今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

部活と個人レッスンの併用は・・・?

ついに9月になりましたね。
郁はすでに1週間前から新学期が始まっているので普通の週末です。

さて、今日は日曜日。
日曜日の朝に放送されている「題名のない音楽会」は、郁の数少ないお気に入りの番組です。
実は、今気に入っているのは、番組の中身よりもそこで流れている出光のCMの曲。CMも何種類か流れていますが、この中の沖合にある海洋油田の画面から始まり、「ニッポンにエネルギーを」というメッセージで終わるCMの曲です。低弦(たぶん、チェロ)が躍動感のあるリズムをつくっていて、未来に向かう思いが伝わってくる曲です。
郁曰く、「この曲を弾きたい!」
出光のHPによるとこのCMは「出光人たち編」で、流れている曲は「infinity (インフィニティ)」というCMオリジナル曲でした(作曲:佐々木 康綱)。‘infinity’とは、「無限、 無限大 ∞」という意味です。有限に対する概念で,一般には限りがないことを意味します。曲も、どこまでも続く、拡がっていく・・・、そんなイメージがありますね。少し前に、既にHPやブログで話題になっていたようですが、CDもが楽譜もないようでした。自分で楽譜を起こして弾くしかなさそうですね。でも、もちろん今はそんな余裕はなさそうです・・・。

---------------------

ヴァイオリンの個人レッスンの方は、発表会も終わり、今週から通常レッスンです。
といっても、平日は部活を終えて帰ってくると19:30過ぎるし、土曜日が朝から夕方まで部活、その後塾で帰ってくるのは20:00過ぎ・・・。我が家は野中の一軒家ではないし、防音室もありません。となると、夜間練習は無理なので、月~土は、自宅で練習する時間がありません。練習できるのは日曜日だけ・・・? それで、レッスンに行ける? 1学期を過ごしてみて考えました。 
そもそも日曜日を練習日にするとなると、朝ゆっくり寝てはいられない。ゆっくり~、ゆったり~リラックスできる日がなくなる・・・(郁だけでなく母も)。人間、週に1日ぐらいは何もないゆったりした日が会った方がいいと思う母です(少なくとも母はほしい・・・)。それに、自宅学習時間の確保も必要だし・・・。とにかく寝ないと生きていけない郁なので、睡眠時間の確保、健康管理のためにも、今回一度は個人レッスンをやめることも考えました。

でも、やはり郁は好きなのです。あの怖い先生が・・・。「コンミス」を目指す郁としてはヴァイオリンの基礎をしっかりやっておきたいという思いもあるのでしょう。ただ、管弦楽と個人レッスンを併用すると、それぞれの課題曲を別々にやる必要があります。そこが大変・・・。
でも、実際、管弦楽部の中には個人レッスンと並行している人もおられるようです。郁の話だと、部活の基礎練習の時間に個人レッスンの課題をやっているとか・・・。それがちゃんとできれば、日曜日のヴァイオリン漬けから解放されるかも。そんな淡い期待も・・・。
もう、郁も中学生です。自分で自分の状況を判断して決めることも必要です。少なくとも、習い事に関しては親が「やれ」、「やめろ」という年齢ではありません。後になって、「親が辞めさせた」と親のせいにされても困りますし・・・。
郁は、個人レッスンを続ける選択をしました。
母も了承。ただし、あくまでも優先順位を考えてですが・・・。
2学期のスタート時点での母の優先順位は、「学校行事>部活>塾>個人レッスン」
郁の優先順位は、「学校行事>部活>塾(模試)>個人レッスン>塾(授業)」

また、様子をみて検討ですね。




読んでいただいてありがとうございました
vaiolin0901



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ

スポンサーサイト
【 2013/09/01 】 ヴァイオリン | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する