実技科目の筆記試験・・・(>_<)

毎日、暑い日が続いていますね。地球温暖化を実感する毎日です 
そんな中、期末考査も終盤となりました。

昨日は、郁の鬼門(?)「技術科」の筆記試験でした。
・・・ 筆記試験にもしっかり「実技」がありました。
課題は、「試験問題の用紙(B4判)が500枚入る箱の設計」
板の寸法が書いてあり、その板で作るときの設計図と見取り図を描くというもの。

・・・ 

筆記試験で、実技のなさを補うというささやかな希望はなくなりました・・・

なんとか作品提出は間に合ったし、提出物(設計図・見取り図等)は出来はともかくとして、ちゃんと締め切りまでには提出しているし、補習にも出て、日々の努力もしてきたし・・・。「人並みに」とまではいかないにしても、多少の努力点を期待して、成績評価を待つことになります。
「技術科」は2年生の前期まであります(その後が「家庭科」)。まだまだ先は長い・・・。

--------------------------------------

実技科目(副科目)の筆記試験は、知識だけではなく、やはり「実技能力」も求められるようです。
たとえば、今回出題された問題には次のようなものがありました。

□美術;トンボの絵  を描いて暖色系で色をぬる問題(12色の色鉛筆持参の指示有)
□音楽;簡単な作曲  の問題

副科目の筆記試験も侮れません  。
しかし、努力だけではいかんともしがたい限界があるような気もします。
さて、今日は、「保健・体育」です。いったいどんな問題が出題されているのでしょう?


 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっぱり郁チャンの学校も、副教科の筆記試験に実技が入ってるのねe-330

美術で絵を描かせたり、音楽で調音させたり・・・・・・わざわざ筆記試験と一緒にやらなくてもいいのでは?と思うようなものが入る学校が多いって噂だもんね(^。^;)
ひよこの学校は実技試験を別の日にするもの(音楽で歌を歌う等)もあるみたいe-263

やっぱり副教科は鬼門ですよね(^_^;) ホントに期末テストが恐ろしいですe-350

Re: マミマミ さま

コメント、ありがとうございます♪

> 美術で絵を描かせたり、音楽で調音させたり・・・・・・わざわざ筆記試験と一
緒にやらなくてもいいのでは?と思うようなものが入る学校が多いって噂だ
もんね(^。^;)

そんな噂があるのですか?
全然知らなかったので、びっくりでした。勉強不足ですね ^^;。
音楽では、アルトリコーダーのテストは、事前に(別の日に)ありました。
体育での水泳の評価会(記録会)もありましたし・・・。
まあ、実技テストがあるのは納得できますが、筆記試験にまで入れなくても
いいのでは・・・と、思ってしまう母です。

高校受験では副科目の成績も内申点に入るのですよね。
郁たちの場合は、中学校の成績は直接(大学)入試には関係しませんが、高校に
なっても、副科目の先生は同じ先生になる可能性があるから、あまり印象が悪い
のも困ります。

副教科のテスト

こんばんは。
私がコメントしている時点では、もう期末テストは終わっていますね。
お疲れ様でした。(違ってたら、ごめんなさい)

ブログの記事を読んでいて、息子が中1だった頃を思い出しました。
技術の設計図と見取り図を書く問題と、美術の色相環の問題
うちの息子の時にもありました。どっちも、玉砕でしたが....

幸い、音楽の作曲の問題はなかったです。
あったら、当然のように、玉砕状態だったと思います。

これらは、授業でやったことなのでしょうが、ホント、難しいですよね。
副教科は、実技の内容もテスト前に復習しないといけないので、
勉強時間が足りなくて大変です。(←うちの息子の場合)

ところで、郁さんの学校では、技術が1年生からで、
家庭科は2年生の後半からなんですね。
息子の中学では、同時並行で、今も技術と家庭科の両方があります。
どっちがいいのかはわかりませんが....

Re: 副教科のテスト

コメント、ありがとうございます♪

HAYAさんの予想通り、金曜日で期末考査は終了しました(*^。^*)

技術の「設計図と見取り図を書く問題」は、1年生の技術のテストでは
定番なのですね。
うちも美術では「色相環の問題」は出題されていました。
考えてみれば、全国どこでも学習指導要領に沿って授業を展開している
のですから、学んでいることもその先生が目をつけるポイントも一緒なの
ですね。

来週の火曜日には結果が分かると思いますが、うちもたぶん玉砕ですね。
特に、「技術」は・・・(T_T)
「技術・家庭」は、教科書は両分野とも配布されていますが、「家庭科分野」は、
2年生までなくさないようにしまっておくように言われています。
「家庭科」ができるわけではありませんが、我が家にとっては、「技術」は、
とにかく早く終わってもらったほうがありがたいです。
応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ