スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホで音楽;中身はGlazunov

久々に、少しだけ  です。ずいぶん涼しくなりました。
中間考査までのカウントダウンは、あと30日!! 着実に減っていますが、まだ30日では郁の意識にいは入っていないようです。夏休み中は、お家に戻っていた教科書類は、いつの間にか学校のロッカーに戻ってしまったようで、いったい何を学んでいるのやら全く見えない・・・

しかし、勉強ではなく興味があることには研究熱心です。
今週になって、スマホに音楽を取り込む方法を研究していました。いろいろ友だちに聴いて、いろいろ試して・・・。昨日はついに、スマホを開け、スマホのマイクロSDを取り出しパソコンに入れて、ダウンロードした音源を取り込んでから、スマホに戻していました。仕組みが分かっている人にとっては当たり前のことなのでしょうが・・・、そういうシステムに弱い母は、スマホを開けるのを見ているだけで「大丈夫なの~」と心配になります。郁のスマホ、あまり長持ちしないかも・・・。
無事に音源は取り込めて、聞けるようになりました。最近のスマホってとってもいい音ですね(時代遅れの発言で申し訳ありません)。

ちなみに、郁が取り込んだ音源は・・・

Alexander Glazunov(1865-1936);Symphony No.6 in C minor,op.58
アレクサンドル・クラズノフ作曲;交響曲第6番ハ短調作品58

今期の管弦楽部のメイン曲です。USBに入った音源が順に回っているそうで、やっと1年生の郁にも回ってきたみたいです。通学時にイヤホン付けてスマホで聴くらしい・・・(先輩たちもやっているとのこと)。
郁曰く、
「傍から見れば、『今どきの中高生』に見えるよね。」
確かに、今どきの中高生。イヤホンで音楽聴きながらリズムとってる中高生のスマホの中身がまさかGlazunovだとは、まず思わないでしょうねぇ。何度聞いても、相変わらず、「重厚」な曲です(当たり前ですが・・・)。

ちなみに、今期のサブ曲のひとつは、
グノー/歌劇「ファウスト」より バレエ音楽 Ⅶ.フィナーレ:フリネの入場

Glazunovに比べれば、こっちの方がまだメジャーな曲でしょうね。原曲は管弦楽ですが、編曲されて吹奏楽とか、木管五重奏とかでも演奏されることがあります。
どなたが選曲されるのか・・・。運営学年のメンバーと顧問の先生で選んでおられるみたいです。郁たちが運営学年になった時には、どんな曲を選ぶのでしょうか・・・。聴くなら、ベートーベンの交響曲7番(ベト7)のような明るく軽快な曲はいいなあ・・・と(勝手に)思う母です。

ちなみに、郁は、「第4楽章がやばい!」と言いながら、朝から部活です。
1stの足を引っ張っていないといいのですが・・・
12月のオケフェスの前に、11月に他校との合同演奏会があるので、それに向けて練習にも熱が入っています。





読んでいただいてありがとうございました
ヴァイオリンブルー



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comments - 2

かおりん  

娘もipodに音楽入れて聞いてます。吹奏楽の!
コンクールではいつも交響曲を編曲して演奏してるので、
原曲と普段の練習とはちょっと雰囲気は違いますが。

聞いた事のない曲で、最初は「つまらないー」と思っていましたが
何度となく聞かされ、更には演奏している所を何度も聞いていると
最近は「聞きたいなー」と思ってしまいます^^

そしてこれからのイベントに向けてのポップス曲も決まって
また何曲もipodに追加される予定です。
youtubeでも音楽ばかり聴いていますよ^^

2013/09/30 (Mon) 08:27 | EDIT | REPLY |   
郁の母  
Re: かおりん さま ♪

コメント、ありがとうございます <(_ _)>

やはり同じなのですね。
うちもyoutubeでも音楽ばかり聴いていて、音楽漬けの
毎日です。
娘が、管弦を始めてから、親も新しい曲、新しい作曲家
との出会いが増えました。
交響曲を吹奏楽でやると、同じ曲でも少し雰囲気が違うので
しょうね。

秋はイベントの季節?!
まだまだこれからレパートリーが広がりますね。
うちは、3学期制なので秋はテストの季節でもあるんですけど、
どうなるのでしょうね^_^;



2013/10/02 (Wed) 04:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。