シャー芯の濃さは・・・

文房具屋に「シャー芯(シャーペンの芯)」を買いに行きました。
小学校では禁止されていたシャープペンシルですが、今は学校の授業で普通に使っています

郁は左利きで、おまけに筆圧が高いので、「HB」でも文字が擦れて手が汚れてしまったりすることがあり、郁本人は「HB」ではなく「H」を使いたがっていました。しかし、「H」は堅い(薄い)という印象があり、母としては賛成しかねていました。その時ふと思い出したのが、「F」。「F」は、「HB」と「H」の間の硬度です。あまり一般的ではありませんが、母自身が、中高生のころに使っていました(現在は「B」)。そこで、郁にすすめてみたところ、気に入ったようで、最近はずっと「F」を使っています。ちなみに、芯の硬度を表す記号は、「H」はHard、「B」はBlack、「F」はFirm(堅く 引き締めるの意)なのだそうです。

さて、そのシャー芯のメーカーにもいくつかありますが、いつも我が家は「三菱 uni」です。
これも、小学校の鉛筆の時からずっとです。始まりは、やはり母の小学生時代・・・。あの金の輪が入った「HI uni」は憧れで、高学年になってやっと買ってもらえた時はうれしかったことを今も鮮明に覚えている母です。郁はそれほど金の輪にいはこだわりはありませんでしたが、母の趣味で使っていました。
そのため、シャー芯もそのまま「uni」を使っています。「uni」はNanoダイヤ配合で強度があり、くっきり滑らかに書けるというのが売りらしい・・・。まあ、見ている限り、折れもせず最後までしっかり使えているようです。そういえば、今回は、初めて「HI uni」も買っていました。書き心地を比較してみるのだそうです。これで気に入れば、次回からは「HI uni」になる?? 実は、この「uni」と「HI uni」は40本入り定価では、90円も違います。でも、高校生までは、シャーペンは勉強する上で最も基本的な道具なので、使い心地がよいほうが少しでも気持ちよく勉強ができて、成績も上がるかも・・・と、淡い期待をかける母なのでした。

もちろん、「三菱」以外にもいくつかのメーカーがあります。ほかにもいいものはたくさんあるのだと思いますが、我が家は、いったんメーカを決めてしまうと変えない性格なので、たぶんずっとこのまま「三菱」のままでしょうね。
     

鉛筆ライン

読んでいただいてありがとうございました



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うちはB!

こんにちは!CREAです。
うちの息子もシャー芯については、濃さが必ず「B」と決まっています。
理由は、ノートに下敷きを使わないため。
下敷きなしでノートを書くと、消すときに薄い芯はどうしても
筆圧がかかるらしく消しにくい。
よって、筆圧の必要のないBが消しやすく良いのだそうです。
ズボラ的発想です。男子です(^^;)

確かにuniは使いやすくて、息子もご指名品です。
過去100均のものを試したとき、ジャリッとしたざらつく書き味に
不満があったみたい。
uniはなめらかでスラスラなのだそうです。

文具って大事ですもんね。気持ちよく使えるものを
買ってあげたいですね。

Re: CREA さま

コメントありがとうございます<(_ _)>

やはり「uni」なのですね。
我が家は、他のメーカーを使ったことがないのですが、
やはりuniは書きやすいのですね。
100均のは折れやすいと友だちが言っていたようです。
やはり、uniはお値段分の価値はあるのでしょうね。

>文具って大事ですもんね。気持ちよく使えるものを
> 買ってあげたいですね。

・・・本当にそう思います。

娘も、アレコレ試して、Bに落ち着きました。100均の芯は、折れやすいですね。で、やっぱり、文具店で買ってます(笑) 先日は、可愛らしいケース重視で買ったら、芯はイマイチだったようで、メーカーは試行錯誤中らしいです。Uniいいですか。勧めてみよう(笑)

シャープペンの種類も、たくさんあって。振って芯が出るのとか、クルトガとか、グリップをカスタマイズできるモノとか。お友達と情報交換しながら、楽しく選んでいるみたいです。今時は、いろいろ種類があって、楽しいですね♪

Re: なんちゃって さま ♪

コメント、ありがとうございます<(_ _)>

「『ケースの可愛らしさ』重視」というところは、
やはり女の子ならではですね。
ケースと芯の品質とのバランスでしょうか・・・。
uniのケースは、芯の硬度によって色が違っています。
「B」は赤い透明なプラスチックケースで、結構いい色です。
娘によると、書き心地は、uni<HI uni のようです。
一度お試しください(*^_^*)
応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ