も終わり?! 
いやあ、もう少し待ってほしい・・・というのが正直なところだ。
後期は、毎年仕事の方がばたばたで、なかなかブログの更新できない。これまでのように、長い記事を書こうとすると、更新するところまで書き上げられず、中途半端なものが下書き状態で残ってしまう。そこで、とりあえずは、簡単な記録だけでも残しておきたいと思う。

-----------------------

10月の塾内模試の結果は一部に誤りがあり訂正をお願いしていた(だからって、あまり結果に大きな変動はないのだが・・・)。その結果が、今週戻ってきた(・・・時間かかりすぎ?!)

あらためて結果を眺めると・・・
そこに見えたのは、「『文系』ダイヤ

模試の結果通知には、科目ごとの成績のバランスを示すレーダーチャートがある。レーダーチャートと言っても、4科目しかないので、その結果は四角形になる。上に「国語」、下に「社会」、右に「算数」、左に「理科」の偏差値が示されるのだが、郁のレーダーチャートは、見事な縦長の「ダイヤ」となっている。上下、左右のバランスがしっかりとれていて、まさにトランプの「ダイヤ」だ。

つまり、国語と社会の成績と理科と算数の成績が同レベルで前者2科目の成績の方がよいという結果。前者の偏差値が60+α、後者の偏差値が50+αの場合には、その偏差値のバランスから本当にきれいな「ダイヤ」になるのだ。これまでもその傾向はあったものの、ここまできれいな左右対称になったのは初めてだろう。
そこで、これを「文系ダイヤ」と名付けてみた。

女の子には多いパターンなのかもしれないが・・・、郁の志望校は「算数」で決まると言われている中学校だ。今回の模試で初めて出た「志望校判定」は「B」だったが、それは4科目偏差値で判定されている。この「文系ダイヤ」の横軸を広げていくことが必要だと実感してる母である。今の「国語」「社会」の縦の対角線と「算数」「理科」の横の対角線が同じになるとこのダイヤは正方形となる。
今の「国語」「社会」の対角線の長さを維持したままの正方形が目標だ!



にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2011/12/01 】 学習 | TB(-) | CM(2)
お疲れ様です。
年末年始のこの時期はタダでさえ忙しいですよね。
我が家というか、私もドタバタしてます;;

成績のバランスも気になるところですよね。
息子も成績のバランスが悪くて悩むことが多いです…。

そういえば先日ご紹介してくださった先生シリーズの本
とりあえず1冊ですが読ませて頂きました。面白いです!
私も娘も気に入りました。まだ息子は時間の都合上読んでいませんがたぶんとても気に入りりそうです!
時間をみてシリーズで読破します(#^.^#)
【 2011/12/03 】 編集
こんにちは。コメントありがとうございます。

全てがまんべんなく出ればいいのですが、なかなか難しいですよね。
郁の場合、変にバランスがよくて、困っています^_^;
これで、本人は理系希望なのですから・・・。

「先生シリーズ」お気に召してよかったです。また、感想を聞かせてくださいね。
【 2011/12/03 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する