今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

Z会からお電話が・・・

先日の夜、電話を取った郁が、「Z会から電話」と言いました。
・・・えっ? Z会??? 受講料は送ったと思うけど、滞納・・・???
疑問符いっぱいで、母が電話に出ると・・・
相手の女性曰く、
「こちらは、Z会の添削提出サポートのものです。郁ちゃんの添削問題の進み具合はいかがですか?」

・・・


我が家は、小学校3年生の時からZ会(受験コース)をやっていました。通塾を始めても、とりあえず最後は添削コースのみにして塾と併用していました。ただ、実際には、ほとんど締め切りまでに出せたことはなかったのですが・・・。それでも懲りずに、中学生コースを取り続けている我が家です。
現在は、中高一貫コースの「国語」、「英語」、「数学」の3科目、このうち得意な「国語」と「英語」は「ハイレベル」で、数学は「スタンダード」というレベル設定、学習量は部活、塾との併用のため「ライト」という軽めのものにしています。
中学受験コースのあの膨大なテキストと添削問題からすると、「ライト」ということもあるのですが、このZ会の中高一貫コースの分量の少なさに最初は拍子抜けでした・・・。1か月に2回の添削問題なのですが、1回の添削問題は1科目30分程度でできます。つまり3教科でも、1月に3時間あればできるという計算になります。

にもかかわらず、最近、添削問題が提出できていない郁です。内容を見る限り、難しすぎるということはないと思うのですが・・・

そして先日のお電話となりました。Z会を始めて5年目、初めての電話でした。
こんなサービスがあったことにびっくりです。逆に考えると、こんなサービスがあるということは、それだけ添削問題の提出をしていない人がいるっていうことなのかもしれません。

学校や塾の宿題やテストとは違い、通信教育の添削問題の提出は自分との闘いです。一応提出目標日はありますが、その日に提出できなくても何も起こりません。自分で目標を守って出そう・・・という意思がないと、ずるずると先延ばしにしてしまします。まさに、郁の現状です。

・・・

添削問題提出サポートの女性は、最後に「添削問題の有効期限は1年ですから、夏休み中とかにまとめてやるということもできますから、また送ってくださいね。」と明るく(?)仰って電話を切られました。
しかし、もう中学生。この言葉は、親にではなく郁本人に行ってほしいと思った母でした。

昨日、ついに6月号の添削問題も到着。さて、そろそろ母の出番でしょうか・・・






 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2013/06/04 】 中学1年生 | TB(-) | CM(2)
No title
郁ちゃんは中学受験時代からずっとZ会やってるんですね!
すごく参考になりますe-454

うちは小学校時代、公文や進研ゼミさえやったこともなく、
のほほんと過ごして来たから、今になって大慌てですよv-356

Z会の高校受験コースを始めてみることにしたけど、
娘にこなせるかなぁ~って感じです(^^;)
【 2013/06/04 】 編集
Re: マミマミ さま
コメントありがとうございます。

いえいえ、「ずっとZ会やってる」というと、Z会からお叱りを受けそうな状況で・・・。
「ずっとZ会に所属している」というのが正確な表現です(^_^;)

小学生コースは毎月テキスト(演習問題付)と添削問題が届く形式だったのですが、
中学生コースは、年度初めにテキストと演習問題集は届くので、添削問題だけが、
が毎月届いています。高校受験コースも同じですか?
問題数は決して多くはありませんが、テキストと演習問題集をうまく使うことができると
効果的に学習が進められる・・・はずです。

我が家も、まだまだ模索中ですが、今後少し母が梃入れしようと思っています。
また、情報交換していけるとうれしいです(*^_^*)。


【 2013/06/05 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する