今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

適度な距離のライバル

夏休み明けに実施された「課題テスト」が返却されています。

先日、「国語」が返却された日のこと。
休み時間にAくんが満面の笑みで、郁のところにやってきて曰く、
Aくん:「『国語』、どうだった?」
郁  :「平均点+18点 
Aくん:「負けた!

Aくんは、平均点+11点だったらしく、今回こそは「勝てたのでは?!」との期待があったようですが・・・残念。Aくんは、「国語」のテストが返却されると、毎回、郁に結果を聞きに来るのですが、なかなか勝てず、悔しい思いをしているようです(他に「社会(地歴)」も聞きに来ることがあるようですが・・・)。2年生になってクラスが変わったのですが、それでもやってくるAくんなのです。
実は、このAくん、総合成績では郁とは比べものにならないぐらいの上位にいるのです。お家は代々お医者様の家系らしく、もちろん目指すは医学科。ばりばりの理系で、数学や理科は学年のトップクラス。ですから、「数学」や「理科」に関しては、郁には目もくれないのですが、なぜか文系科目に関しては、「郁」をライバル視しているみたいです。1年生の時、「得意科目は?」と聞かれて、「国語」と答えたら、「それは、僕の苦手科目だ!」と言ったというAくん。郁は決して「国語」がトップクラスにいるわけではないのですが、だからこそ、とりあえず、追う目標(ターゲット)として設定されたのでしょうね。
Aくんにんは、「理科」「数学」と、「英語」のライバルもそれぞれいるようです。

もちろん、勉強は人と競うことが目的ではありません。ただ、やはり「ひと」は競うことが好きな動物ですから、身近なところに、適当な距離のあいているライバルを設定した方が頑張れるという面はあります。大切なのはそのライバルとの距離かと思います。あまりにも離れていて少々では手が届かない相手をライバルとしてしまうと、いつまでも追いつけず結局自分には無理と頑張ることをあきらめてしまうことも・・・。Aくんのように、まず頑張れば手が届きそうな位置にライバルを設定し、そこを越えたら、また次の相手を設定するというのはいい方法かもしれません。つまり、Aくん(の国語)にとっての郁は、乗り越える一つの目標であって、競い合う相手という意味でのライバルではないのです。

さて、郁はと言えば、自分より上位の人には事欠かないので、その中から適度な距離にいる人をライバルと設定することは可能だと思うのですが・・・。どうも、その相手との距離が「五十歩百歩」という感じに見えます。まあ、統計学的な分布の考えからみると真ん中あたりは人が集中するので、仕方がない面もあるのかもしれませんが、Aくんのように科目ごとにライバル(ターゲット)を設定するのも一つの方法だろうなあと思います。ライバルとかターゲットとか言っていますが、結局はテストの結果を公表しあうお友だちってことなのです。

郁たちは、ほぼ100%ここの高校に進学します。そのため、「志望校合格」のための成績とか偏差値とかが目標になりにくい状況です。自分で自分の目標を決めていかなければなりません。もちろん、一人でしっかり目標を立ててやっていける人もいますが、まあ、郁なんかはみんなとワイワイ競い合う方が性格に合っていますね。そして、そういう人が多いのが郁の学校かな。だからこの学校の居心地がいい郁なのです。







つきうさぎ
読んでいただいてありがとうございました
もう、明日から9月ですね・・・。


スポンサーサイト
【 2014/08/31 】 中学2年生 | TB(-) | CM(2)
No title
教科毎のライバルって、発想が面白いですね。なんだか、友達の力も、すごく分析してるんだねぇ~。確かに、ふわふわとした大きな目標よりも、現実的に切磋琢磨しあえる関係の方が、解りやすそう。

上に向かって努力しあえる仲間がいるというのは、有難いなぁ~って。最近、特に思います。郁ちゃんにも、Aクンは、いい刺激になってそうですね♪
【 2014/09/01 】 編集
Re: なんちゃって さま ♪
コメント、ありがとうございます<(_ _)>

上に向かって努力しあえる仲間っていいですよね。
特に、自分の苦手科目については、具体的なライバルがいた方が励みになりそうです。

確かに、「友だちの力」を分析しているから、科目ごとにライバルを決めることができているんですよね。
つまり、「友だちの力」を分析できる力がないと、適切なライバルが決められないってことですね。
勉強だけでなく、いろいろな意味で人には得意なこと、苦手なことがあります。相手のそこに気づけるようになると、相手を認めて上手に付き合っていけるのではないかと思います(もちろん自分自身についても)。そういう意味でも、「友だちの力」を分析できることって、大切かもしれませんね。



【 2014/09/02 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する