今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

コピペと言われないレポートの書き方

蝶5月 撮影:郁の母
たまた出会いました。
久しぶりにこんなきれい蝶に出会ったような気がして、思わず携帯で・・・


2年生なって、授業後にレポートを書くことが増えた郁です。中学生なので、ワープロではなく手書き。レポート用紙を購入するように言われました。
書いているのは主に理科の「実験レポート」。まあ、実験レポートは、基本的な構成(書き方)が決まっていますから、何を書くべき項目には困りませんが、どう表現するか、そしてどう考察するかが思案のしどころです。

「考察」となると、自分の一方的な感想・思いだけで書くことはできませんから、何らかの文献が必要。最終的に実験1、実験2の結果をどう解釈するか、そう考えた根拠は何かを示さなければなりませんが、あまりにも基本的な実験だとそこが意外に難しい・・・。

既にいくつか提出したものが返却されたのですが、みんな検印があるのみで、何のコメントもなかったそうです。いろいろ迷いながら書いたレポート。そのレベルも様々だったみたいです。これでいいのか、もっと改善したほうがいいところがあるのか・・・、一言でも助言があると、次につながるような気がするのですが・・・。

図表にはタイトルを付ける(原則として図は下、表は上)とか、図表には番号をつけるとか、文献の引用の仕方、引用文献の書き方とか・・・基本的な知識もまだまだ教わっていない様子(仕方がないので、母が教えてます)。せっかくなら、最初から意識して書けるように指導されていれば、大学生になって困らないのに・・・と思う母でした(最近の大学では、初年次教育として「レポートの書き方」なんていう授業があったりします)。

-----------------------------

さて、そんなこともあってレポートの書き方に関する本を探してみることにしました。
amazonで検索すると、出てくる、出てくる・・・。
その中で、郁がちょっと面白いタイトルの本を見つけました


コピペと言われないレポートの書き方教室: 3つのステップコピペと言われないレポートの書き方教室: 3つのステップ
(2013/07/26)
山口裕之

商品詳細を見る


amazonの内容紹介に「この本では、『コピペ』と言われないためには具体的にどうすればよいのかを、最重要ポイントのみに絞って、大学生のみならず中学生、高校生にも読めるように、できるだけ簡単に説明します。」と書いてあり、中学生でも理解できそうだったので購入してみました。

タイトルの通り「コピペ」と言われないためにはどうすればよいのかを説明した本です(以下、ページ数を書いているものはこの本の引用頁です)。7つの基本ルールを3つのスッテプに分けて具体的な方法が説明されています。
そのポイントを目次から抜粋すると・・・
---------------------------------------------
【ステップ1】「コピペ」と言われない書き方・基礎編
ポイント①:情報源は引用と出典で明示する
【ステップ2】「コピペ」をしようと思わなくなるための方法
ポイント②:複数の情報を確認する
ポイント③:反対意見、反対の例示を常に探す
ポイント④:「論じるべきこと」を見つける
【ステップ3】「引用」を活用した文章の構成
ポイント⑤:「思う」は禁句
ポイント⑥:接続詞を入れる
ポイント⑦:具体的な結論を出さす
-----------------------------------
筆者によると(出典:はじめに-ⅷ-ⅸ頁 <コピペと著作権法>)、「盗用」と「引用」の違いは、情報源を明記するか否かにあるのですが、何でも出典を明記すればいいというものではなく、著作権法(第三十二条)による「公正な慣行」が守られていることが必要なのだそうです。ちなみに、「公正な慣行」とは次の3つです。
【主従関係】引用文が、作品全体の一部分(従属的な部分)にとどまっていること
【明瞭区分性】カギかっこでくくるなどして、それが引用であることをはっきり示すこと
【出所表示】どこから引用したのか、出典を明示すること
                         

・・・納得 

100頁に満たない本ですが、知っているようで、実は正しく知らなかったということが、具体的によくわかる本でした。筆者自身が最後に述べているように(93頁)、この本は理系の「実験レポート」には直接的に対応していません。しかし、とても大切なことを考えさせてくれます。母が思うに、筆者が最も問いたかったことは、レポートの書き方の問題以前に、課題への取り組みの姿勢や「考える」ことや「意見」ということばの意味だったのではないかと感じました。

中学生の郁に、すぐにできることではありませんが、「自分の意見を根拠づけて主張する力(98頁)」を身に着けることは、これからの社会を生きるためには必要なことです。この本は、レポートを書くという行為を通して、その力を身に着ける方法を教えてくれます。たまたまタイトルに惹かれて郁が選んだ本だったのですが、わが家にとっては、の本でした。
実は、ちょうど試験前だったので、郁はまだ読んでいません。試験が終わったら、是非読んでほしいですね。今は、ピンと来なくても、高校生になったときには必ず思い出すはずです。

最後に筆者の言葉を郁に送りたいと思います。
-----------------------------
「根拠ある意見」を言える人へと成長していってくれることを、
心から願っています(86頁)
-----------------------------

以上、母の個人的な感想文でした。




ジャンプ
読んでいただいてありがとうございました




にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ




スポンサーサイト
【 2014/05/21 】 中学2年生 | TB(-) | CM(6)
郁ちゃんの学校、良いなぁ~♪

全ての公立中学が・・・・・・という訳ではないかもしれないですが、
ひよこの学校の宿題は、ほとんどがワークの問題を解くようなものばかりなんですよね(@_@;)
レポートっぽいものって、ほとんど長期休暇の宿題にしか出ません(^_^;)
そうすると、論理的な文章ってほとんど書かないんですよねe-330
最近は、読書感想文や作文も必須でないので、論理的でない文章もあまり書いていないようですが。。。(^。^;)

郁の母さんの仰るように、参考文献や引用の書き方も、中高生の間に少しでも学べると良いですね(*^^*)
【 2014/05/21 】 編集
タイムリーです♪
レポート作成を、学校でさせてくれるのって、いいですね♪ 羨ましいです。どうしても。個人で取り組むしかないので、手探りです。

娘は、読書をしないボキャ貧なので。レポート等は、他の子の何倍も時間がかかります。今日も、娘と、今年は記述の勉強をしないといけないね・・・と、話していた所でした。

だんだんと。参考文献からの引用と。自分の考察と。キチンと整理して組み立てられるようになるといいなぁ~と思います。
【 2014/05/21 】 編集
Re: マミマミ さま ♪
コメント、ありがとうございます<(_ _)>

「レポート」と言っても、そんな大層なものではありませんよi-201
全然、論理的な文章にはなっていません。
ただ、とにかく文章として伝える努力をするってところですね。
口頭では説明できても、文章として伝えるのは、さらにステップUP
しないとできないので。
相手が、自分の伝えたいことを理解できるように、順序立てて、
根拠を付けて文章にする・・・一つの練習過程という感じです。
まあ、大人だってそう簡単にはできませんから・・・。

逆に、ワークとかほとんどないので、必要な知識が身についてい
るのかどうか・・・、実はそっちが怪しかったりします(>_<)。
「実験」は誤差等もあって、教科書通りにはいかないことも多く、
そこをきちんと教科書等を確認しながら考察していかないと、
思わぬ結論になる可能性も・・・。

中学生のうちは、基本的な知識を身につけることも必要なので、
ワークもレポートも、どちらもバランスよくやっていければい
いように思います。

【 2014/05/22 】 編集
Re: タイムリーです♪
コメント、ありがとうございます<(_ _)>

なんちゃってさんのところは、科学研究に関しては指導も受けられており、
論文にもまとめられているので、理系のレポート作成手法はしっかり身につ
けておられるのではないでしょうか。
助成金申請の研究計画書とかは、文章で、自分の考えを相手に伝えることに
なるので、「論理性」がなければ伝わらないし、伝わらなければ採択されな
いはずですから・・・。
個人で、ご苦労も多いと思いますが、確実に力になっていくことと思います。

郁は、読書量は群を抜いていますが、レポートの作成にはあまり影響している
ようには見えません。読んでいる本の問題なのかもしれませんが・・・。
小説だと、文章表現や語彙力は上がりますが、論理性は・・・着きませんね。
逆に、実験レポートに思わぬ文学的表現が入っていることもあり、思わず、
笑えてしまえることもありますよ。

中学生ですから、まだまだこれからですね。
【 2014/05/22 】 編集
参考になります
うちの息子はレポートどころか読書感想文すら苦手です・・・
小学校時代、毎年夏休みに苦労しました(;´Д`)

でも、高校、大学、社会人になって・・・と、先々のことを考えたら、
>「根拠ある意見」を言える
って、本当に本当に大事なことですよね。


とても読みやすそうだし参考になりそうなので、私も注文しちゃいました。
郁の母さんの感想を読んで、私自身のために読んでみてもいいかな、と。

まねっこしちゃってごめんなさいー(;´Д`)
【 2014/05/24 】 編集
Re: さとるはる さま ♪
コメント、ありがとうございます<(_ _)>

うちの郁も決してレポートや読書感想文が得意なわけではありません。
うちは、中学校になっても読書感想文の宿題があって・・・、昨年の
夏も苦労しましたよ(^_^;
まあ、本を読んだからと言って、一朝一夕で書けるようになるわけで
はないのですが・・・。
それでも、少しは考えてくれることを期待しています。

本、届きましたか? 個人的には、大変勉強になったのですが、
さとるはるさんにも何らかの参考になっていれば幸いです。
また、感想をお聞かせくださいね。



【 2014/05/25 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する