スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪ またまた、ヴィヴァルディ ♪

昨日、弦楽部では楽譜が配られた。クリスマスコンサートに向けての新しい曲だ。

ヴィヴァルディ;
ヴァイオリン協奏曲第4番 ヘ短調、RV.297「冬」(L'Inverno)第2楽章 Largo

またまた、ヴィヴァルディ。この楽章は、NHKの「みんなのうた」で「白い道」として放送されたこともあり、ヴィヴァルディの「冬」と言えば、この旋律を思い出す母である。郁もなんとなく「歌」で聴いたことがあったようだ。本来は、日本の歌詞とは違い、暖炉で休息している平和な時間を表現している。この時、外は大雨なのである。「冬」と言えば「雪」を思うのだが、そこは、日本とイタリアの気候の違いなのだろうか・・・なんてことを考えた母であった。

さて、この曲は、ヴァイオリン協奏曲なので、勿論ヴァイオリンのソロパートがある。「海の嵐」の時には、ソロパートはsyくんが一人で弾いた(ソロなので当たり前のこと?)のだが、今回は複数でソロパートを弾くという。弦楽合奏に関してはど素人の母にはよくわからないのだが・・・。「カノン&ジーク」のテストで合格した人が、ソロパートを弾くということで、郁も練習を始めたらしい。

今回の曲は、「海の嵐」と違って、メジャーな曲だ。もちろん、イ・ムジチ合奏団の演奏曲目にも含まれている。
さて、郁たち弦楽部はどんな「冬」を演奏してくれるのか、クリスマスコンサートが楽しみである。

スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。