教科書って・・・;驚きの一言?!

「そういば、2年生になって、『数学』の教科書を開いたことがない。」

えっ、ええー?!!!

郁が、ふと言った一言にびっくりした母です
・・・その理由は、授業で先生から開くように指示されたことがないからなのだそうです。
いったいどうやって授業が進められているの?

今は、連立不等式をやっているのだそうで、昨日は、某有名校の入試問題を解いたとか・・・。グループであーでもない、こーでもないと頭をひねって悪戦苦闘だったようです。何とか方向性は見えたようですが、まだ答えを導くところまではいっていないらしく、この授業は「次回につ・づ・く」なのだそうです。
郁曰く、「楽しい~

-------------------------------------------

郁の学校は一応数学も英語も検定教科書を使用している(ことになっている)が、どう使われているのかよくわかりません。そういえば、5月の2年生の最初の授業参観は「数学」でしたが、教科書とは全く関係ない(ようにみえる)ことをやっていましたね。あれは、参観日用の特別授業かと思いましたが・・・、あの授業も「次回につ・づ・く」でした。

数学も英語も郁にとっては楽しい授業のようです.まあ、型通りに教科書の内容を説明されても、確かに面白くないとは思いますが・・・、その裏で、中学生としての学ぶべきもの(学習指導要領が求めているもの)は大丈夫???と、思わず不安になる母なのでした(特に「数学」は・・・)。 授業時間数が極端に多いわけではないので、(超)応用問題をやっている時間数分、基本的な部分を学ぶ時間が圧縮されていることになります。最初に基本的な部分を学習しているのだとは思いますが、みんなさっさと理解してしまうのでそのまま(超)応用問題に突入・・・って感じなのかもしれません。

この学校の「(学ぶ)楽しさ>」を、本当に意味で実感し、活かすためには、郁にはまだまだ努力が要りそうです。
郁は、このことわかっているのかなあ・・・

----------------------------

大学入試センター試験の後継となる「到達度テスト・発展レベル(仮称)は、早ければ2021年春に入学予定の受験生から実施する方向で検討されていると新聞に載っていました(2回/年実施)。つまり、現在の小学校6年生からが対象。
このニュースに、ちょっとだけ安堵した母です。ただ、浪人はちょっときついですね。この予定で行くと1学年下の現中1が、現行制度の最後の学年となりますから・・・。
やるべきことができていれば、入試制度がどう変わろうとこわくない!!というものなのかもしれませんが、実際は気になります。




123buta
読んでいただいてありがとうございました


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

数学の授業、楽しそうですネ♪ 考える訓練が出来るのって、貴重だなぁ~と思います。娘の学校では、導入に、いろいろ考える問題はやるようですが、あくまでも、カンタンなモノが多いみたいです。確かに、計算関係は、繰り返しが必要ですが、数学の本当の楽しさを味わえるのは、羨ましいです♪

入試制度が変わると、先の見えなさが倍増ですね(涙) 娘達の学年は、ミレニアムベビーで受験人数も多いと思うので。なかなか、厳しくなりそうですね。ウチも、まったく解ってはなさそうです(涙)

Re: なんちゃって さま ♪

コメント、ありがとうございます<(_ _)>

「考える」ためには、問題のレベルの選択が重要ですね。カンタンすぎると、出来る子にとっては、先生が考えさせたいことが見えてしまいますから・・・。小学校の時はそのパターンが多かった郁ですが、今は、あっぷあっぷ状態です。今回の問題は、いつもは比較的早く解いてしまう子も解けなかったようで、そこがまた郁たちにとって、楽しかったようです。中学受験を経ていても、やはり差はあります。公立学校だともっと差がある可能性が大きいので、「何を考えさせるか」の選択は難しいように感じます。
ただ、郁は計算速度が↓↓↓なので、考え方はOKでも、最後の解答は違う・・・というパターンになりがちなのです。なので、せっかくの「わかった!(^^)!」の喜びも半減・・・。本当にもったいない!
郁の学校では、数学以外の科目でもその傾向が強く、地理とか歴史とかでも、なぜか教科書にないところばかりがやたら詳しくなっています。楽しくていいけど・・・、高校受験には向かないかも。

娘たちの学年は、ミレニアムベビーだったのですね。郁が早生まれなので、そのことは意識していませんでした(*_*)。人数が多いのですね。入試制度が変わる直前の受験となるので、ますます狭き門になってしまうのかも・・・。まあ、学年で条件はみんな一緒なのですが、なんとなく落ち着かないです。

応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
未分類 (7)
ご挨拶 (4)
ヴァイオリン (34)
日々の出来事 (29)
弦楽部 (6)
本棚 (3)
想い (14)
学習 (37)
小学校 (11)
中学校生活 (22)
中学1年生 (79)
部活動 (5)
中学生(塾) (4)
中学生(Z会) (3)
中高管弦楽部 (26)
中学2年生 (64)
しあわせにゃんこ (2)
中学3年生 (70)
母の日記 (3)
高校1年生 (33)
大学選び (5)
大学受験 (13)
高校2年生 (14)
月別アーカイブ