今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

期末考査終了;本日テスト返却日!

2学期期末考査は、無事に(?)終了しました。
そして、今日は、期末考査恒例の「テスト返却日」です。

この日は、中学生も高校生も1日かけて、すべての期末考査の答案用紙を返却してもらと同時に解説授業を受けます。通常の授業はありません。いつもと違って学年によって動きが違うのでチャイムはなりません。今日は、中学生は8限、高校生は10限なのだそうです。
中1は、午前は、各HRクラスで数学、国語、社会(歴史・地理)、英語、体育の5教科があります。つまり、担当の先生が順にクラスを回るパターンです。午後は、理科(化学・生物)、音楽、家庭科の3教科で、こちらは、生徒たちの方が各教科教室を回るパターンとなります。そして、どちらにしても、先生はクラスごとに同じ解説を続けて繰り返すことに・・・。

各クラスごとに、教室や先生が重ならないように、時間割(テスト返却科目と時間の順番)が決められています。教務課の方が中高合わせてこの時間割を作成されるのでしょうが、大変だろうなあ・・・と母が思っていたら、父曰く、
「一度作ってしまえば、あとは毎年ほぼ同じパターンになるから、微調整だけで済むはず。
 大変なのは、最初に作った人だけ・・・」
・・・う~ん、そうかなあとちょっと疑問が残る母でした。

中間考査は、時間に余裕があるのでこんなパターンではなく、授業時間中に返却されるのですが、期末考査は終業式直前まであるので、こういう返却方法が恒例のようです。一気にテスト結果がわかっていい面もあるのですが、次から次にテスト結果をもらう生徒たちは、最後にはもうヘロヘロです・・・
特に、結果が思わしくないと・・・・

でも、これが終われば、明日は終業式です。
とにかく、今日1日頑張るしかありませんね。


追記:考査日程はどのように決められるのかわかりませんが、昨日の最終日にテストをした先生は大変です。今日のテスト返却日までに採点をすべて終え、平均点を出さなければなりませんから・・・。昨日の答案用紙回収後、鬼神のごとく頑張ってて採点されたのでしょうね。先生もお疲れ様です。
でも、これで終わりにはなりません。まだ、来週の三者面談までに「通知表」もつけなければなりません。やはり年末はどこも忙しい・・・。

鉛筆ライン

読んでいただいてありがとうございました



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ

スポンサーサイト
【 2013/12/17 】 中学1年生 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する