夏休み間近?!;「夏期補習のお知らせ」がきた

どんより梅雨空です。
1学期の終業式まであと1月となりました。その間に、文化祭、学期末考査・・・と、まだまだ忙しい郁たちですが、学校としては、夏休みに向けての準備も着々と進んでいるようです。今週になって、進路指導部から「夏期補習のお知らせ」をもらってきました。「講習」ではなく、あくまでも「補習」です。

「お知らせ」によると、中1、中2の開講予定講座は「英語」と「数学」の2講座。このうち数学は「指名補習」のみで、1学期の学習内容の復習と定着が目的の講座、英語は「指名+希望者」で、1学期の復習と夏休みの課題指導の講座となっていました。
「希望者」が受講できる講座があるから、申込書がついているようです。「指名補習」の方は、申し込まなくても通知が来るのでしょうから・・・。

4月に配布された年間行事予定表に書き込まれていた「夏期補習」。
先日開催された保護者の懇親会の席でも「補習」が話題に上がりました。既に上のお子様がこの学校に通っているお母様のお話では、この「補習」は、原則として授業内容が十分に習得できていない子を対象に行われるので、受講する子は多くないとのことでした。逆に言えば、この「補習」に呼ばれたら、それは赤信号・・・という感覚で聞いて帰った母でした。

数学も英語も積み上げ学習をしていく科目です。前に学んだ単元が理解できていないままだと、それ以降の単元の学習に支障が出てきます。だから、早めの対処が重要!!
それがこの補習なのでしょう。子どもたちにとっては、指名されることはちょっと不名誉かもしれませんが、受講することで躓きが改善されれば、2学期からはみんなと同じスタートが切れます。親としても、塾に行かなくても、ちゃんと学校で対処していただけるのはありがたいことです(もちろん、受講料0円)。入学説明会の時に、「塾には行かなくても大丈夫です。」とはっきり言い切られたことを思い出しました。

実は、この「夏期補習のおしらせ」は、保護者あてではなく、「中学生のみなさんへ」と、本人あてなのです。自分の状況を自分で考えて、申し込むかどうかは自分が決める・・・。これも、「自律」した学習への指導の一つなのかもしれません。
とりあえず、郁は申し込まないそうです。
母としては、期末考査を終えて、「指名」が来ないことを祈っていますが、中途半端な理解レベルなら、いっそ補習に行かせていただいた方がいいかも・・・。



追記:
中間考査で、学年平均が最も低く、目標点に達しない人が多かったのは「国語」だったように聞いています。郁の話だと、男子には30点台の子もいたとか・・・。しかし、「国語」の補習はありません。なかなか短期補習では効果が出ない科目なのでしょうね。


 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村


にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中高一貫の進学校は、補講や長期休暇中の課題も充実していて良いですね♪
ホントに・・・英数に関しては、中学でつまづくと、雪だるま式に分からないことが増えていくから、
何とかひよこにも無事クリアしてほしいと思ってます(^^;)
あ・・・・うちの場合は、すでに小学校レベルの算数でつまづいてるかもしれませんがe-330e-330

初めまして

こんばんは。
いつも、ブログを拝見してます。

郁さんの中学校では、補習までしてくれるのですね。
息子の公立の中学校では、考えられないです。
個人任せと言うか、ほったらかしと言うか...
だから、塾が必須みたいになるんでしょうね。

補習は有難いですが、呼ばれない方がいいんでしょうね。
でも、学校がしっかりとサポートしてくれているのは、
ホント、羨ましいですね。

Re:マミマミ さま

実は、郁の学校は、周りからは、「自由・自主・自律」のもとに放任主義のようにみられています。
しかし、実は中学校では結構面倒見がよくて、いまさらながら、母が驚いています(^_^;)。

母自身の経験から、英語も数学も「つまづくと、雪だるま式に分からないことが増えていく」ことを
実感しています(一応、高校になってからの話ですが・・・)。
恥ずかしがらず、わからないことは「わからない」とちゃんと言えることが大切だなあと思います。

ひよこちゃんはしっかりやっておられるから、大丈夫ですよ(^_^)v
これからも、まだ、お互いに見守りは必要ですね。

Re: HAYA  さま

ご訪問、コメントありがとうございます。

最近は、公立小中学校でも夏休みの補習をするところがあると聞きますが・・・。
HAYAさんのあたりではないのですね。
郁の学校も、放任主義的な部分もあるのですが、中学校の学習指導については
結構しっかりしていただけているようで、本当にありがたいです。

学校のサポート状況によって、家庭でのかかわりは変わってきますよね。
「個人任せ」だと、塾や親のかかわりが必要になって大変な部分もありますが、
その子の状況にあわせた、あるいはその子の目標に向けた個別的な学習ができる
という面もあるような気がします。

HAYAさんのところは、期末テスト間近ですね。
学習成果が出るといいですね。


応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ