今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

♪管弦楽部だより ♪♪

7月に入り、管弦楽部の定期演奏会まであとひと月あまりとなりました。
定演の初舞台を踏む郁たち中学2年生はそろそろ衣装の準備が話題になっています。

定演での女の子の衣装は白のブラウス(長袖もしくは七分袖)に、黒のロングスカート。それ以外は、何の規定もないので、素材、デザインは自由です。つまり、部活等で一括して購入するのではなく、各自が自分に似合うもの(好きなもの)を自分で準備するということなのです。同じ黒いロングスカートと言っても、素材やデザインにより結構印象が違います。そういえば、昨年のコンミスのロングスカートはなかなか華やかでしたね。まあ、コンミスはオーケストラの主役ですから・・・。
今年の郁は、1st-Vnの末席なので、舞台ソデから一番近い位置となります。舞台上で歩く距離は一番短い場所ですね。
とりあえず今回は、最初なので、一番オーソドックスなサテンのフレアースカートにしました。裾も踏んで転ばない程度に心持短め・・・。ブラウスも、比較的オーソドックスなオーバーブラウスを選びました。
と言っても、実は、裾上げや袖丈の調整が必要なので、手元には届いていないのですが・・・。
仕上がるのが楽しみです。

----------------

6月の話になりますが、父と2人で管弦楽部の文化祭コンサートに行ってきました。
体育館で行われるこのコンサートは、定演とは異なり、毎年、管弦楽部おそろいのTシャツで演奏します(指揮をされる顧問の先生も一緒)。このTシャツは、その期の曲に合わせて毎年作られます。色やデザインを決めるのは運営学年の先輩たち。今期は、リトルマーメイドをイメージしたアクアブルーのTシャツでした。

                  
毎年、体育館前には開場時間の30分以上前から列ができます。
2年前、小学生だった郁と初めて行った文化祭。開場15分前ぐらいに体育館の前を通ると既に列ができていてびっくりしました。そこで並んで待っていると、おそろいのTシャツを着た数人の女の子が短いスカートを翻しながら走って横を通り過ぎました(今考えると、午前中のクラス企画を終えてやってきた中学生たちだったのでしょう)。その時は、あんなふうになりたい・・・という憧れで見ていたのだと思います。
去年は、無事に入学できて管弦楽部に入部したものの、まだオケに入れてもらえずTシャツももらえませんでした。もちろん文化祭コンサートは観客の一人として鑑賞ということに・・・。そして、今年、やっとTシャツをもらい、オケの一員として演奏できることになりました。2年前に見た光景のように、今年は郁たちがおそろいのTシャツで、並んでいる母たちの列の横を通り過ぎていきました。郁にとっても、母にとっても、長い2年間・・・だったのかもしれません。
成績のこととかいろいろ思うところはあるのですが、ここでみんなと楽しそうに演奏している郁を見ていると、これでいいのかもしれないと思えた母でした。

文化祭コンサートは、定演の演目のダイジェスト版です。ただ、昨年の状況から言えば文化祭コンサートより定演の方が格段上手くなります。会場の音響の違いもあるのでしょうが・・・。期末が終われば、夏休み、そして管弦楽部では定演に向けての強化練習が始まります(こちらの記事に昨年の先輩の強化練習の時の様子が少しだけでています)。定演前の最後の追い込み、毎日、ヘロヘロになるまで鍛えられそうです。初体験の郁たち、さてどうなるか・・・。

・・・でも、その前に「期末考査」が大きく立ちふさがっています。さて、こっちはどうする?






vaiolin0901
読んでいただいてありがとうございました


<お知らせ>
最近、ブログの更新が滞り気味になっております
にもかかわらず、ご訪問いただきありがとうございます。これからも、その時々により更新ペースはいろいろになりますが、ブログは続けていきます。また、お時間がありましたら、時には訪問していただけると嬉しいです。
今後とも、よろしくお願いいたします



スポンサーサイト
【 2014/07/06 】 中高管弦楽部 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する