今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

光学顕微鏡;「上下左右逆」の落とし穴

「光学顕微鏡は上下左右逆が逆に見える」というのは、中学校1年生なら常識ですね。
しかし、この「上下左右が逆」というのが、郁にとっては、実は落とし穴でした。

先日、「理科第2分野」の中間考査対策をしていた郁。一通り試験範囲の内容を確認したうえで、問題集をやっていました。よくある顕微鏡の視野の隅に見えている観察対象を視野の真ん中にするには、プレパラートをどちらに動かせばいいか・・・という問題は、難なくクリアー。それを見ながら、なんとなく、パターンとして解答の仕方を覚えているように感じた母です。「ことば」として、「上下左右逆」は覚えているけれど、本当に理解している???

そこで、ちょっとパターンの違う問題にチャレンジしてもらいました。
その問題は、「成」の文字を光学顕微鏡で見るとどう見えるかを選択肢から選ぶというもの(開成中学入試の過去問)。
・・・郁は迷った末に、トレーシングペーパーに写して(裏返しにして)、上下逆にしたものを選びました。母の予想通り、「上下左右逆」を「ことば」としては覚えているだけで、それが具体的にどういうことを示しているのかを理解できていませんでした。

「上下左右逆」をp、q、b、dを使って、簡単に説明すると、「p」を上下逆にすると「b」、「b」を左右逆にすると「d」となります。つまり、「p」を光学顕微鏡で見ると、「d」に見えるのです。つまり、180°回転した像となるのであって、裏返しにはならないのです。このことを、一度きちんと理解できれば、あとは間違うことはありません。

わかっているつもりで、実はわかっていないこと・・・、これって、実は結構あるのかもしれません。特に「理科」では、要注意だなあと実感した母です。

母が出題者なら、「上下左右逆」を穴埋め問題で書かせたりはしません。本当にその意味がわかっているのかを確かめるためには、具体的な現象で説明させる必要がありますから・・・。知識は応用してこそ意味があります。
今日は、「理科2」のテストです。母の予想問題は役立ったでしょうか・・・。ちょっと楽しみかも



 読んでいただいてありがとうございました 




にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2013/05/24 】 中学1年生 | TB(-) | CM(2)
No title
郁ちゃんは、昨日で中間テスト終了されたのでしょうか?
うちの娘は月末が中間テストなので、まだまだヒーヒー言っています(^m^*)

郁の母さんの記事を読んで、思わず娘に『上下左右逆』を確認してしまいました。
テストに出たら・・・・・郁の母さんのおかげで正解できるかもe-343です(*^^*)
【 2013/05/25 】 編集
Re: マミマミ さま
コメントありがとうございます。

中間テストは昨日が初日で、あと2日あります。
初日に理科(第2分野)の試験はあったのですが、残念ながら『上下左右逆』の問題はなかったようです。まあ、あんな勘違いをしているのは、うちの郁ぐらいなのかもしれません(^_^;)
ひよこちゃんはいかがでしたか。
初日の試験を終えて、やはり「中間」「期末」は、授業が基本だなあと実感しています。

ひよこちゃんも、初めての定期テストですね。
これまでの学習の成果がきちんと出せるといいですね。応援しています(*^。^*)

【 2013/05/25 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する