もうすぐ「中学校卒業式」

一概に中高一貫校といっても、中等教育学校でない限り、制度上では中学校と高等学校という2つの学校が併設しているものとして扱われ、中学校を卒業すると、併設されている高校へ進学することになります(もちろん、他の高校への進学も可能)。だから、中学校の卒業証書があり、卒業式が行われます(たぶん、多くの学校で・・・)。

先日、郁は管弦楽部の中3の先輩への色紙を書いていました。
・・・と言っても、元来、管弦楽部は中高一緒に活動しているので、3月末の春合宿には、(卒業した)中3生もそのまま参加することになっています。そんな部活では中3年生への色紙は、「卒業のお祝いの色紙」であって、そこに「別れ」という感覚はありません。
------------------------------------------------------------------------------
いよいよ○○色の制服ですね。憧れです♪ 
高校に進学されても、よろしくお願いします!!
------------------------------------------------------------------------------
などという、メッセージが並んでいるようです。
なんだか不思議ですね。

中1の中では、一番ノリのいい子たちが多い郁のクラス。卒業式を前に、担任の先生が注意されたことは、一つ・・・。
「たとえ、『今生の別れ』のような挨拶があっても、厳粛な式の間は、絶対に笑ってはいけない!」ということだったようです。まあ、状況判断ができない子たちはいないので、先生としては、半分は冗談だと思いますが(半分は本気だったかも・・・)。

同じ敷地内で、中学校校舎と高校校舎は特別教室棟を挟んで渡り廊下でつながっています。事務室や保健室等は高校校舎にあるので、中学生も校舎への出入りは自由。特に制限はありません。だから、学校の環境的には変わりません(先生方も同じ)。しかし、いろいろな意味で自分たちが判断できること(自由度)が増えます。中学校で学んだ自由・自主・自律の芽をしっかり開花させることができます。そんな高校生は、やはり中学生にとっては憧れ。郁も、「高校生になったら、○○先輩のように○○したい」ってよく言っていますから・・・。

同じ校内にいても、中学生と高校生とでは求められるものは変わってきます。中学校の卒業式は、中学生としての自分にけじめをつけるために必要な場なのでしょう。

どんなお式になるのでしょうか。
もうすぐ、中学校での初めての卒業式に出席する郁たちです。





お祝い花束
読んでいただいてありがとうございました




にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ