「職場訪問」に思う

モニマルズ
最近の郁のお気に入り癒しグッズ;もにまるず
この子のために、十数年ぶりにベビーパウダーを購入。懐かしい・・・



もうすぐ、郁たちは職場訪問があります。小グループに分かれて、それぞれが各事業所に行って、見学・説明を聞くというものです。半日だけの訪問なので、実際に「働く」経験するということにはなりません。あくまでも、進路指導関係行事の位置付けなので、キャリア教育としての「望ましい職業観・勤労観及び職業に関する知識や技能を身につけさせる」という意味は少ないみたいです。今は、職場訪問先についての調べ学習の真っ最中。

郁の学校は、理系・医系に強いという傾向があり、入学時から将来についての具体的な目標を持っている子も多いのです。しかし、その中で郁自身は、まだ、真から「○○になりたい、○○がしたい」という具体的な目標はありませんでした。
漠然と、「本が好きだし、図書館のように本に囲まれて仕事ができるといいなあ」
                  ↓
               図書司書→図書館情報学専攻→○○大学
                  ↓
               なかなか正規職員としての就職が少ない
                  ↓
               まず、就職に困らない道に進む
                  ↓
               就職に来困らない・お金が儲かる→資格→医者?!→ 医学科

・・・というレベル。

しかし、今回の訪問先事業をの選択の話を聞くと、ちょっと郁の将来への風向きが変わってきたようです。今回の事業所(企業)の郁の選択基準は、「企業の研究開発が成果を生み、実際に商品に結びついている」ことが見える事業所」。
郁の中に「研究開発のような何らかの成果を生むことができる仕事がしたい!」という思いが湧いてきたようです。

その変化のきっかけかは何だったのかはわかりません。いろいろ学内での講演会とかもありましたし・・・。身近な存在としては、郁が以前英語を教えていただいていた先生が、その英語力を買われて、現在、某有名製薬会社の研究開発部門の通訳兼翻訳として働いておられます(正規職員として)。直接研究に携わっておられるわけではありませんが、論文等の翻訳をしたり、会議等の通訳をしながら、研究者の思いと成果を、世界に発信するお仕事をされています。「専門用語の勉強が大変だけど、やりがいがある」と話されていたそうです。

そんな話もしながら、「そういうかかわり方もあるけれど、私は、直接『研究開発』をして、成果を生みす仕事がしたい!」と言っていました。
これまでも、郁からは「○○する(したい)。」「○○になる(なりたい)。」という言葉は出ていましたが、母には、どこか真からの言葉には聞こえなかったのです。しかし、今回の言葉はちょっと違うかも・・・と感じた母です。先に、具体的な「職業」があるのではなく、「将来、どんなふうに仕事に携わっていきたいか」、もっと大きくとらえるならば「どんなふうに生きていきたいか」を考え始めているのかもしれないなあ・・・と。まだ、具体的なものは見えではいないのですが、工学系ではなく、理学系(生物学や化学系)のイメージのようです。今回の職場訪問先もそういう事業所(企業)。めでたく、第一希望になれたそうです。

まだ中学2年生、13、14歳。みんな、まだまだ、考える時間は十分あります。今回の職場訪問も、自分の将来を考えるための材料として活用していくことができるといいなあ・・・と思う母でした。




※「もにまるず」とベビーパウダーの関係について書くように郁からの注文がつきましたので、ちょっと加筆しておきます。
「もにまるず」は、手でもにもにするのですが、それをやっていると必然的に汚れます。そのため、洗うことができるのですが、洗いっぱなしにしていると表面がべとついた「べとまるず」と化してしまうのです。そのため、その「べとまるず」を「もにまるず」に戻すべくベビーパウダーをまぶすのです。




くりちゃん
読んでいただいてありがとうございました


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

職場訪問!自分の進路先を考えながらの取り組み、いいですネ♪ いろいろ調べたり、体験していく中で、子ども達が自分の道をしっかり選んでくれるといいですね♪郁ちゃん、しっかりしてますね。

娘達の学校では近々3日間の職場体験がありますが、進路を考えて・・・と言うよりも、職場体験させてくれる企業や店の中から選ぶ形なので、なんだかなぁ~と思います。娘は観光業に行きます(笑)まぁ・・・いろんな体験にはなるだろうけどねぇ~・・・一番、向いてなさそう(笑)意外に目覚める?かも・・・期待してます。

もにまるず。なるほど、快適?な触り心地の為には、メンテナンスが必要なんですね(笑)ベビーパウダー・・・懐かしいです(笑)

No title

中学生が一番悩むじきですよね。
この時期に何をするかでいろんな行動がきまってきますね。
私の中学生のころは、今ほど何も情報もなかったら、友達と
戯れる生活でした。

応援ポチしました。

Re: なんちゃって さま ♪

コメント、ありがとうございます<(_ _)>

郁たちも、訪問させていただける事業所の中から、自分が希望するの訪問先を選びました。だから、必ずしもみんなが自分の進路に合った訪問先になっているのではないのだとは思います。ただ、業種は希望とは違っていても、企業の根底にある考え方には学ぶべきところがあるという考えから、事前学習をしているようです。
訪問先は、地元に本社のある企業で、地元から全国、あるいは世界に展開していたり、地元の人たちの生活を支えていたりと、比較的身近なところが多いです。日頃は、消費者・利用者の立場から見ていたものを、今回は生産者・提供者の立場から見ることで、これまでは見えてなかった新しい側面が見えるようになるのかもしれません。

なんちゃってさんのところは3日間もあるのですね。郁たちの職場訪問とは違って、実際に「働く」体験をされるのでしょうね。日頃の娘さんの記事からは、「観光業」は意外ですが、全く知らなかった業界での体験で、新しい発見があるかもしれませんね。日テレの枡アナのような方もおられますので・・・(笑)。
楽しみですね。

Re: 無料情報で、お小遣い稼げる.com さま ♪

コメント、ありがとうございました<(_ _)>

確かに、「中学生が一番悩むじき」なのかもしれませんが、どこまで本気で悩んでいるのか・・・と感じることもあります。まだまだ子どもの部分も多いですね。最近は、インターネットが発達して、情報には事欠きませんが、どんな情報をどう処理するか・・・その方法によって大きく道が分かれてしまうような・・・。
情報が多すぎるのも課題ですね。

No title

こんにちは(^-^*)/
職場訪問楽しみですね!
「職業」について、触れて具体的にイメージすることで
だんだん自分の進む道が見えてくるんでしょうね。
きちんと調べ学習をしてから訪問しよう!という学校の方針も良いと思います。
にゃご達は来月下旬に職場体験がありますが、
事前に学習をするという動きはまだないようです。。。
母としては、単純に働く大変さを分かって欲しい!なんて思っていたけど、
中学生が輝く未来ををイメージするための経験なんですよね(反省)。
働くことにプラスなイメージを持てる良い経験ができると良いです。

余談ですが・・・
「もにまるず」に、にゃごがメチャ反応してます~(≧∇≦*)
たくさん種類があるんですね!
市内に取扱いがなさそーなんてとこまで調べてました 笑

はじめまして

はじめまして。
中学2年の娘の母 こはるです。
娘の学校でも職場体験が行われるそうです。
娘の将来の夢は、子どもとかかわる仕事(できれば「先生」)。
職場の中に「保育園」があったので第一希望のするつもりでいました。
でも、最近になって、ちょっと発想を変え
今までやったことのない、自分には向いてない?と思い込んでいることに
目を向けてみようかな~と話していました。
担任の先生に「夢にまっすぐ進むことも素敵。でも、視野を広げてみることで
もっと自分自身が豊かになるよ。」とアドバイスをいただいたようです。
郁の母さんが言われたように
「自分の将来を考えるための材料として活用していくことができるといいなあ」
と私も思います。
また、ゆっくりお伺いします。よろしくお願いします。

Re: にゃごまま さま ♪

コメント、ありがとうございます<(_ _)>

「職場訪問・体験」は、にゃごちゃんの中学校でもこの時期なのですね。
これって、日本(?)の中学2年生の共通の課題ってこと?!。
ただ、どこにその目標を置くかは学校により違うのだと思いますが・・・。
郁の場合、半日しかありませんから、自分の経験として「働くことの大変さ」までを感じることは難しそうです。とりあえず、どんな思いでどのように事業所が動いているのか、その中でどんな人がどんなふうにどんな思いで働いているのかを、お話から感じ取ることから・・・って感じですね。郁の場合、父だけでなく母も働いているので、比較的「働く」ことはイメージしやすいようにも思いますが、今回は全く違う業種に行くので、新しい発見があることを期待しています。

にゃごちゃんもこのブログを見てくださったのですね。ありがとうございます(*^。^*)。
「もにまるず」は、たまたま、この夏の旅行で出会って、郁が一目ぼれして購入したものです。「もにもに」の不思議な感触がたまらないみたいです。あんなに種類があるのは、知りませんでした。HPみてびっくりです。

Re: koharu  さま ♪

早速のご訪問、コメントをありがとうございます<(_ _)>

娘さんのところでも、この時期なのですね。やはり、全国的に中学2年生の課題?!
考えてみれば、この時期だからこそ、担任の先生のおっしゃるように、自分のこれまで知らなかった、興味のなかったところにも視野を広げてみることができるのですよね。子どもの時は、自分の身近にある(接している)仕事、あるいは知っている仕事の中でしか自分の将来をイメージできないよなところがあるように思いますから・・・。先生の助言は貴重ですね。そんな先生にのもとで行われる娘さんの職場体験、新しい気づきにつながる予感がします(^^)v

こんな拙いブログ(不定期更新)ですが、またお時間があったらお立ち寄りいただけると嬉しいです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: あきこ さま ♪

初コメント、ありがとうございます<(_ _)>。

ご助言の通り、確かにそのことは書きながら気になっていました^^;。
捜そうと思えば、確かに可能な世の中ですから・・・。
記録として残しておきたい部分もあるのですが、公開していることを考えれば
どこまでを公開するかは考えておく必要があるなあと思います。
本人も、ばれるのは困るでしょうから・・・。

これからも、そのあたりを考えて続けていきたいと考えています。
このたびは、貴重なご助言をありがとございました。

これからも拙いブログで、不定期更新なのですがご訪問いただけると嬉しいです。
また、感想等コメントいただけると嬉しいです(*^。^*)
応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ