今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

【部活】定演前夜に届いた先輩からのメッセージ

定期演奏会まであと1日 
定演前日は、最後の仕上げと楽器搬送等の準備があり、1年生のお世話(お相手)はできない・・・というわけで、1年生の練習はお休みでした。本当に1年生に雑用をさせないというルールが徹底しています。1年生の方は、仲間に入れてもらえないことが寂しくて、雑用でも何でもいいからお手伝いがしたいというのが本音なのですが・・・。まあ、オーケストラも楽器もまだよく知らない1年生に手伝わせるほうが大変なのかもしれません。
定演当日も、一観客として参加することになっています。
郁曰く、「私たち1年生も、部員なのに~  」

そんな中学1年生にトレーナーのS先輩から定期演奏会前日の夜にメッセージが届きました。
「中学1年生のみなさんへ」と題されたメッセージは、これまでの中学校1年生の頑張りを称える文章から始まっていました。そして、
------------------------------
これからは基礎合奏曲とは比べ物にならない難しい曲をやることになる。
もっともっと練習が必要で、時にはつらいと感じることもあるかもしれない。
でも、それを乗り越えてこそ、みんなでオーケストラを創ることができる。
明日の定期演奏会は(客席で)しっかり聴いてほしい。
そして、自分たちの演奏と演奏する姿から、管弦楽(オーケストラ)のすばらしさ、
楽しさをしっかり感じ取ってほしい。
-------------------------------
そんな主旨のことが書いてありました。
このメッセージを読むと、中学校1年生に何もさせない理由の一つが見えてきたような気がしました

入学以来、郁たちは何度も先輩たちが演奏する姿を見ています。でも、舞台上で演奏する完成した姿は見たことがありません。大ホールでの定期公演会は管弦楽部の最高の舞台です。毎年、管弦楽部のメインプログラムは、交響曲(全楽章)です。今年のメインプログラムは、演奏時間が50分を超える大曲です。「文化祭」や「オケフェス」等では全曲を弾くことはできません。今期の運営学年であるS先輩たちは、ちょうど1年前に前期の高校2年生から引き継ぎ、この日の演奏ために1年間頑張ってきました。
考えてみれば、在学中に、郁たち中学1年生が、この大舞台で演奏する完成した管弦楽部の姿を見ることができるのは今年と、引退したのちの高校3年生の夏だけです。高校3年生は受け付けや案内等の運営の手伝いをするため、厳密に言えば、落ち着いて座って見ていられるのは今年だけ。来年からは、舞台の上です。

「仲間に入れてもらえない」とぶーぶー言っていた郁たち1年生は、実は、先輩たちから一つの大きな仕事(課題)を与えられていたのです。それは、管弦楽部を「聴くこと」「見ること」そして「感じ取ること」。
この日の経験が、これからスタートする次期管弦楽部の一員としての練習を頑張っていく(耐えていく?)ために必要なのかもしれません。

さてさて、定演当日、1年生は、開場の1時間以上前に集合して、先輩たちの演奏が一番よく見える中央に席を確保する予定なのだそうです。
がんばれ 1年生 




     演奏0811イラスト



                  


 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ

スポンサーサイト
【 2013/08/11 】 中高管弦楽部 | TB(-) | CM(2)
舞台上での完成された演奏・・・
私も今回、コンクールの演奏を聞いて
今まで聞いていた演奏とは別物で驚きました。

1年生は裏方に回る事もないんですね。
もどかしい気持ち、わかります。
でもちゃんと意味があっての事なのでしょうね。
自分たちが演奏する側に回って
初めてその意味が分かるのかもしれませんね。

これからの厳しい練習に向けて
先輩からの課題をしっかりこなせると良いですね♪
【 2013/08/12 】 編集
Re: かおりん さま
コメント、ありがとうございます♪♪

1年生は裏方ひとつさせてもらえず、結構しょげていました。
この方法がずっと続いているということは、
今の先輩たちにも、中1の時に同じような思いをした人が多い
はずです。にもかかわらず、この方法が続いているといことは
たぶん意味があるのでしょうね。

>自分たちが演奏する側に回って、初めてその意味が分かる
 
たぶん、そうなのでしょう。
お盆明けから、やっとオケの一員としての練習が始まります。
今まで以上に厳しい日々になりそうです。








【 2013/08/13 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する