今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

携帯電話と情報管理

郁たちの学校は、「携帯電話」については保護者の判断とし、持ち込みをを禁止していません。ただし、始業から放課までの間の使用は禁止。朝のSHRで貴重品と一緒に担任に預けることになっています(各クラス毎に貴重品入れの箱があり、まとめて事務室で管理されているらしい)。そして、帰りのSHRで返却となります。

お家により携帯電話に対する考え方は様々。最新機種を持っている子から、携帯そのものを持っていない子までいろいろですが、どうも大部分の子が持っているようです。ただ、郁の一番仲の良いお友だちのお家は、高校生になるまでは携帯を持たせないということで、持っていないのですが、特に友だちづきあいに不便はないようです。

郁の場合は、小学生の時から電車・バス通学だったこともあり、小学校3年生の時からキッス携帯を持たせています。ただし、やり取りは親等決待った人とのみ、あくまでも原則は緊急連絡用として使用していました。高学年になって始まったメール交換も、お互いの親が了解した人とのみ・・・。

中学生になって、いつの間にかメール交換に関しては両者の親の了解を得ることはなくなりました。そのため、メール交換の相手は同級生、先輩等(同じ学校の人のみ)に広がっています。校内での携帯の使用は認められていませんので、放課後、校門を出てからやっているようです。部活動の連絡も当たり前のようにメールで届きます(管弦楽は規模が大きいために特にそうなのかもしれません)。

昨日、郁が部屋にいないときに携帯が鳴ったので、父が「電話が鳴っているよ」と郁を呼びました。
結局、それはメールだったのですが・・・、その時に郁曰く、
「携帯電話にあまり電話はしてほしくないから、みんなには原則として携帯電話の番号は知らせてないんだよ。」

  そうだったんだ!
・・・母は、初めて知りました。

多くの場合は、プロフィールごと相手に送るので携帯電話番号とメールアドレスの両方が送られます。郁のお友だちも、その形式送ってくる場合も多いようです。しかし、郁は意識的にメールアドレスしか相手に知らせていないのだそうです。交換したお友達から「電話番号は?」と聞かれても、「メールがあれば(電話は)使わないからいいでしょ」と言って、さりげなくスルーしているようです。それで、特に問題はないらしい。
郁は、郁なりに考えているんだなあ・・・と思いました。


先日、PTAクラス委員の方から、親同士で連絡を取り合う場合に使う名簿作成についてのお伺いが届きました。保護者の懇親会のときに話が出て、結構、賛同者が多かったので、今回のプリント配布に至りました。
この趣旨に賛同する、賛同しないも各保護者の自由、賛同した人のみで名簿を作り、賛同したのみに名簿は配布されます。また、名簿に載せる情報も、各自で選ぶことができます。「携帯アドレス」、「携帯電話番号」、「自宅電話」とか・・・から、自分が名簿に載せたいもののみを記載して提出するという、郁のように、意識的に公開する個人の情報を選択することが可能な形での提案でした。

個人情報を、どの範囲の人に、どこまで公開するのかを、自分自身でしっかり考えて行動することが求められる時代だなあと、あらためて実感しました。様々なトラブルに巻き込まれないためにもしっかり考える必要がありますね。自分自身が自分自身の情報についてその扱い方考えることが、ほかの人の情報をどう扱うのかを考えることにつながるのだと思います。


現在、スマホをほしがっている郁です。
実は母も父も、スマホではありません。「携帯電話」はあくまでも連絡手段としてしか考えていないので、特に困らないのが現状・・・。
さてさて、どうしたものか・・・、現在検討中です。






 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2013/06/23 】 中学校生活 | TB(-) | CM(4)
No title
我家もお稽古事に一人でバスや電車に乗っていくのが心配で、
小学校低学年から娘にガラケを持たせています。

「安心ナビ」機能がついていて、子供がどこにいるか分かるし、
親からの連絡があれば、セコムの方が子供のいる場所に急行して下さるという
サービスつきなんで。。。

中学に入って、やはり友達とメール交換を始めました。
でも・・・フィルターつきのジュニア携帯なので、
とりあえずLINE問題とは無縁だろうと思ってたんですが、
高校生の男の子とかになると、フィルターを自らかいくぐって
LINEなどをはじめてしまう子もいるそうです(^^;)

携帯がないと不便だけれど、あればあった出心配事が増えるから、
親としては「どうしたもんかなぁ~」って悩んじゃいますよねe-330
【 2013/06/23 】 編集
Re: マミマミ さま
コメント、ありがとうございます♪

ひよこちゃんも、ジュニア携帯をお持ちなのですね。
最近は、駅の公衆電話も少なく、携帯があって当たり前の社会になっているので
子どもにも、「電話」は必要な時があるかもしれないと感じます。
うちは、毎日が長距離通学なので、持たせないという選択肢はありません。
親も2人とも働いているため、相互連絡できない公衆電話ではやはり困ります。

問題は、持った「携帯」どう使うかということ。
世の中にはいろいろな大人がいるように、中学生にもいろいろな子がいます。
その中で、自分はどうすべきなのかをちゃんと自分で考えられるような子であって
ほしいと思っています。
親がいくら禁止しても、子どもたちの世界は広がります。
「自律」できる人になれるようにこれからも丁寧に関わり、一緒に考えていこうと
思います。

【 2013/06/23 】 編集
携帯電話
携帯電話をどうするか、頭の痛い問題ですよね。
(私もちょうど携帯の記事をあげたところでした。)

郁さんのお友達で、携帯をもっていない方がいらっしゃるとのこと、
勇気づけられました。

どこまで、携帯なしでいけるか。
うちの悩みはまだまだ続きそうです。


【 2013/06/25 】 編集
Re: *siesta* さま
コメント、ありがとうございます♪
お返事が遅くなり、申し訳ありません<(_ _)>>

本当に携帯電話って難しいですね。
最近、中学生ブログでも、携帯電話でのトラブルに関する記事が多かったので
ちょっと気になっています。

この世の中、一生使わないことはまずないので、いずれ使うことになるとは
思うのですが・・・・。
中学生では早すぎ?、では高校生ならいいの?
その子の必要性と発達段階、おうちの考え方等により、各家庭が決めていくしかない
のだと思います。
いろいろなご家庭の考え方があります。
郁の周りでは、携帯電話に限らず、しっかりそのうちの方針を貫いておられる
ご家庭が多いような気がします。
もちろん、子どもとも話し合って、子ども自身も納得した上で・・・。
そして、ちゃんと自分で考えて納得した子は、周りに流されないようです。
それって、大切だなあと思います。

【 2013/06/28 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する