塾と学校、そして青春

昨日も暑かったです  
昨日から塾の夏期講習が始まり、朝から塾に行った郁です。午前中に選択講座を取って、午後から通常の夏期講習ということで、お弁当持ちです。
夏休みになったというのに、「お弁当」休みにはなりません。
土曜日も必要になったので、逆に週6日に増えてしまいました。母もお弁当の夏休みがほしいです・・・
---------------------------

昨年の今頃も、夏期講習と夏の特別選択講座に追われていました(週に4日は通っていたような記憶が・・・)。まあ、受験の天王山と言われる6年の夏休みでしたから、塾中心の生活でした。

無事に受験を終えて第一志望の一貫校に入ったのに、なぜここまで塾に行くの・・・? 
時間的にも無駄が多いし、学校のことをしっかりやれば十分だと思う母なのですが・・・。本人は頑として譲りません。母にとっては、不思議です。高校受験を気にすることなく、「部活と文化祭」で思いっきり「青春」するために、自由・自主・自律のこの学校に入学したはずだったのですが・・・。

そのことを郁に尋ねると、郁曰く、
「A(郁の学校名)で『青春』するってことは、勉強もするってことなの!」
さらに曰く、
「Aに行くってことは、『学び続ける』ってことなの!」

・・・
どうも、ちゃんと勉強していないと「青春」もできないってことみたいです。
といっても、学校の決まりとして「成績が悪いと部活ができない」なんてことはありません。指名補習を受けつつも、部活頑張っているお友だちはいます。でも、郁は、それなりに成績を取っていないと、「青春」が十分楽しめないってことなのかなあ・・・ 
どうも、今の郁にとっては、「勉強するのも青春のうち」ということみたいです。郁がいうには、「将来を見通すと、青春に勉強も組み込んでおく必要がある」らしいです。

しかし、塾に行かなくても、「学び続ける」ことって可能だと思うのですが・・・。
塾には同じ学校の仲間もたくさんいるので「楽しい」ようです。郁の塾には、郁の学校の子が最近増殖中とか・・・。ただ、実際、授業も学校とは違う視点で「おもしろい」らしいです。昨日は、選択講座の「英語※」では、第3文型を中心に構文について系統的に学んでいましたし、「数学」では方程式を一歩進めて不等式をやっていました(中学校では不等式は扱わないようなのですが・・・)。

郁曰く、
「学校に行くのは、面白く学ぶため、塾に行くのはおもしろいことを学ぶため」

つまり、郁にとって学校の授業は、先生の教え方がおもしろく、基本的なことを含めてものの見方・考え方から学ぶことができる。それに対して、塾は教え方は普通だが、やっている内容が目新しくおもしろいということのようです。郁の中では、それぞれに役割分担があったのですね。郁のとっては、塾は学校の成績を上げるためという位置づけではなかったことが、母は初めてわかりました。


まあ、どちらも「おもしろい」ということなので良かったと思うべきなのでしょうか・・・。
学校でも塾でも、お友だちと一緒に楽しくわいわいと学びあっているようです。小学校時代には、塾では一緒に学びあえていたのですが、学校ではなかなか一緒に学びあえるという友だちは少なかったので、そういう意味では今の学校には行ってよかったのだと思います。
ただ、母としては、どちらも中途半端で終わってしまうことが怖い・・・
やるのなら、両方とも、もう一歩、しっかりやっていただきたいものです・・・



※塾では「数学」しか選択していないのですが、夏期選択講座は「英・数」セットでしか受講できないシステムなので、今回初めて「英語」の授業も受講しています。



 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

郁ちゃん、受験に合格しても向学心を失わないなんて・・・素晴らしいですe-420
これから受験なのに、隙あらば勉強をサボりたいうちのバカ娘とは大違いv-406
高校受験がなかったら・・・即塾をやめて毎日バレエに通ってそうだもの(-_-;)e-263

でも・・・ひよこも学校でも塾でもお友達とわいわい楽しいことは楽しいみたいです(*^^*)
学びあってるかどうかは・・・・・チョット謎なんですけどね(^。^;)

No title

いやー、考え方が素晴らしい^^

実際の行動とは別に考えても
こんな風に思えるのはすごいなって。
本当にその通りだし。

娘も今は部活一色で
それも分かるし、応援してるけど
部活だけでやっていて高校行ける訳ではないし、
更には食べていける訳でもないし。

この記事、読ませてあげたい(笑

Re: マミマミ さま

コメント、ありがとうございます♪

「向学心」と言えるのかどうか・・・。多分に怪しいと思っている母です。
元々、一人でコツコツとやるタイプではないので、みんなで一緒にやることが
楽しいだけではないかと思います。

ひよこちゃん、本当にバレエがお好きなのですね。
そこまで打ち込みたいものがあるのは、素敵だと思いますよ。
郁は、ヴァイオリンは好きだけど、それで食べていけるわけではないから・・・と
へんに現実的で冷めています。
親の教育が悪かったのかなあ・・・と、反省気味の母です。

Re: かおりん さま

コメント、ありがとうございます♪

昔から、口だけは達者な娘なので・・・。
実際の行動が伴わないのが問題ですね(^_^;)
元々器用ではないので、いろいろと欲張ると、すべて共倒れになるのでは・・・
と、心配しています。

部活を頑張った子は、引退後はその力を受験に向けて成果を上げることができているよ
うに、それぞれの時期にやるべきことに集中していけることが必要なのではと思います。
かおりんさんの娘さんは、入学以来、部活をがんばられていて、ついに県大会出場ですよね。
確かに、部活だけで高校に行けるわけではありませんが、この力は、いざ受験勉強になったら、
いい方向に作用するのでしょうね。

受験に内申点も影響するなら、親としては、日頃の勉強も気にはなりますが・・・。
「勉強だけ」「いい高校に入るため」だけの中学生活って、全然楽しくないですから、
やっぱり、しっかり部活もやって、中学校時代にしかできない「青春」を楽しんでほしい
と思いますよね。なかなか複雑な親心かも・・・。


応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ