今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

「幸せな」中学生と小テスト

「宿題」はほとんどない郁たち。
にもかかわらず、中学校に入学して2か月たっても、小学校の時からの習慣で、思わず「今日、宿題は?」と確認してしまう母です。

昨日、それに対して郁曰く、
「『宿題』はないよ。でも、明日は『英語』のテストあるから・・・。」

・・・明日、英語のテスト???
いきなり前日に通知??? それって、ほぼ抜き打ち???

実は、このテスト予告は、先週から出ていたらしいのですが、「文化祭」で頭がぶっ飛んでいる郁は、全く覚えていなかったのです。昨日の英語の授業時間に先生が「すでに前に伝えていますが、明日は〇○のテストをします。」とおっしゃったことで、はたと気が付いたのでした。郁に言わせると(あくまでも郁の認識)、周りのお友だちにも忘れている人が多かったとか・・・(「本当かなあ~・・・」、「類は友を呼ぶ・・・?」と思わず心の中でつぶやく母であった)。
そんな中、ちゃんと覚えていたAくん、郁たちの驚く様子に「みんな、忘れていたの? 僕、先週末に言えばよかったね。」と言ったとか。いえいえ、君のせいではありませんよ。もう一度、確認をして下さった先生に感謝です。

課題は、教科書のある章の本文をすべて書けるようになること。一つの章にlesson1~4まであるので、ページ数にすると、覚える本文は7ページ分です。1ページ当たり5~7行(文)あるので・・・、単純に計算すると、40行(文)ぐらいです。まあ、まだ、一つの分は短いのですが・・・。

まず、母が教科書の本文を日本語で言い、それを郁がノートに英語で書いていくことになりました。さすがに中学校1年生の1学期の英語の教科書なら、辞書なしで和訳できると思った母だったのですが、郁から「その訳し方、違う!」と突っ込みが・・・。直訳だとお気に召さないようで、なかなかそのニュアンスは難しいのでした。しかし、今やるべきことは母の訳を訂正することではないはず・・・(本質的には間違っていない)。

本文を2回書いて、いくつか、怪しいスペルをチェックして、30分ぐらいで終了・・・。
それで、本人は「大丈夫、大丈夫」と、いたって楽観的。
元々、毎週火曜日は漢字のSHRテストもあるので、そのあと漢字の書き取りを30分。

それで本日(昨日)の家庭学習60分、無事ノルマ達成(実は、今週の目標に「家庭学習時間1日60分」と書いた)とばかりに、22:00にはいつも通りベッドに入った郁なのでした。
どこまでも「幸せな」中学生です 

さて、今日の2つのテスト結果は・・・


追記;まだ、中間テスト後の個別面接の順番が回ってきません・・・




 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2013/06/11 】 中学1年生 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する