今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

【部活】今年のサブ曲(その2)は“リトルマーメード”

今日も、朝早くからお弁当を持って、意気揚々と部活に出かけて行った郁です。

久々の管弦ネタです。
この秋のイベントのうちの一つである「合同演奏会」まで、あと1週間余りとなり、今日は、各パートの最終チェックが行われるようです。郁曰く、「先生に絞られる~
1stとして、ちゃんとできているのかどうか・・・。しっかり絞ってもらいなさいね

今回の演奏曲目の1曲が、「ディズニー映画『リトルマーメード』メドレー」です。
「Part of your world」など素敵な曲が満載のリトルマーメードの挿入曲を顧問の先生が編曲されて、メドレーにされたものです。なかでも、やはり「Under The Sea」が一番  という郁。
その中で、セバスチャンの奏でるリズムを表すのに使われている楽器が「スティールパン」です。これは、ドラム缶から作られた音階のある打楽器で、独特の倍音の響きを持った音色が特徴なのだそうです。南の海(地中海?)の中の様子がよく伝わってきます。元々は、カリブ海最南端の島国・トリニダード・トバゴ共和国で作られた楽器らしいのですが・・・。やはり、このスティールパンがなければ、「Under The Sea」は完成しません。そのため、ご近所の某管弦楽団からお借りしています。
さて、いつも1音(第1音楽室)で合奏練習をしている郁たち。さすがに音楽室は舞台ほど広くないので、80名のメンバーが入るとほぼいっぱい。そのため、1stヴァイオリンの末席にいる郁のすぐ後ろに、この「スティールパン」が・・・。聴くととてもいい音なのですが、さすがに真後ろで奏でられると、響きすぎて・・・、大変みたいです。
郁曰く、「ずっと聴いていると耳が痛くなっちゃう・・・
パーカッション担当の先輩をはじめ周りも心配してくださるのですが、さすがに合奏で音を小さくすることはできませんから・・・。とりあえずは、自分のパートに集中して弾くしかありませんね。
実際の舞台になれば、距離も離れるし、音も拡がるのでこんなことはなくなります。

それにしても、パーカッションの担当者ってすごいです!!
昨年は、「ライオンキング」メドレーだったので、アフリカのいろいろな楽器を弾きこなしておられました。そして、今年はスティールパン・・・。
これは、定期演奏会の時にも感じたことなのですが、オーケストラにとってのパーカッションて、すごく重要な役なのですね。クラシック曲の時も、押さえるべきところでしっかり押さえ、曲を占める役割があることを実感しています。

------------------------------

少し前のことですが、先輩から、「場面を想像しながら演奏をするように。そして、そのために『映画(DVD)』を見ておくように」との連絡がありました。みんなで見る余裕はないので、各自で・・・ということに。
そんなわけで、久々にディズニー映画「リトルマーメード」をみました。やはり、歌は英語版の方が自然に聞こえます。
ここ数年はご無沙汰ですが、それまでは毎年夏にはTDLに行っていた我が家。「落ちる・回る」系が苦手な郁は、専らメルヘン系(?)アトラクション専門。TDSでのお気に入りの一つがマーメードラグーンにある「アリエルのプレイグラウンド」でした。特別なアトラクションがあるわけではないのですが、アリエルが人間界の品物を収集して飾っている秘密の部屋があったりして、郁は、なぜかその部屋がお気に入りでした。飽きることなく遊んでいましたね。
DVDで、王子様の船が難破して、王子様の像が海底に落ちてくる場面を見ながら、そんなことを思い出しました。アリエルのプレイグラウンドにある「アリエルの秘密の部屋」にも、同じ王子様の像がありました。


☆読んでいただいてありがとうございました
ヴァイオリンブルー
素材のプチッチhttp://putiya.com/




にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ

スポンサーサイト
【 2013/11/04 】 中高管弦楽部 | TB(-) | CM(4)
心うきうき*
こんばんは(0'v'0)♪
お勉強のお話もとっても参考になりますが
管弦のお話も楽しみにしている私です(0'v'0)/**
♪Under The Sea♪
娘も今回の卒業コンサートで演奏しました。
「さみしい気持ちがいっぱいだったけど、
Under The Seaを演奏すると心がうきうきする。
すごく好き♪アクセント・スタッカートとかちょっと
大変だったけどね。」
と、話していました。聴いている側も体が揺れます(笑)
弦楽器で演奏すると、より深みがましそうですね。
ここのお部屋でヴァイオリンの話を聞くようになって
TVなどでも弦楽器の演奏や、ストラディヴァリウスの
話など我が家でも興味が沸々と(笑)

我が家もTDL大好きです。なかなかいけませんが...
「落ちる・回る」LOVEでございます。
連続もありなほど(笑)
しかし、私はコーヒーカップはNGです。
あれは、いけません((+_+))

郁さん!しぼられて帰ってきたかな?
【 2013/11/04 】 編集
Re: 心うきうき*
ご訪問、コメント、ありがとうございます<(_ _)>

sakura*さんのところでも演奏されたのですね。
リトルマーメードは、作品自体は古いものですが、この秋には、DVDも
ブルーレイ化されて発売されたし、劇団四季夏劇場でも上演されている
し・・・。注目度UP?!。
やはり、リトルマーメードと言えば'Under The Sea'ですね。
「聴いている側も体が揺れます」っていう感じよくわかります(^_^)v
管弦楽になると、映画の音楽の感じがそのまま再現される感じになる
ようです。

どちらかと言えば中高では「吹奏楽」の方が盛んなので、弦楽器とは
なじみがない人が多いのだと思いますが、こんな拙いブログを通して
でも弦楽器に興味を持っていただけて、嬉しいです。
かくいう我が家も、郁がいきなりヴァイオリンをやりたいと言い出した
時には、びっくりしました。父も母もなじみがなかったので・・・。
先日、NHKでストラディヴァリウスのお話をやっていましたね。
郁のバイオリンもクレモナ生まれなので、いつかヴァイオリンと一緒に
クレモナに行ってみたい・・・ようです。

同じ管弦の同級生でクラリネットを担当している子がいて、吹かせてい
ただくことがあるようですが、そう簡単にはいきません。
どの楽器もそれぞれ奥が深いですね。
吹奏楽も管弦楽も、一人じゃできない、みんなで気持ちと音を合わせて
初めて奏でることができる音楽。それは大変だけど、だからこそ楽しい
のでしょうね。
吹部のお話も楽しみにしています。
【 2013/11/06 】 編集
こんにちは♪ お邪魔しま~す♪

郁ちゃん、管弦楽、頑張ってますネ♪ 私は中学から大学まで吹奏楽でホルンを吹いていたのですが。曲の理解の為・・・と称して、よく映画のビデオ(時代古し・・・笑)を見てたのを思い出しました。ミュージカルや歌劇など。いろんな分野に興味がもてて、いいですね♪

【 2013/11/07 】 編集
Re: タイトルなし
早速のご訪問、コメントをありがとうございます<(_ _)>

頑張っているというより、もうそれしかやってないって感じ・・・の
中学生活です。
小学校の時には弦楽のみだったので、バロック系の音楽が中心だったの
ですが、管弦楽になって、曲の幅が広がり、オペラやミュージカルまで
やるのでそれに伴って、郁の興味も広がっていますね。
音楽から、その作曲家の生きた国、時代などなど・・・。
音楽辞典が愛読書に加わっています。
【 2013/11/08 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する