【部活】練習と学業の両立は・・・「大丈夫!(^_^)v」

8月の定演終了後にスタートした今期の管弦楽部保護者会総会&懇親会が開催され、初めて母も参加しました。今期の管弦楽メンバーは80名(中1~高1)。運営学年の現在の高1を中心に、来年8月の定演までこのメンバーで活動していきます。ちなみに、保護者会の世話人も、この運営学年である高1の保護者の方たちがやられることになっていました。

総会の最初に、今期の運営学年の代表のあいさつがありました。
この中で、今期の部長さんが最後に一言・・・
「管弦楽部は、日頃は練習が厳しく忙しいですが、定期考査の1週間前からは完全に練習をやめています。だから、『勉強』の方も大丈夫です  ! 心配しないでください!!」

この自信に満ちた力強い言葉に、
部長さんのお母様は、思わず苦笑されたようでしたが・・・ 
部長さんにとっては、絶対に伝えたかった言葉のようでした。

「管弦楽部」は、学校で一番厳しいといわれています。たぶん活動時間(拘束時間)はいちばん長い部活でしょう。そして、厳密に出欠確認があります。やはり、みんなで創る「音楽」ですから・・・
そういう意味では、学業との両立を心配しているご家庭は多いと思います。部長さんのお家でもそんな話題が出たのかもしれません。だからこそ、部長さんはこの場でしっかりと伝いえようと思われたのでしょう。そして、それは保護者に対してだけでなく、部員に対しても伝えられているはずです。郁は、ちゃんと聞いて、心にとめているのかな・・・?

確かに、練習がなくなれば早く帰宅できます。ただ、問題は、部活の空いた時間にしっかり集中して勉強できるかどうかです・・・。まあ、ここは部活にも、部長さんにも責任はありません。あとは、本人次第ということ。実は、そこが一番難しかったりすることが多いのですが・・・。学校の部活なので学業と両立させることが基本。
そういえば、中間・期末考査が悪く、冬休みの補習対象者になると、同時期にあるオーケストラフェスタには連れて行ってもらえないらしい・・・という話が中1の中ではでているようです。

後の懇親会でも、部活と勉強の両立のことは話題になっていました。普段はほとんど宿題のない郁たちの学校。でも、夏休み、冬休み、春休み・・・長期のお休みの時には、その分も含めて(?)結構な量の課題がが出ます。そしてそのお休み期間の前半は、部活のイベントがあるため、練習に多くの時間がとられる。結局、限られた時間を有効に活用し、集中して学習ができるかどうか・・・にかかっています。
今の郁にとっては、苦手なところですね。でも、この能力は、学習に限らず仕事上でも、生きていくうえで必要になる力です。部活を通して、中学生の間にしっかり身につけていけるといいなあと思います




読んでいただいてありがとうございました
ヴァイオリンブルー 素材のプチッチhttp://putiya.com/



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ