今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

定期試験対策事情

3月になりました。ですね。・・・というわけで、またまたテンプレートを変更した母です。
この時期、多くの中学校で期末試験(あるいは学年末試験)が終了していますが、郁たちは試験まであと9日。試験週間にも入っていないので、まだ、部活も毎日しっかりやっています。ただ、郁も、この前の週末は少しですが試験準備には入っている様子が見られました。ここは、2年かけて少し成長したところかも・・・。

そこで、今回は郁の定期試験対策事情について・・・。
郁の試験対策は、基本的には授業ノートと授業配布プリント中心です。それに、学校教材である演習問題集をプラスしています。数学と英語は、この演習問題集の量と難度が(郁にとっては)半端ではないので、他に自主的な教材をやる余裕はありません(Z会も・・・)。地理と歴史の定期試験は、授業ノートと授業配布プリントから出題されるので、それをしっかり理解して覚えるのみ!。そのため、自主的な教材としては、授業内容の理解を補うのために用語集(地理B・日本史B)を使うぐらいです。
さて、問題は理科。これはやや学年進行を無視して進んでいるところがあるので、学校教材の演習問題集も学年別ではなく分野別(第一分野・第二分野各1冊)のものを1年生の時から使っています。分野別ということで、学年別の問題集に比べれば、一つの単元ごとの演習問題数が少ないのです。理科は、地理や歴史と違って、理解して覚えればOKというものではなく、理解して活用(応用)できることが必要です(社会科も、入試レベルになれば応用力が必要になってきますが、今の定期考査では、とりあえず理解して覚えていればある程度点が取れるということです)。逆に言うと、活用してみて(演習問題を解いてみて)、初めて本当に理解できているかどうかわかる・・・という面があります。そのため、理科のみ市販の教材を使うことを提案してみると、意外にすんなりと納得した郁でした。

その後、地元の本屋の学習参考書売り場で、郁が選んだのが下の2冊です。郁が選んだポイントは、①学年別ではないこと、②応用的な問題が多いことで、結果としては、学校で使っている演習問題集に似ているものになっていました。

中学理科 (学研パーフェクトコース問題集 4)中学理科 (学研パーフェクトコース問題集 4)
(2012/02)
学研教育出版

商品詳細を見る


難関突破精選問題集理科―国立・有名私立〈高校入試対策〉難関突破精選問題集理科―国立・有名私立〈高校入試対策〉
(2005/03)
学研

商品詳細を見る


実は、これは2学期の期末試験前のことだったのですが、郁と母が一緒に学習参考書売り場の前に立ったのは、この時が中学入学以来、初めてのことだったと思います(それ以降もないので、最初で最後になったりして・・・)。
自分で選んだこの2冊、今回の期末試験準備にも使っているようなので、郁はそれなりに気に入っているみたいです。さて、成績UPにつながるでしょうか・・・ この問題集のおかけかどうかはわかりませんが、2学期は理科はやや回復していました


201502141


この2年間の定期試験をみていて感じたのは、授業の大切さです。教科書に沿って進まない授業もあり、基本は授業内容、そして最後に頼りになるのは自分の授業ノートです。ノートは、「先生が板書した内容を写し取るだけではダメ」ということは、早い時期から指導されていました。先生のお話の中で重要なところを書き留めたり、自分の気づきや疑問を書き加えたり、科目にもよりますが、だんだん自分のノートが作れるようになってきています。定期的にノートの提出が求められ、評価されている科目もあるようです。もちろんきれいなノートはいいのですが、美しさよりやはりまずは内容の充実度が評価されるようです。これも、スタディ・スキル(ノートテイキング)の一つですね。


<追記>
下は、最近ほかの方のブログで紹介されていた参考書で、母が買ってみました。
高校生向けなのだと思いますが、カラーの写真や図が多用されていて、郁はわかりやすいと言っていました。内容の充実度の割に、お値段は結構リーズナブルかも・・・。母としてはお得感が・・・。

フォトサイエンス化学図録―視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録―視覚でとらえる
(2014/02)
数研出版株式会社

商品詳細を見る



視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録―新課程視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録―新課程
(2013/02)
数研出版株式会社

商品詳細を見る




20150207
読んでいただいてありがとうございました
スポンサーサイト
【 2015/03/03 】 中学2年生 | TB(-) | CM(4)
こんにちは(^o^)
息子も定期試験、目前ですが
部活が頭から抜け切らないようです…

中高一貫校の教科書@息子の学校の場合は、
検定外のものを使用しているので、
市販の問題集や参考書が合わないと思い、
書店の参考書売り場に寄ることがなくなりました。

でも、確かに単元ごとに完結するものであれば、
活用できるわけですね。

定期試験があけると、もう中3ですね~ヽ(゚Д゚;)ノ

【 2015/03/06 】 編集
理科
郁ちゃんの場合は、授業が充実しているからテスト勉強で十分な力がつきそうですよね。
先日、一貫校に進んだ小学校の同級生に会ったにゃご。
授業の進度を聞いて、内容も進み具合もずいぶん違うことに驚き、とても刺激を受けたようです。
郁ちゃんのお話はやる気アップのカンフル剤になるかも?
時々よろしくお願いします。

活用できる力=理解していることの確認・・・教科や内容によっては演習ありきなものもありますよね(^-^)
郁ちゃんの理科の問題集、参考になります!
郁ちゃんと郁の母さんが選んだ問題集は、きっと内容の濃いものなんだろうな~と想像します。
受験前、応用の問題集にチャレンジできるくらいの力をまずはつけないと、、、ですね。 苦笑

図録シリーズ購入されたんですね!
あの内容でなんであのお値段なんでしょうね?
元は高校の資料集なのかしら?
夏の自由研究にも使えそう!なんて母は目論んでたりします。
【 2015/03/08 】 編集
Re: *siesta* さま
コメントありがとうございました<(_ _)>

確かに、中学生用の参考書・問題集は学習指導要領に基づいて作成されているのが基本なので、一貫校の場合はあわないケースが多いのかもしれませんね。中学で高校の内容まで一緒にやったりするので。ただ、うちの場合は、学校の教材だけで、いつもアップアップ状態なので、外の教材にまで手が回らないというのが正直なところです・・・^^;(副教材多すぎ)。
正直言えば、理科も、中学の問題集ではやや内容が不足し、高校の問題集だと詳しすぎる・・・、「帯に短し襷に長し」って感じです。ただ、単元ごとの内容が比較的明確なので、テストの出題範囲の単元を探してそこだけピンポイントで利用しているみたいです。

「中3」って・・・どうなるのでしょうね~゜・_・゜~
まあ、時間は容赦なく過ぎていきますから・・・仕方ないですね。
【 2015/03/09 】 編集
Re: にゃごまま さま♪♪
コメントありがとうございます<(_ _)>

私立一貫校の中には、進み具合が半端じゃない学校もありますよね。うちの場合は、そういう学校とはちょっと違うので、たぶんにゃごちゃんたちとそんなに違わないと思いますよ。ただ、枝葉の部分は多いかもしれません(教科書を離れていろいろやっていますから・・・)。
問題集の方は、どうでしょうね・・・。郁の好みなので保証の限りではありませんから、本屋で見かけたら、ご購入の前にしっかり確認してみてくださいね。

図録シリーズ、あれは絶対にお買い得だと思います(*^。^*)v
とはいえ、まだ郁は見ただけで、使ってはいないのですが・・・。活用してくれることを母は期待しています。
たぶん、にゃごままさんがおっしゃるように「高校の資料集」が基本にように感じました。
【 2015/03/09 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する