1年生修了(その1);学習面の振り返り

届きました。
簡易書留で、宛名は郁本人ではなく、保護者である父の名前。さらに厳封された上で「親展」と明記されていました。ここまで念を入れられると、いくら母でも開封は躊躇。そこで、仕方がないので昼寝中の父を起こして、開封をしてもらいました。もちろん、中身はそのまま母の手に・・・。その中身とは、「学年末考査個人成績票」と「通知表」です。

---------------------------

【学年末考査の振り返り】
今回の考査の目標は、各科目ごとに設定されている目標点を全科目でクリアすることでした。結果は、2科目を除いて何とかクリアできていました。目標点がクリアできなかったのは「地理」と「生物」。地理は、80点台後半を確保していましたが、目標点が100点ということで届かず。担当教員が100点と設定する問題だけあって、問題の難易度が高くはなかったようで、97点以上が10人以上いました。「生物」の単元は人体。腎の濃縮率や神経伝達速度の計算をことごとくミスってました。「生物」も、これからは暗記だけではダメってこと?! 前途多難です 
ただ、成績(順位)としては頑張っいて、2学期に大きく下降した成績は1学期レベルにまで戻っていました。今回は、考査の準備段階で母は口を出さなかったのですが、自分なりに計画を立ててやっていたようです(計画は紙に書き出すことなく、郁の頭の中だけにあったようですが・・・)。その成果ということでしょうか。1年生の進路指導目標には「各教科の学習法を身につける」、「家庭での学習習慣の確立する」というのがあります。郁も、なんとか自分なりの学習法を身につけることができ始めたのかもしれません。完成するまでには、もうしばらく時間が必要でしょうが・・・。今回は、よく頑張りました

【通知表を振り返って】
今回は、学年評価ということで、1学期、2学期の成績も含めての総合評価です。そのため、学年末考査で頑張ったことが、そのまま数値には反映されません。学年評価としては、まあまあ・・・と言ったところです。義務教育期間なので、母としてはもう少し上の評価を期待したいところですが、父としては、受験後の集団の中でこの成績なら、今の時期としては頑張っていると評価していました。まあねぇ、確かに一理あるかも・・・。
学年末の頑張りで、2学期に下げた「数学」と「国語」は上がっていました。最大の課題は2学期に下げたまま上がらなかった「英語」ですね。観点別評価でもB評価が一番多いのが英語。やはり、もっと丁寧にやらねばなりません。

まあ、結果はどうであれ、無事通知表が届いて、1年生修了です。
1年間、よく頑張りました
現時点では、郁自身、先を考えて、もう1ランクさせたいと思っているようです。2年生での更なる頑張りに期待しましょう。

そういえば、通知表と一緒に春休みの課題一覧も届きました。Aちゃんのお母さまの予言通りでしたね。まあ、その量は想定の範囲内でした。とはいえ、終業式の翌日から「管弦ライフ」まっしぐらの郁です。今月末には3泊4日の初合宿が待っています。いくら想定内の課題量とはいえ、早めに計画的に進めないと始業式前が大変なことに・・・。「一年の計は元旦にあり」と言いますが、子どもたち(学校)にとっては新学年の始まりが「元旦」にあたります。そこを切羽詰まって課題を片付けていることがないように・・・、お願いしたい母です。


次回は、学校生活の振り返りをする予定です 


お勉強ABC
読んでいただいてありがとうございました




にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
うちも、2学期、3学期ともに成績表は郵送で送られてきました。
面談がないと、学校での様子などを聞く機会が
なくなってしまうので、少し寂しいですね。

お子さんは、もっと上を目指そうという
高い志を持っているのが羨ましいです。

我が家の封筒は親展&厳封してあるのに、息子が私より先に
開封して結果を見てしまう始末(-_-;)
まずは、親展と厳封の意味から教えなきゃ。

Re: CREA さま ♪

コメント、ありがとうございます <(_ _)>

もしかして、「通知表」の送付って、私立とか一貫校ではよくあること?!
入学前には、「通知表」の受け取り方まで確認していなかった(当たり前
ですが・・・)ので、1,2学期が3者面談だったことにも驚きましたが、
3学期はいきなり郵送・・・で、そのギャップにびっくりでした。
本人に渡すという選択肢はないということですね。
授業料を出している保護者への通知ということなのでしょうか。
まあ、テストの解答用紙は本人に返却されているので、そこまでは、本人
のものということなのでしょうが・・・。

中学生になると、学校のことやお友だちのことを家では話さなくなる時期。
特に男の子は・・・。そうなると、面談や懇談会は貴重な機会になりますね。
うちは、授業参観&クラス懇談会が2回/年しかありません。ほかに3者面談が
2回。3学期は一度も担任の先生にお会いすることはありませんでした。

今回は、部活で娘がいないときに届きました。だから、問題なく「保護者」が
開封しましたが、うちも本人がいたらどうなっていたか・・・。
たぶん、CREAさんのところと同じですよ。

Re: 鍵コメ さま ♪

ご丁寧にコメントいただきありがとうございました<(_ _)>

ちょうどお忙しい時期だったので、ご迷惑かなと思いつつ
書かせていただきました。
そんなにお気にされませんように。


応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ