「東京」土産は・・・

秋のバロン
我が家の長ニャンくんです。
お昼寝の様子にを感じますね。

久々の更新となりました。この間も、ご訪問いただきありがとうございます。
日々、いろいろと楽しい(?)エピソードはあるのですが、更新の時間が取れないことと、もう一つ、郁の掲載許可が出ないことで更新ができませんでした。いろいろエピソードを話してくれるのですが、最後に一言「あ、これブログに書かないでね。」と言われてしまうことが最近増えています。時々郁のチェックが入ってます。

---------------------------------

担任の先生が東京出張に行かれました。
その前に、生徒たちにお土産は何がいいかを尋ねられたそうです。先生の思いとしては「東京バナナ」か「 ・・・ 」というお菓子の選択だったようなのですが・・・。先生のご出張先が「東大」と聞いていた生徒たちが希望したのは・・・。
’東大のロゴ入りのシャープペンシル’
とっさに頭の中で「100円×(クラスの生徒数+副担任)」を計算されたかどうかはともかくとして・・・、先生はそのお土産を了解されました。お忙しい日程の中、生徒たちとの約束を守るために生協まで行ってくださったようで、郁たちはは東大生協(CO-OP)の袋と東大のロゴ入りシャープペンシルをお土産として受け取ったのでした

やはり「東大」は生徒たちにとって「特別」な存在(大学)なんでしょうね。先生の出張先が他の大学だったら、お土産の希望はロゴ入りグッズにはならなかったと思います。
・・・と書いていたら、後ろから郁曰く、
「『京大』だって、欲しいよ

・・・つまり、難関大学ならどこでも欲しいってこと? 
結局、それは、ただのミーハーってことですね 

--------------------------------
学校のロゴ入りグッズ、最近は大学だと多くの学校が作っていますよね。文房具のみならず、大学の研究をもとにした様々な商品があり、「グッズ」以上のものがいっぱいです。国公立大学も独法化して、個々の大学が独自にアピールする必要があり、また独自財源を求められていることから、頑張っているのでしょうね。

中高の場合は、大学ほどではありませんが、文房具を中心にロゴ入りグッズを作っているところは多いのではないでしょうか。中受の経験から言うと、私立の場合、学校説明会の時にロゴ入りのマーカーやファイルをいただいたこともありました。郁の学校にもロゴ入りのグッズ(文房具中心)があり、普段から売店で購入できます。さらに、文化祭等の時には販売コーナーが特設されます。印象としては、小学生の親子が見ておられることが多いように感じます。郁も、小学生の時に立ち寄り、ボールペンを1本購入しました。子どもたちにとって(時には親にも)、憧れの学校のロゴ入りグッズは、時として「お守り」代わりです。

今回の東大土産の話を聞きながら、そのことを思い出した母。郁に、その時購入したボールペンのことを尋ねると、郁曰く、
「えー? そんなの買ったっけ?」
と全く忘れられていました。結局、机の引き出しの奥深く、眠っておられたのですが・・・。郁の友だちの中には、その時に購入したロゴ入り定期入れを大切に使っている子もいるそうです。ただ、入学してしまうと、もうロゴ入りグッズへのこだわりはありません。

さて、今回の東大ロゴ入りシャープペンシル、今は、クラスで担任の授業でみんなで一緒に使おうという申し合わせをして、使ったりしているようです。クラス内には本気で狙っている子もいるはずなので、そんな子たちにとっては、2年後に実際に自分たちがオープンキャンパスに行くまでのお守りとして大事にされるかもしれません・・・。一方、ミーハー郁(たち)は、どうするのでしょうかね 


追記:母は、東大そばにある本郷三原堂の「銀杏道」という最中がお気に入りです






くりちゃん
読んでいただいてありがとうございました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ