中間考査1日目の感想・・・

初めての中間考査、1日目が終了しました。
郁の感想の第一声は、「考査期間はチャイムをプログラムする先生が大変なんだって~」

   
・・・はあ~???  あ、あの試験の出来は・・・?

-------------------

普段、郁の学校は授業開始、終了等のチャイムが鳴ります。

考査期間中は、試験の開始と終了に合わせてチャイムが鳴るようになっています。
考査期間中は、休憩時間(テスト回収、確認の時間も含む)が長くなり、各試験開始時間の5分前に予鈴が鳴るので、チャイムのプログラム設定が通常とは変更されています。さらに、基本的には試験時間は50分間ですが、理科は第一分野と第二分野、社会科は地理と歴史という2つの分野で一つの科目とされるので、各分野の試験時間は30分(50点満点)。つまり、その日の試験科目に合わせて、チャイムの設定変更が必要ということになります。しかも、学年が違えば試験科目も違うので・・・学年により、チャイムの時間が変えてあるのだそうです。

高校は中学校より1日早く中間考査が始まったので、中学校が通常授業の時に、すでに高校校舎のチャイムは、ずれて鳴っていたそうです。中学校校舎でも、中間考査初日、郁たち1年生の階と、上級生の階ではチャイムの鳴る時間が違っていたらしい・・・。
試験の開始時間、終了時間を各クラス平等にするためには、チャイムで合図するのが一番ですが、ここまで細かく設定するのは手間がかかりますね。間違えたら大変と、担当の先生は何度も確認されているのだそうです。
先生、お疲れ様です 

-------------------

試験の出来は、わかりません。
「英語」は、“ruler”の綴りを間違えたらしい・・・。本人は、99点だといっているのですが、まあ、当てにせずに結果を待つことにしようと思っています。
「理科第2分野」は、残念ながら母の予想問題は出なかったらしい・・・。花式図が出たようです。
「歴史」は、唯一問題用紙を持ち帰っていました。30分でこれを全部解くの? というほどの問題数のように見えましたが、授業を受けている郁たちにとってはそれほどではなかったようです。「授業に即して説明せよ」という設問がいくつかあり、やはり、授業中しっかり聴き、ノートをきちんととることが大切だと実感しました。


試験は、あと2日あります。



 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ