今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

中学校生活も折り返し地点は過ぎた

ご無沙汰しています。いつもご訪問ありがとうございます。
この季節は公私ともども忙しく、なかなか更新もご訪問もできません。

--------------------------------

さて、先日、保護者懇談会がありました。
今回は、授業参観はなしで懇談会のみの案内でした(4月の行事予定表では「授業参観」となっていたのですが・・・)。学年によっては、学年懇談会や個人面談があるのですが、中学2年生はクラスごとの保護者懇談会のみ・・・。出席するかどうか思案していましたが、日程を見ると、たまたま空いていて、仕事上の調整なく出席が可能な時間でした。元々、こういう機会が少ない学校なので、とりあえず出席することにしました。行ってみると、出席率は非常に高かったです。ほぼ100%でした 


懇談会の初めに、担任と副担任の先生からのお話がありました。
一つ目は、平日の家庭学習時間が少なすぎるというもの。
郁たち2年生の生活調査の結果によると、テスト前を除いた平日の学習時間を、グラフにしてみると下のようになります(縦軸は%)。最も多かったのは1~2時間未満の35.4%だったのですが、1時間未満の子が全体の42.4%もいました。このあたりが、先生のご指摘の根拠のようでした。遠距離通学や部活などいろいろな条件があるものの、いかに時間をうまく管理していくか、そこがポイント。そのためにも、1日の、1週間の振り返りをしっかりやることが大切です。そのために、いくたちはスコラライトという手帳を使っているのですが、この活用方法の差が出るようです。

        勉強時間2



二つ目は、一つ目の学習時間にも関連しているのですが、定期考査の上位と下位の差が大きくなってきているということ。頑張っている子はどんどん点を伸ばしている分、やらない子との点差は開いていく・・・現状があるそうです。
1年半前、受験を経て一緒に入学した郁たち。もちろん入学当初から差がなかったわけではありません。しかし、ある一定のレベルで担保されていたものが、この1年半の間の学習への取り組み方の違いにより明らかな差となって表れてきているようです。高校受験という目標が設定しづらい郁たち。どこに自分の目標を設定するのか、まさに自律性が求められていることはわかっていても、実際にはまだまだ難しい・・・という子もいます。
郁も、口では目標を設定しているように言いますが、実際の行動は全く追いついていません。

先生のお話のあとは、懇談会で、今回は班に分かれて、一定の時間内に、設定されているいくつかのテーマについて自由に意見交換し、最後はグループでどんな話が出たのかを発表するという、子どもたちが授業でやっているグループワークの保護者版でした。クラス全体の懇談では積極的に意見が出ることはありませんがが、小グループになるといろいろと情報交換ができました。思春期に入って、なかなか難しい面もある中、やはり話題の中心は学習のこと。他のおうちの状況を聞いて、驚いたり、納得したり・・・。



考えてみれば、中学校生活も折り返し地点を過ぎました。
これからの過ごし方、関わり方を考えるいい機会になり、行ってよかったと心から感じた母でした。






くりちゃん
読んでいただいてありがとうございました





スポンサーサイト
【 2014/11/22 】 中学2年生 | TB(-) | CM(6)
学年懇談会は宿泊学習前などでないと、
ひよこの中学もほとんどないんだけど、
個人面談は各学年2回あり、中3はそれに進路面談が加わるから、
すごく多いです(@_@;)
やっぱり中高一貫校と公立は随分違うんだね(@。@)
あ・・・・・・でも、その分、学級懇談会の出席率は
郁ちゃんの学校のように高くないです(^^;)

学習時間・・・・・・塾やZ会の話を聞いてると、高校受験をするひよこ達も中1~中2は平均2時間くらいの子が多いみたいです。
受験がなくても、同じくらいの時間を勉強し続けている中高一貫校の生徒さん達は、やっぱり学習習慣がついてるってことですね(*^^)b

ひよこなんて・・・・・・受験がなかったら、
全く勉強しないんじゃないかって思うもの(ー。ー;)
【 2014/11/23 】 編集
やっぱり、出来不出来は、学習量に左右されちゃうよね。それにしても、平日2時間以上の子達もたくさんいるんだね。さすが!(多分、娘の学校だったら、塾以外なら、ほとんどいないだろうな・・・)

塵も積もれば・・・って考えていくと。取り組み時間は大学受験までの6年でも、膨大になるんだなぁ~って。図を見て思いました。

スコラライト、いいですね。そろそろテスト前以外も、計画的にしてほしいけど、なかなか、なかなか・・・です(汗)
【 2014/11/23 】 編集
Re: タイトルなし
マミマミ さま ♪♪

コメントありがとうございます<(_ _)>。
最近は、こちらからの訪問もコメントもなかなかできず申し訳ありません。

うちも、個人面談は年2回あるのですが、如何せん「授業参観」がありません。
今年度は5月に授業参観と学年・学級懇談が1回、そして今回が学級懇談になっ
たので授業参観は1回となりました。小学校の時には1回/1~2月のペースで授
業参観があったので、まだそのギャップに慣れません。
中学校ってそんなものなのでしょうか?

でも、学級懇談会の出席率の高さは驚きです。先月あった部活の保護者会も
出席率は高かったですし、やはり、全体的に保護者の学校(教育)に対する
意識は高いのかもしれません。

今回は自記式アンケート結果なので、調査結果はやや時間が長いほうにバイ
アスがかかっているかもしれませんが・・・。
でも、みんな1日24時間、学校での拘束時間と部活等の時間を考えると、中
学生が家でできる学習時間は限られますから、高校受験があるからと言って、
中2のこの時期に極端に長いということはないのでしょうね。

うちの郁は、テストがないと勉強しません。
一貫校にも、まだ、そんな子がいるので、毎週毎週小テストが設定されてい
ます。
【 2014/11/23 】 編集
Re: タイトルなし
なんちゃって さま ♪♪

コメントありがとうございます<(_ _)>。
最近は、こちらからの訪問もコメントもなかなかできず申し訳ありません。

そうなんです。まだ、この時期は、学習量とテストの出来不出来は関連があるようです。
ただ、学習量は「時間」だけでなく「内容」や「方法」も影響してきますから、同じ時間
やっていても、なかなか出来につながらない場合も・・・。
しかし、この関連のある時期にしっかり学習方法を身につけて、基礎力をしっかりつけて
おくことが重要となります。ここで大きく差をつけられてしまうと、高校入学後、追いつ
くことが難しくなる現状があるようです・・・。
この時期の学習習慣をつけることが、大学受験につながっていくと思うと、目先の成績に
一喜一憂するよりも、まずは、せっかくのスコラライトをしっかり活用して、PDCAサイク
ルがしっかりできるようにサポートするところから始めることが大切かと思っています。
・・・が、期末考査も近づいているので、やはりそっちも気になる母なのでした。


【 2014/11/23 】 編集
懇談会。娘の学校は、一度あるだけかも。
土曜参観・学級懇談会なのですが、
参加される方は少なかったです。
その代り、教育相談(担任と生徒)が多数
それに加えて、三者面談が数回あります。
ポイントポイントで、お話しできるので安心ではあります。

勉強時間....
部活動が終わってから寝るまでの時間。
今まで以上勉強をするのなら、睡眠時間を削ることに。
あとは、勉強のやり方の見直しですね(^_^;)
短時間でもどれだけ集中して能率よく学習するか。
自分にあったものを、
なんとか見つけ出してくれたらと思います。

マイペースながらも、取り組んでいる娘を
応援するのみの、私です。
【 2014/11/23 】 編集
Re: タイトルなし
koharu さま ♪♪

コメントありがとうございます<(_ _)>


koharuさんのところは、個別相談が多いのですね。
娘の学校でも、面接週間があり、年に何回かは先生と生徒の面談はあるようです。
ただ、親に報告はないので何を話したのかはよくわかりません・・・。
保護者を交えた面談は2回/年あります。昨年は2回とも三者面談だったのですが、
今年は1回は保護者と先生の二者面談にしてはどうかとの提案が、今回、先生から
ありました。子どもがいると(お互いに)言いたいことが言えないということも
あるので・・・。希望により、二者でも三者でもOKということになっています。

睡眠時間は重要ですから、そこは削るには限界があります。だからこそ、
「短時間でもどれだけ集中して能率よく学習するか。」は大切だと思います。
ちはやちゃんは、自分なりの方法を見つけておられるようで、羨ましいです。
うちは目先のことだけしか見ていないようで・・・。
まだまだ、これからです。



【 2014/11/24 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する