共学校;中1のカレカノ事情

ここのところ、学習に関する話題が全くない我が家です。
・・全く自宅学習をしていないのです。もう、8月になったというのに、どうするのでしょうねぇ

-------------------------------------

昨日の郁の話題は・・・、自分の周りのカレカノ事情。

郁の学校は共学なので、男子も女子も一緒に学んでいます(もちろん男女混合クラス)。中学校の募集時に男女別の定員はないのですが、毎年、ほぼ同数の入学です。自由・自主・自律がモットーの学校なので、もちろん「男女交際禁止」なんて規則はありません。先輩お母様情報によると、高校生になると、休み時間に中庭でデート(?)している人たちもいるとか・・・。郁によると、管弦楽部の男子の先輩は、みんな同じ管弦楽部の女子の先輩とカレカノ関係とか・・・(管弦楽部は圧倒的に女子で、男子は少ない)。ちゃんと学内でも年齢相応に健全な(?)男女交際は進んでいるようです。
これも「青春」ですね。

さて、入学から4か月、中学1年生にも「健全な(?)男女交際」の芽が少しずつ育ち始めているようです。
人が人を好きになるのは自然な感情。入学して4か月の間に、同級生のいろいろな面が見えてきて、「好き」という感情が出てきているのでしょう。好きな理由は、「可愛いから」、「優しいから」、「かっこいいから」とか、ことばにしてしまえばありきたりなのですが、それぞれ、相手と共有した時間と経験から出てきた思いです。他の人にはわからない部分も・・・。だから、人の恋愛に関しては、話を聞くことはできても、今は、それ以上直接的に口や手は出さないのが原則と教えています。無責任な噂話も厳禁!
具体的な状況は省きますが、郁の周りの友だちも、この4か月で「告って、めでたくカレカノになった人」、「告って、残念ながら玉砕してしまった人」、「告ることなく胸に秘めている人」、「告らなくても態度でわかる人」などいろいろみたいです。

さて、肝心な郁自身は・・・?
郁曰く、「今の学校に、好きな人はいないから・・・」
地元に好きな人がいるらしいような話をしているのですが、詳細は不明。

とは言いつつ、同級生のDくんの話が出ない日はない郁です。今日も学校で会うにもかかわらず、朝から、つまらない話題でメールをしあっている相手がDくん。クラスは違うけれど同じ管弦楽部の1年生です。今、郁が一番気の合う男の子なのだそうです。でもカレカノというのではなく、「仲間」的な関係。
実は、そのDくん、先日Eちゃんに堂々と告って、しっかり振られたとか・・・。
郁曰く、「Dはえらい! ちゃんと自分で告ったのだから!」
そんなDくん、今は、すっかりEちゃんのことは吹っ切って、気持ちをリセットしたらしいというのですが、どうなのでしょう。まだこの時期は、「告るのも早いが、リセットするのも早い」のかもしれません・・・。

さて、今後、郁とDくんはどうなるのでしょうか?
ちょっと2人の今後に期待したい母ですが、たぶん、このまま、いい「仲間」の関係が続くのでしょうね・・・。まあ、一貫校の場合、6年間一緒なので、相手がよく見えていいような悪いような・・・。共学校ならではのお話です。

---------------------------------------

それにしても、母が中学生のころは、秘めた思いを仲間内で告白してワーワー言っていただけで、直接「告る」、「告られる」というのは、もう少し学年が上がってからのことだったような気がします。ちなみに母が、直接告られたのは、高校1年生の時でした(ちょっと遅い?)。




 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ドキドキですねぇ~e-266

ひよこも、小1から6年間一緒のクラスだった男の子とすごく仲良くて、
放課後女子とじゃなく、その男の子と遊ぶ約束してきてたりしたから、
まとまるかなぁ~e-317と思ってたら、
中学でクラスが分かれたら、全くその子の話をしなくなっちゃったんですよね(^。^;)

逆に中学受験で私立に行った男友達から
「俺、彼女できたぜe-319」とかメールもらって、
写真送れとか何とか返信したりしてるみたいです(^_^;)

ホントに・・・・お年頃ですね♪
地元の夏祭りとか、ダブルデートの子達でいっぱいだったみたいですよ(^m^*)

Re: マミマミ さま

コメント、ありがとうございます♪

本当に、ドキドキのお年頃ですね。
郁も、小学校時代から男の子のお友達は多くよく遊びに行ったりしていたのですが、
それ以上の発展はなし・・・。
今回も期待薄・・・。

まあ、本人がよければ、急がなくてもいいかなあ・・・と思う母です。



応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ