今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

「ホワイトボードが欲しい!」の解決法

message
本日もご訪問いただきありがとうございます。コメントのお返事は遅れることがありますが、コメントは、楽しみに読ませていただいていますので、感想等、お気軽にコメントしていただけると嬉しいです。
--------------------------------------


中学受験の準備をしていたころ、母が欲しかったものは、「コピー機」と「ホワイトボード」でした。
ただ、どちらも、父に却下され購入できませんでしたが・・・

「コピー機」は、演習問題や過去問を繰り返しやるために問題用紙をコピーをするために必要でした。いちいちコンビニに行くのは手間がかかる・・・。結局は、我が家の複合機のコピー機能が大活躍することに・・・(インク代が嵩みました)。

「ホワイトボード」は、郁と一緒に、問題を解く過程を確認したり、物事の関係性を整理したりするのに使いたかったのです。思考過程の「見える化」をするのは、ノートや用紙の上でもできないことはないのですが・・・、ホワイトボードは消したり書いたりが容易なので、郁の思考過程を書きだして整理しながら、気付きを引きだし、必要に応じて追加訂正していくことができます。そして、最終的にはホワイトボードの上に一つの完成したものが示されることになります。
理科(特に化学や物理)とか社会科では、知識を関連させて理解していくことが必要なので、この過程を通して、「わかったつもり」でいたものが、実は「ちゃんと理解できていなかった(関連付けて、自分の言葉で説明することができなかった)」ことに、自分自身で気づくことができるのです。そのためには、自由に書いたり消したりできて、ある程度視覚的に共有できる大きさの「ホワイトボード」が必要だったのです(希望としては、畳1畳分ぐらいの横長で、足がついていて自由に移動させられるもの)。
でも、結局は、用紙の上に書くことで済ませました・・・。

さて、なぜ突然こんな話になったかというと・・・
現在、期末考査の準備をしている郁が、「『歴史』は、他の人に語ることがいい勉強になる」と言われたということで、歴史を語ってくれるのです。しかし、時系列で整理した出来事をただ聞いているだけでは、出来事の関連性が見えてこない・・・。おまけに、やたら重箱の隅を突っついたような話が出てくる(・・・先生の授業では、結構こういうお話も多いので)。もちろん、それが必要なというのではないのですが、まずは歴史の流れの中で、出来事の関連性をしっかり理解しておくことがまず必要かと・・・。やはり「『ホワイトボード』が欲しい~!!」という思いが再び浮上!!

その時、ふと思い出したのが、上司が仕事で購入していたシート。実際に今年度になって母も使ってみて、場によっては役立つと感じたものでした。それが、これ

セーラー万年筆 どこでもシートセーラー万年筆 どこでもシート
()
セーラー万年筆

商品詳細を見る

職場で使っているものとはメーカーは違いますが、機能は基本的に同じです。どこにでも簡単に貼れて、ホワイトボード用のマーカーを「使えば、書いたり消したりも自由自在。ホワイトボードに比べれば、ちょっと小さいかもしれませんが、何枚か続けて貼れば大きくも使えます。ただ、あくまでも消耗品なので、ホワイトボードのように半永久的に使えるというのもではありません。

場所を取らず、取り外し自由なので、我が家では、このシートを利用して、壁や窓を「ホワイトボード」化しています。
郁は、それを写メって、通学時の電車の中等での勉強に使っているようです。今回から始めたこの方法、さて効果のほどは如何に・・・

追記;でも、やはり「ホワイトボード」がほしいよ~と思う母なのでした。



冬バナー2





スポンサーサイト
【 2014/12/10 】 中学2年生 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する