今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

1年生修了(その2);学校生活の振り返り

郁の中1生活はもうすぐ終わりです(一応、3月31日までは1年生?)。
振り返ると、あっという間の1年間でした。とにかく、1年間無事に過ごせたことに感謝です 

さて、学校生活を振り返ってみると・・・


郁の学校には桜があった? 母は全く記憶にございません。
知った人がだれ一人いないドキドキの入学式(親も子も)。にもかかわらず、翌日には、じゃんけんで勝って、自ら立候補したクラス代表委員になって帰ってきました。優秀な(と思われる)クラスメイトの中で、母としては「おいおい・・・、君でいいのかい?!」って感じでしたが、まあ、みんなお互いによく知らないのですから、ある意味誰でもよかったのでしょうね(だから、立候補者によるじゃんけんで決まった)。結果として、優秀ではないクラス代表委員だったことが、逆にクラスをまとめることになりました。そして、郁にとっては、クラスや学年の枠を超えたつながりを広げる機会になりました。毎日出席簿を取りに行くことで、教務部の先生とも顔見知りになれて、よかった・・・のかな?

入学前から楽しみにしていた図書室。蔵書○万冊以上を誇る中高図書室は郁にとっては夢の国。ゴールドカードとなり貸出冊数が増えた郁。宮部みゆき、東野圭吾、辻村深月など読破。ほしいものは何でも出てくる図書室のおかげで、我が家の図書費はぐんと減りました。もちろん、図書司書さんともすっかり顔なじみで、最近は新着図書のおすすめなど教えてもらっています。

電車を乗り過ごして、隣の県まで行っちゃったのも、この時期でした。


プールで溺れかける、壁倒立で床に突っ込む(?)・・・。運動音痴のくせに怖いもの知らず気味の郁。このことは体育の先生のみならずクラスメイトにも十分周知されました。「あいつは、ほっとくと危ない!」という温かい見守りの中、無事にプールの授業も終了。しかし、高3までプールってあるはず・・・。前途多難かも。

管弦楽部の定期演奏会。先輩たちの演奏を客席でしっかり聞かせてもらった郁たち1年生。次の定演は、みんな舞台の上です。


後期は、毎日の行き先が「教務部」から「保健室」に変わりました。「保健委員」として保健板を取りに行くのが日課に・・・。養護教諭やカウンセラーの先生方にもしっかり覚えていただきました。朝時間に余裕がある時には、保健室で一緒にお茶を飲みながら、担任の愚痴を言う関係にまでなったとか・・・。始業までの時間、睡眠不足解消のためにベッドを占拠する高校生とも顔見知りに(通学電車の都合なのか、早く登校して、保健室で寝ている高校生がいたようです)。酒精綿の作り方は覚えたらしい・・・(未だに、「酒精綿」作っているの? ちょっと驚き)。保健委員を極め、いずれは、「保健委員長」になりたいのだそうです(ちょっと不思議)。

体育祭のクラス対抗競技で優勝、クラスマッチでも総合優勝。郁の運動音痴を余裕で(?)しっかり補ってくれるクラスメイトたちでした。


待ちに待った管弦楽部の東京遠征、他校との交流会。初めての強化練習にヘロヘロになりながらも何とか乗りきり、無事に初舞台。先輩たちに可愛がられて、今ではすっかり「管弦バカ」です。何よりも部活優先・・・、家族旅行もお預けの我が家(お金がかからなくて親は助かる・・・)。東京遠征や他校との交流会など、高校生が中心のイベントに一緒に参加することができ、その経験を通していろいろな面で成長できた1年でした。

-----------------


いつのまにか、小学生の面影はなくなり、どこから見ても立派な「中学生」 



こうして振り返ってみると、
充実したよい1年でしたね。期待通りの学校でした。もちろん、いいことばかりではなかっとは思いますが、よいお友だち、先輩たちに恵まれて乗り切れたのだと思います。よく頑張りました。4月からは、いよいよ2年生。後輩もできます。どんな1年になるか、楽しみですね。期待しています。

1年生修了おめでとう




チューリップ
読んでいただいてありがとうございました




にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ

スポンサーサイト
【 2014/03/25 】 中学1年生 | TB(-) | CM(5)
1年間ってホントに速いですねe-454
郁ちゃんにとって、すごく充実した1年間で良かったです(*^^*)
思い出いっぱいできましたよね♪

来年度の思い出NO.1は定期演奏会出演になるのでしょうか?
すごく楽しみですね(^m^*)

そして、最後に郁ちゃんの学校の蔵書数、羨ましいなぁ~♪
なんて思っちゃいました。
ひよこも図書館の蔵書数の多い高校に行きたいと言っています。
とすると、私立の方が多いのかな・・・・などと思う親なのでした(^_^;)
【 2014/03/25 】 編集
この振り返りを読みながら、
そのときどきで読ませていただいた記事が、
ひとつひとつ思い出されました。

春・夏・秋・冬、
あっという間でしたね。

私も振り返り記事を書こうと思いつつ、まだ手つかずで…(`-д-;)ゞ

つづく中2はどうなるんでしょうね。
息子はいっそう部活の比重が高まるのが必至で、
勉強時間の確保がますます難しくなりそうです。
どうなることやら。
【 2014/03/26 】 編集
Re: マミマミ さま ♪
コメント、ありがとうございます<(_ _)>

本当に早い1年でした。
すべては、「思い出」というより、まだまだ更新中という
感じですね。来年度は、「管弦」一色に染まりそうな勢いです。

郁の学校の図書室は、HPから蔵書検索や新着図書の案内を
見ることができるので、郁は入学前からチェックしていま
した。ラノベから岩波の全集まで・・・、何でもありって
感じです。保護者も貸出カードが作れるので、もっと近け
れば母も活用するのですが、いかんせん学校までの旅費で、
本が何冊か買えてしまえます・・・(笑。

学校が図書購入費にどれくらいの予算をとるか・・・、
学校の図書に対する考え方で、蔵書数の差ができるのでしょ
うね。ただ、受験や勉強のためだけなら、必要な本は限られ
ますから・・・。確かに、蔵書数も学校を選ぶときの一つの
チェック項目になるかもしれませんね。

【 2014/03/26 】 編集
Re: *siesta* さま ♪
コメント、ありがとうございます<(_ _)>

一緒に振り返っていただいて、ありがとうございます。
ブログって、不思議ですね。
こういうコメントをいただくと、お会いしたことのない*siesta*さん
のことも、とても身近に感じて、もう、以前からのお友達だったような
気がしてきます。

いろいろあった1年でしたが、気が付けば終わってしまいました。
本当に早かったです。
2年生になると「いっそう部活の比重が高まるのが必至」なのは、うちも
同じですよ。もともと少ない家庭学習時間。もうなくなりそうです(T_T)
入試制度改革の過渡期になりそうな学年です。
何が起こっても動じないだけの基礎学力はつけておいてほしいものです。

【 2014/03/26 】 編集
でんでん さま ♪
コメント、ありがとうございました。
こちらの手違いで、コメント消えてしました。ごめんなさい<(_ _)><(_ _)>
しかし、メッセージはしっかり読ませていただきました。お許しください。

本当に、充実した1年だったといえるのでしょうね。
毎日「部活」のために学校に通っていました。授業の方が付録って感じで・・・。まあ、確かに、こういうのは今の時期のだけの特権かもしれませんね。大学でも部活はありますが、やはり中高時代とはちょっと違うような気がします。
2年生になると、ますますその傾向は強くなりそう・・・。とりあえず、高校入学がなんとか確約されているのが(母の精神的な)救いです。

「夢の国」には、うちも小学校の中学年までは毎年のように行きましたが、最近はご無沙汰です。家族と行くより、お友だちと行きたい年齢になったようです。ただ、うちは遠いので、その機会はまだまだ先になりますね。
【 2014/03/30 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する